合格体験記 | 東進ハイスクール 新宿エルタワー校 大学受験の予備校・塾|東京都

2022年 新宿エルタワー校 合格体験記

東京大学
文科一類
文科一類

岩見隼翔 くん

(武蔵高等学校)

2022年 現役合格
文科一類
東進を選んだ理由は、適切な先行学習ができるからです。高校一年生の秋ごろに東大合格を志し始めましたが、元々勉強そのものはそれほど好きではなく、どのように進めればいいかわからなかった僕に、東進は適切な学習方針を提供してくださいました。 東進に入学した時から共通テストを念頭に置いた基礎学力の形成を講座受講を通じて始め、東進模試の成績を基準に校舎長の方と学習方針を修正しつつ自分のペースでそれを進めた結果、高校二年の終わりごろには第一志望校合格に必要な学力を身に着けることができました。このため、高校三年生の間は一定の成績を維持しつつ安心して東進で勉強を進め、受験当日も合格への自信とともにそれほど緊張することなく実力を発揮することができました。東進での適切な先行学習が第一志望校合格の前提になったことを確信しています。 他に印象的だったのは、高校一年の長期休みの間に校舎に通いつめ、受講を好きなだけ進めるのが楽しかったということです。自分はやればできるという自信も生まれました。講座を受講していても、講師の方々のお話が面白かったので楽しく受講を進めることができました。 第一志望校合格を果たしたことで、やっと自分の人生が本格的に始まることを実感し、安堵と期待を抱いています。僕が特に素晴らしいと感じた東進の側面は、適切な先行学習を進めることができるというところです。自分の気が済むまで勉強し、早いうちから合格を確実なものにすることができました。一日の目標受講コマ数を定めることで、毎日緊張感を持って受講を進めることができるのでお勧めです。

東京大学
文科一類

杉本英輝 くん

(早稲田高等学校)

2022年 現役合格
文科一類
私は将来法律関係の仕事に携わりたいと思い、高校生の頃に東京大学文科一類を目指すようになりました。塾選びの際は先取り学習ができることや、どこからでも講座の受講が可能である点に惹かれ東進への入塾を決意しました。東進では勝利の方程式にのっとり六月末までにすべての講座受講を終了し、夏休みには本格的に過去問演習に取り組むことができました。学習が滞ってしまっていた時には担任助手の方が丁寧にアドバイスをくれたり、学習の軌道修正を図ってくれたことなどは大変思い出深いですし、東進だからこそ可能なことなのだと思いました。東大に合格した今は喜びの気持ちでいっぱいであるとともに、合格できたのは東進のおかげだと感謝しております。早め早めの学習を積み重ねていったことが合格へのカギだったと思います。後輩の皆さんもできるだけ早く学習をスタートさせましょう。高校一二年の頃に英数国を固めることはもちろんのこと、社会などのサブ教科にも出来るだけ早く手を出すことで余裕をもって入試を迎えられると思います。自分の場合、数学や国語の点数が安定しにくかったため、得点の安定する副教科にも真面目に取り組んでいたことで入試本番は救われました。東進には過去問演習講座がありますが、自分の答案を客観的に採点してもらうことのできる貴重な機会なので活用することをお勧めします。東進模試では日ごろの成果を発揮することができるうえ、丁寧な解説が受けられるのでぜひ受験するべきでしょう。東大に合格することができた私は、次のステップとして司法試験の合格を目指しております。将来的には弁護士として得意な語学を活かしながら日本と海外に関する法的案件を取り扱えるようになることが私の夢です。

東京工業大学
情報理工学院
情報理工学院

森田尚吾 くん

(広尾学園高等学校)

2022年 現役合格
情報理工学院
この度、私は東京工業大学の情報理工学院に合格することが出来ました。高校2年生の終わり頃までは早稲田の基幹理工学部が第一志望だったのですが、東進模試で東工大の判定がより良かったため急遽志望校を変更しました。これによって共通テストが必要になり、学校で国語、社会の選択授業をとるタイミングを逃してしまうことになったのは少し後悔しています。私が受験に成功した理由は主に二つのことがあると思います。  一つ目は自分の得意科目を作ることです。私の場合、得意でかつ好きだった科目は化学です。模試でも比較的高い順位を維持していましたし、この科目だけは誰にも負けないという自信がありました。初めは電気陰性度とか気体の法則とか電離平衡とかよくわからない単語が多く嫌いでしたが、学校で有機化学の分野を習ってからIUPAC命名法に出会い、自分で構造を考えて、その名前を決定し、ネットでそれが本当に合っているのかを調べる事にハマってしまい、高校2年生の冬あたりには化学が好きになっていました。その頃から常に「化学の新研究」を持ち歩いて暇な時はそのコラムを読むなどしていました。一つの科目を極めることで自分に自信がつき、他の科目を勉強する上でモチベーションを保ちやすくなりました。  二つ目は共に勉強する仲間を作り、勉強環境を整えることです。私は新しく知ったことを共有し、お互いに理解を深める友達を持つことができました。これによって自分もさらに勉強していこうと思うようになりました。また、私は高校3年生になって基本的に学校がある日は放課後に友達と話した後、ほぼ毎日東進に通って勉強をしていました。日曜日は受験が近くなるとともに朝から通い、なぜか途中で帰るのは自分に負けた気がするので、いつも最後まで残っていました。私が東進に入塾したのは、あまりにも英語が嫌いだったので、何度も視聴できる東進の映像授業で試してみることと、自分の速度でどんどん先に進んでいけるシステムで数学を受講していく目的からでした。そして私は、通期・通年講座の英語、数学、理科は東工大対策講座を含めて高校3年生の春、遅くとも夏までには受講を終わらせていました。一番の難所はやはり夏休みで、東工大の過去問を7年分、早稲田を3年分、共通テストを10年分、東工大数学をもう一周するので精一杯でした。秋からは単元ジャンル別演習と東工大の過去問を同時進行で行い、冬からは共通テスト対策で社会と国語の勉強を集中的に行いました。併願校の対策は共通テスト前に一年分を行い、共通テスト後に基本的には赤本を一周して、集中が切れたら気晴らしに学校に行って友達と話したり遊んだりしていました。  最後に受験勉強をしているときは「もしかしたらどこにも受からずに浪人するのかもしれないな」と思うことがあるかもしれませんが、自分が自信を持てる科目を見つけ、切磋琢磨できる友達を作って一緒に勉強を楽しむことが一番だと思います。悔いのない受験を!!

東京工業大学
環境・社会理工学院
環境・社会理工学院

滝口明駿 くん

(攻玉社高等学校)

2022年 現役合格
環境・社会理工学院
僕は高校二年生の冬に入学しました。東進ハイスクールに入学しようと思ったきっかけは自分の決めた時間で授業が受けられることと自分のペースで授業を進められるということです。僕はサッカー部に所属していて週5日練習していて夏休みなどの長期間の休みの時にはほぼ毎日練習していました。春期講習のような季節講習と練習時間がかぶってしまい練習に参加できず困っていましたが、東進ハイスクールに入ってからは自分で授業を受ける時間を決めれるので練習時間とかぶることなく勉強と部活の両立が出来ました。受験勉強を振り返ってみると成績は急に上がりました。8月に第一志望の過去問を10年間分解き、その時に化学はノートを作って一年分解くごとに見返していたら化学の偏差値が1カ月で30上がったことや共通テストの英語の点数が最後の2ヶ月で急に伸びました。部活の後、休日は1日中、閉館の時間まで毎日東進で勉強してこの結果を出すことが出来ました。最後に皆さんに伝えたいことは、自分で決めた目標は絶対に守ろうということです。合格したいならとにかくたくさん勉強しましょう。特に毎日登校が一番大切だと思います。東進に来て机に向かえば絶対に勉強する気になれます。(実際僕は家では様々な誘惑に負けそうになり、なかなか集中力が上がらずに勉強が捗らないこともありましたが、東進では勉強以外やれることがないので勉強が出来ました。) 勉強すれば結果は自ずとついてきます。最後まで諦めず勉強しましょう。

東京工業大学
環境・社会理工学院
環境・社会理工学院

谷垣真生 くん

(青稜高等学校)

2022年 現役合格
環境・社会理工学院
この一年間の受験勉強において、自分自身が他の受験者に比べ何か特別なことをしていた気はしません。ただ、私が勉強する上で意識していた、当たり前なようで皆意外と蔑ろにしてしまうことが二つあります。1つは、計画を立てる事です。東進では毎回のチームミーティングで、週の計画を立てるようになっていますが、それを適当にこなしている人も多いかと思います。チームミーティングで配られた紙をどうこなすかは個人に任せますが、どんな方法であれいつまでに何をして、どういった進め方で勉強を進めていくのかというのをしっかりと決めて、第三者と一緒に検討することは必ずやってほしいと思います。長い受験期間の中で今自分が何をしているのかを把握することは、自分を見失わずに今の状況を整理するために非常に重要になってきます。2つ目は、なぜその勉強をするのか、もしくはしているのかを自分の中でしっかり落とし込んでから取り組むという事です。受験に失敗した人によくある事で、とりあえず持っている参考書を何周もした、提案された講座をとにかくこなした、といったそれをする意義を考えずに突っ走ってしまう人がいます。高1、2の早い段階で勉強を開始していた人は最初のうちはそれでも構わないかもしれませんが、ただでさえ時間の無い現役生は、それをすることで自分が何を得られるか、自分に本当に足りないものは何なのかを常に考えて効率よい勉強をしてほしいと思います。上の2つの事に共通することは、自己分析を怠らないという事です。まず何よりも先に己を知ること、これが私が志望校に合格した一番の理由だと思います。

校舎情報

新宿エルタワー校

新宿エルタワー校
地図
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー5F ( 地図 )

電話番号0120-104-121
(または03-6279-0282)