ブログ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 

2019年 2月 13日 ここまでやってきたこと。(佐々木)

こんにちは、早稲田大学国際教養学部の佐々木剛平です。

ついに大学入試も佳境に入りましたね。

今日は慶應義塾大学の経済学部の試験や、現在、僕が通っている早稲田大学国際教養学部の入試がありました。

ここからが文字通り、正念場です。受験生はここで本当に「合格するための行動」をとり続けられるか否か、が最後の結果を左右します。

どういうことかと言えば、現在、ふとした瞬間に手を抜いてしまっていたり、気を抜いてしまったり、友達と話すことに夢中になってしまったりしていませんか?

何のために受験をしていますか?何のために大学に行くことを望んでいますか?

そこに対するアプローチをこの時期だからといってやめないでください。

 

僕らスタッフは本気で受験生を応援しています。しかし、その応援はみなさんの試験の結果の1点を左右するものにはなり得ません。なぜなら、最後に試験を解いて点を取るのは皆さん自身であるからです。

だからこそ、自立・自律してください。最後に勝つための行動を選択し続けてください。

 

大学入試は自分の力で合否を決定づけることができるテストです。

勝つために周到な準備が出来ていれば、合格することは十分に可能です。

だからこそ、最後まで自分の可能性を信じて、弛まぬ努力を試験終了の瞬間まで辞めないでください。

 

月並みのことを言っているようにしか見えないかもしれませんが、

当たり前のことを当たり前に出来る人が強い人です。

弱さと向き合い、克服するには一つ一つの物事を丁寧にこなすほかないのです。

 

最後に、、、

みなさんの成功を期待してますよ!だから、最後まで向き合い続けて下さい!

ここまでやってきたことは全て入試の当日で合格という結果を勝ち取るために行ってきたことです。

そんな自分の過去を称えることができるような未来を創りましょう!

 

 

明日のブログは清藤担任助手です!お楽しみに!

 

2019年 2月 12日 出願には後悔(木原)

こんにちは、木原です。
昨日の澤田担任助手に続いて1・2年生向けに書きます。
今日は自分自身の出願の甘さについて書きたいと思います。大学受験をなめていたということです(笑)
↑頑張れ受験生!!!!!
 
2月の半ばは私立大学の入学試験の真っ最中です。なんと明日2月13日は私が通っている大学の試験日です。なつかしい。
 
2年前の1月、第一志望校は国立大学で併願の私立をどうしようかと考えていた。一般的に国公立志望者は私立志望者より併願校の数は少なく、そんなに多くは受けないと担任の方に言われ出願に迷っていた。
入試のレベルは毎年上がる。定員の絞り込みや受験者全体のレベルも上がり、ひと昔前の大学レベルとは違うと言われている時代で何を信じていいか分からないという状況。
センターの結果、過去の模試の結果からすると早慶は確実とは言えない状況だった。明青立法中レベルの大学は大丈夫だろうという感じ。
 
当時の自分は第一志望の国立しか目が行ってなく絶対そこに進学するつもりでいた。今思えば、成績的に国立は厳しく私立大学に進むのが濃厚だったのだが。
なので本当は私立の併願をしっかり考えなきゃいけなかった。
 
当時の私はなぜか分からないが早稲田は余裕だろうという考えだった。行くなら自分のやりたい分野の経済系の学部だ!と思い、早稲田の政治経済と商を出願した。政治経済学部は早稲田の看板でとても難しい。商学部は数学がものすごく難しい(私は数学が得意なので私立も社会ではなく数学受験でした)ので厳しい。明青立法中からは家から一番近い立教大学に出願。
 
試験当日もそれなりの出来具合で受かるんじゃないかと思った。
 
しかし結果は、立教しか受からなかった。受験は本当に厳しい。私立大学なんかものすごい人数が受験して1点で何百位と順位が変わる。
「これは100%受かった!余裕だ!」という状況じゃないと受からないということを思い知った。
 
今思えばなんでこんな無謀な出願をしたのだろう。早稲田は早稲田でも入りやすい学部はあったし、もっと受験校増やせば可能性はあった。
たしかに当時は国立に行く!という気持ちは強く、受かるための最大の努力はしてきた。実力的には厳しかったが、頑張って勉強してきたことには自信があったため大丈夫だろうと思っていた。
 
大学受験をなめていた。
 
今の高校1・2年生の皆さんは、本当に大学受験は厳しいと思って勉強してください。
中学受験や高校受験とはわけが違います。
私のような楽観的なタイプの人も一定数いると思いますが、実力を過信しても全く意味がないので自分を厳しく見てください。
 
このブログが何かの参考になれば幸いです。
 
明日のブログ担当は佐々木担任助手です!
 

2019年 2月 11日 私が受験勉強がやる気になった理由(澤田)

こんにちは。日本女子大学2年の澤田です。

 

今回は高校1・2年生の人向けにブログを書きたいと思います。

このブログを読んでくださっている人の中にも、受験勉強はしなきゃいけないけどなかなかエンジンが入らない人も多いのではないかと思います。もうすでにエンジンかかっているという人は、自分がどんな時にやる気になったのかを思いだながらこのブログを読んでほしいです。

前置きが長くなってしまいましたが、今回のブログのテーマは「受験勉強のやる気スイッチが入った瞬間」です。

 

2015年8月

学校からmarch以上のオープンキャンパスに行くように宿題が出されました。

そこで、明治は難しそう、青学は駅伝で人気そう、中央大は遠いから嫌、法政はいとこが進学したから嫌という理由でやむなく立教大学のオープンキャンパスに行くことにしました。

OCに参加した結果、立教大は雰囲気・学部・やりたい事ができるということもあってとっても魅力的な大学であることが分かりました。

しかし、立教大学の受験をするには一般受験しか私には選択肢がありませんでした。私はもともと大学は推薦で行きたいと考えていて、テスト勉強も毎回良い成績が取れるように、何時間も勉強していました。学校の推薦は頑張っても成蹊大学くらいで立教大学の指定校推薦は1枠もありませんでした。

私は「立教行きたいけど、、、でも、推薦で入りたいし、今までのテストの努力捨てたくないな。」と一般受験か推薦かでずっと迷っていました。

 

同年12月

友達に誘われて東進のセンター試験同日体験受験を受けることになりました。

私の中で東進は「頭がいい東大志望の人が行くところ」というイメージだったのですが、レベル別の授業で分かりやすく、面白かったので、ここなら受験勉強できるかもしれないと思って入学しました。

(ここまで読んでる人の中にはもうやる気スイッチ入ったじゃんと思うかもしれませんが、受験勉強が右も左も分からない私にとって東進入学はただ、受験をする上で、装備がそなわっただけでした)

 

2016年4月

学校の友達(クラスの女子の3分の2)は推薦やAOで大学や専門学校に行くことが判明。

正直ショックでした。私は一般受験で頑張ろうと決めたのに、みんな楽に行こうとするのかと…

友達はほとんど推薦なので、1人で勉強せざる負えなくない、友達が一人また一人といなくなっていく感じがしました。

さらに「なんで澤田は勉強なんかしてるの」と言われたこともあります。私は受験生で勉強するのが当たり前で、この人は本当になんなんだと思いました(笑) が仕方がないので、泣きながら勉強していたのを覚えています。

私は心の中で、私を見下してきた人たちにぎゃふんと言わせたいと思いました。

この時です。私のなかで受験勉強のやる気スイッチが入ったと感じています。

だから、成績がどんなに伸びなくても、「彼ら・彼女らを見返したい!」という想いが私にモチベーションを保ってくれました

 

それは東進でも当てはまります。東進には高校1年生のときから受験勉強やっている人もたくさんいます。その人達と同じような志望校を合格するためには、人一倍努力=勉強しなければいけないと感じていました。

なのでどんな時でも朝登校・閉館まで勉強し、「時間」という点をこだわっていました。

 

最初は怒りから受験勉強のやる気を得ましたが、最終的には受験に不向きな高校(環境)であったからこそ、モチベーションを保つことが出来たのだと思います。

 

高校1・2年生の人はここからが勝負です。まだ「受験勉強」が出来ていない人は、何か日常生活で感じる疑問や怒りをもう一度考え直してみると良いと思います。

 

そして、最後に、明日も受験がある高校3年生の皆さん、自分を信じて走り切ってください!!迷った時は受験をすること決めた日を思い出しましょう!!

 

明日のブログは木原担任助手です。お楽しみに!

2019年 2月 9日 私の大学生活(原田)

こんにちは。

学習院大学文学部ドイツ語圏文化学科に通っている原田奈穂子です(^^)/

今日は珍しく東京で雪が降っていましたね!寒い中、受験生の皆さんはお疲れ様です。あと1・2か月、気を引き締めて頑張りましょう!

今週のテーマは「最近大学であった楽しかったこと」なので少し前にはなりますが12月24日のことを書きます。


 

私の学科の人数は約60人しかいません。(普通だと1000人くらいいたりします!)また、1クラス30人程度なので毎回教授の方々と授業終わりにコミュニケーションを取ったりと手厚く指導をして下さります。学科の名前の通り、私はドイツ語圏(ドイツ、スイス、オーストリアなど)の国々の文化や文学、語学を学んでおり、語学に関してはドイツ人の先生が少人数制で見てくれるといったとても厳しく、楽しい授業です。

先日(2018年12月24日)に最後の授業があっったのですが、日も日ということで『クリスマスパーティー』を行いました!!

ドイツ人はとてもクリスマスを大切にする人々なので通常であれば故郷(ドイツ)に帰っているはずなのですが・・・。この日だけは大学の決まりで必ず授業を行わなくてはならないと言われたそうで、とても怒っていました!(笑)

何をしたかというと毎年恒例のドイツクッキーをまずは配って下さり、ドイツ語単語を使ったゲームをし、ドイツのクリスマスを知るための映画を見るといった内容です。

毎年配ってくれるクッキーなのですが、私の味覚には合わず・・。友達にいつもおすそ分けしております。

はじめは全く知らなかったドイツという国。大学に入って語学だけでなく、文化だったり国の遺産だったりいろいろなことを知ることでこの国が大好きになりました。

(2018年は夏も冬もドイツに留学、遊びに行ったのですよ!(^o^))

↑これは冬に行ったドイツのクリスマスマーケットです。

大学に入ってやりたいことが明確な人。そのまま、その夢に向かって一生懸命走り続けて下さい!

今ぼんやりしている人、安心して下さい!大学に入ってもやりたいことはたくさん見つかります。

大学受験がゴールではありません。でも、まずはスタートするためにも今を全力で生きていきましょう。

 

明日のブログは立教大学の木原担任助手です!お楽しみに。

 

 

 

2019年 2月 9日 🌸2月8,9日合格速報🌸 早稲田大学センター利用入試!合格者激増中! 驚異の合格実績を誇る新宿エルタワー校で受験生活を送ろう!