ブログ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 

2019年 10月 13日 10月13日 開館時間のお知らせ

おはようございます。

本日(10月13日)は、通常通り10時に開館します!

ただ、電車が止まっていたり、被害が大きい地域もあると思います。

安全第一で、無理な行動はしないようにしましょう!

 

 

↓お申込み、お問い合わせはこちらから↓

2019年 10月 11日 ※お知らせ※ 10/12(土)は校舎は休館します!

新宿エルタワー校に通うみなさまにお知らせいたします。

 

明日、10/12(土)は台風19号の影響のため、校舎は一日休館となります。

自宅学習をお願いします。自宅受講申請や高速基礎マスターの申請は本日中にお願いいたします。

 

10/13(日)の開館については、HP上でお知らせいたしますので、そちらをご確認ください。

 

 

↓お申込み、お問い合わせはこちらから↓

その他お問い合わせはこちらから

お電話(0120-104-121)

メール(shinjuku-ltower@toshin.com)

東進ハイスクール各種公式アカウントはこちら!
東進ハイスクール公式Facebook
東進ハイスクール公式Twitter
東進ハイスクール公式Youtube

 

2019年 10月 11日 時間を有効に(阿嶋)

こんにちは!
お久しぶりです、担任助手4年の阿嶋です。
週末の台風に負けないくらい、
校舎では全国統一高校生テストに向けて熱くなっています!

突然ですが、センター試験本番まであと何日か知っていますか?
なんと今日で98日なのです!
全国統一高校生テストまでは…あと16日です!


このように目標まであとどれくらい勉強できる時間があるかを把握しておくことはとても重要です。

高校1年生の現役合格者と不合格者の1日あたりの勉強時間の差は26分
高校2年生の現役合格者と不合格者の1日あたりの勉強時間の差は35分

ほんとに僅かの差になりますね。

限られた時間を有効に使っていくことが合格へ繋がっていきます!

また、今回の模試は自分の立ち位置が明確になります!
高校1、2年生のみなさんはセンター試験同日体験受験まで
約3ヶ月となりました。
センター試験本番の1年前の得点は合否に大きくかかわってきます。
例えば、英国社500満点中425点以上であると74.8%の人が早慶上に現役合格しているというデータがあります!

同日まで残り3ヶ月どのように勉強していけばよいのか、ヒントを得るためにも、今回の全国統一高校生テストで全力を発揮できるようにしましよう!

 

↓お申込み、お問い合わせはこちらから↓

その他お問い合わせはこちらから

お電話(0120-104-121)

メール(shinjuku-ltower@toshin.com)

東進ハイスクール各種公式アカウントはこちら!
東進ハイスクール公式Facebook
東進ハイスクール公式Twitter
東進ハイスクール公式Youtube

 

2019年 10月 10日 教育講演会のお知らせ

こんにちは、東進ハイスクール新宿エルタワー校です!

本日は10月19日に行われる

「父母のための難関大合格講座 教育講演会」

についてお知らせいたします。

大学受験を取り巻く環境や受験勉強に取り組むお子様との接し方を共に感が得理解を深めることを目的として、ご父母の皆様を対象に定期的に開催しているイベントとなっております。

新宿エルタワー校では英語の今井宏先生に講演会を開催していただきます。

定員制、要予約となっておりますのでお早めにお申込ください!

 

概要

日時:10月19日(土) 15時~17時

会場:ナガセ西新宿ビル(新宿エルタワーの隣)

対象:高2生以下のご父母(中学生のご父母も歓迎)

*高3生のご父母の皆様も参加することは可能ですが、内容は共通テスト世代の方向けとなっております。

*生徒の皆様の参加はご遠慮いただいております。

 

お申込はこちらから可能です!

 

2019年 10月 9日 数学で意識してほしいこと(吉瀬)

こんにちは、担任助手3年の吉瀬です。
僕からは数学の対策について書きたいと思います!

他の科目と同様に基礎を大切に勉強してもらいたいと思うのですが、数学に関しては闇雲に演習を積みまくったり公式を覚えたりしていてもなかなか点数に結びつかないと思います。

なぜなら教科書や問題集の問題を解くのと模試を解くのでは色々な意味で違いがあるからです。そのため、どれだけ本番を意識して演習ができるかで伸びが変わってくると思います。

もう少し具体的に意識してほしいと思う点を2つあげます。
1つ目は時間です。
センター形式の問題では4つの大問を60分で解かなければなりません。これは慣れないうちは相当大変です。普段からだらだらと考えてしまう人は本番になって急に焦って解くため、計算ミスやマークミスをしてしまったり解法が思い浮かばなくなってしまったりしてしまいます。過去問を解くときは時間を意識しているかもしれませんが、それ以外でも日々の演習で一問あたりにかける時間を決めて取り組むようにしてみましょう。

2つ目は解答の導出過程についてです。
普段はノートや紙に途中式を書いている人が多いと思います。しかし、本番の試験では紙は与えられないので問題の余白で計算することになります。(二次試験では紙がもらえることもあります。)そうなると計算を省略したり、小さな文字で式を変形したり筆算をしたりすることになりますよね。これも普段から意識していないとミスのもとになります。文字を小さく書く練習をしろと言いたいわけではないのですが、限られたスペースで自分の考えを整理する練習は必要だと思います。そうしないと見直しをすることもできなくなってしまうからです。いつも途中式を何段も何段も書いてしまう人は気を付けてみてください!

数学は1Aと2Bまでしか出題されないため、受験生でなくても試験範囲の勉強はある程度終わっている人が多いのではないでしょうか。「習っていないからできなかった」という範囲も少ないはずです。1点でも多く取れるように、細部にこだわって最後まで頑張ってください!

↓お申込み、お問い合わせはこちらから↓

その他お問い合わせはこちらから

お電話(0120-104-121)

メール(shinjuku-ltower@toshin.com)

東進ハイスクール各種公式アカウントはこちら!
東進ハイスクール公式Facebook
東進ハイスクール公式Twitter
東進ハイスクール公式Youtube