ブログ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 

2020年 5月 21日 5/20のランキング発表!

こんにちは!担任助手1年の棚澤です。

昨日のランキングを発表します!!

皆さん、継続的に勉強できてますか?

家に居る時間が長くどうしてもだれてきてしまいがちですが、ランキングにのれるように頑張りましょう!!

 

2020年 5月 21日 志作文(瓜守)

皆さん、こんにちは!担任助手の瓜守です!

さて、ついに志作文の季節がやってまいりました、拍手!!!!!!なんて言っても、拍手する気になんてなりませんよね(笑)コロナのせいで課題が山積みなんだよ!とか、そんな面倒くさいことしたくない!なんて思っている人もいるのではないでしょうか。他にも、志って言ってもそもそも将来のビジョンなんて全く決まってない!なんて言う人も多いと思います。ご多分に漏れず私もone of themでした(こういう些細な言い回しとかを気が向いたときに英語に翻訳してみるのもいい勉強法だと思っています。関係ないですが…)。

僕の場合は、現役時代には、将来の目標はおろか志望校すら決まっていませんでした。ただ、今は将来の目標がある程度定まってきました。とはいっても、それは大学が決まってからのことなのでつい最近のことですが(笑)

さて、前置きが長くなりましたが、今回は私なりに解釈した志作文を書く意義を軽く紹介した後に、志望校決定と将来の目標が決まったきっかけを紹介し、まだ志の決まらない皆さんの役に立つようなブログになればいいなと思います。

まずは、志作文を書く意義についてですが、私は“自分を振り返り、将来の目標を明確にすること”だと考えています。特に受験生や部活生の皆さんは、日ごろ忙しくて自分の目標を見失いがちだと思います。しかし、目標が分からず走り続け、行き着いた先が思い描いていた場所と異なってしまったら元も子もありません。その中で、志作文は、自分の目標を改めて明確にするいいチャンスだと思います。また、言葉に表すことでその目標への意識が強まりますし、それを勉強の合間等に繰り返し読むことで、目標達成への意欲も強まります。そのためにも、皆さん是非志作文を書きましょう。

次に、志望校決定のきっかけですが、これは大きく分けて2つあります。もともと、早慶志望という点は決まっていたのですが学部などは決まっていませんでしたが、まず部活(水球)を引退した時点で、大学でも続けたい!というきもちが強くありました。早慶を比較すると、慶應はプールが日吉に、早稲田は所沢にあることがわかり、通学距離の観点から慶應に絞りました。そして、学部については、推薦での受験を考えていたことが大きく影響しました。学校の指定校推薦には慶應の法学部と商学部があり、どちらかに絞ろうと考えました。さらに、AO入試について調べると慶應の法学部があり、それにチャレンジすることに決めました。その対策のために、法学部について詳しく調べていくと様々な魅力を感じ、ここに行きたいな、と思うようになり、受験に至りました。

皆さんもお分かりの通り、私が志望校を決めた理由はとっても些細なことです。形は違えど、まだ志望校が決まっていない皆さんも些細なことで大きく気持ちが動くこともあると思います。なので皆さんも些細な気持ちも素通りせず、しっかり自分の気持ちを振り返ってください。そのきっかけになるのが志作文だと思いますし、それによって皆さんの道も開けてくると思います。

そして、目標が明確になったきっかけについても、些細なことがきっかけだったと言えます。私は、指定校推薦で合格したのちの短期間で、約10回ほど飛行機に乗る機会がありました。もともと旅行が好きで空港に着いた時のわくわく感がたまらなく好きだったのですが、特にヨーロッパを周遊した際に、最初の目的地であるウィーンに行く時は、それまでにないほどの高揚感を感じました。そのような気持ちを立て続けに感じたからかはわかりませんが、私は“楽しみな旅行が出来るのは飛行機があるおかげだ。自分みたいに旅行を楽しみにしている人の思いを実現してあげられるパイロットってすごいな”と感じるようになりました。この憧れがきっかけで、私は今パイロットを目指しています。

このように、将来のビジョンが全く定まっていなくても、些細なきっかけで目標が決まることもあるのです。受験生の皆さんは、志望校は決めなくてはいけませんが将来の目標はまだ焦らなくて大丈夫です。きっと皆さんそれぞれにとって良いタイミングで、そのきっかけにめぐってくるものだと思います。なので、焦らずに目の前の目標に向かって努力しましょう。そんなこと言ったら何を書けばいいんだよ!と思ってしまいますよね(笑)そんな人は、今自分が興味を持っていることについて書いてください。私も、興味のある旅行かがきっかけとなりました。皆さんも興味のあることに意識をもって過ごせばきっとなにかヒントになるものが得られると思います。

最後に、志を持てるような言葉を二つ紹介したいと思います。

一つ目は“三兎を追って三兔を得る”です。これは、私が高校でよく言われていた言葉です。もちろんこの言葉は“二兎を追う者は一兎をも得ず”です。これは、欲張りすぎたら結局何も得られないという意味ですが、そうではなく、自分の目標を全て追い求め達成する、ことを目指してほしいと思います。もちろんそのためには並大抵の努力では足りませんが、一度きりの人生なのでやりたいことは何一つ諦めずに頑張ってほしいと思っています。

二つ目は“今日の僕を賞味出来る期限は今日、眠らせて腐らせるくらいならばと”という言葉です。ご存知の方もいると思いますが、これはRADWIMPSの「君と羊と青」という歌の歌詞の一部です。実は、この言葉は、昨日お風呂に入りながらこの曲を聴いていた時に不意に気になった言葉なのですが、とてもいい言葉だなと感じました。私はこの言葉から、自分なりにやり切った毎日を送ろう、という気持ちになりました。コロナ期で、日々をダラダラと過ごしている人も多いと思います。そんな人は、この言葉を頭の片隅に置いて毎日を頑張って頂ければ嬉しいです。

長くなりましたが、目標に向かって、好きなことを、毎日精一杯頑張っていきましょう!

 

2020年 5月 20日 6月スタート生受付中!東進説明会を実施します!

 

緊急事態宣言の解除に向け、少しずつ世間が動き始めております。

一方で、大学入学共通テストまであと約250日と、大学入試は確実に一歩ずつ近づいております。

 

東進ハイスクール新宿エルタワー校では、緊急事態宣言明けの6月から受験に向けて本気で学習したいすべての高校生のため、入学説明会をオンライン(ZOOM)で実施いたします。

 

申込は以下のバナーをクリックし、学年・氏名・参加希望日時をご記入の上、メールをお送りください。

 

 

2020年 5月 20日 志作文(菅家)

こんにちは!みなさん

ブログを読んでくださってありがとうございます(^^)

東進ハイスクール新宿エルタワー校担任助手1年の菅家(かんけ)です!

今日は志作文について書こうと思います!

みなさんは志作文はもう書きましたか??

「あー、あの長いやつね、、」「めんどい、、」「ぴえん」

みなさん!そんなこと言っちゃいけません!!

志は受験勉強の基本です!みなさん志を持ちましょう!

とはいってもなかなかこれといった志が見つからない人もいるでしょうから、今日はぼくの志を書こうと思います(^^)

 みなさんの一番大切なものはなんでしょうか? 友人?家族?(恋人なんてひともいるかも、、笑) 

菅家的には自分を理解してくれる人の存在が一番大切なものだと思います。でも一番大切なものはみんなちがっていいとおもいます。大切にしましょう。

 では、二番目に大切なものはなんでしょうか?

菅家は、お金だと思います。なんで?!と思う人もいるでしょう、でもこれだけは断言できます。菅家にとって二番目に大切なものはお金です。

よく考えてみましょう、友達と遊びに行くには何が必要でしょうか?家族とご飯を食べるには何は必要でしょうか?学校に行くには何が必要でしょうか?

お金です。私達の一番大切なものである友達や家族のためになにが必用でしょうか?

大切な人とデートに行くには何は必要でしょうか?おかねです。

生まれてきたからには私達は友達や家族と一緒に楽しく人生を謳歌することができるし、すべきだと思います。でも、なにをするにも必要なのはおかねです。

もっとよく考えてみましょう。私たちは将来、仕事に就くことでしょう、研究職につくかもしれないでしょう、でも、どちらにしろ対価としてもらうのは、おかねなのです。

わたしたちにとって、友達や家族と幸せに生きていくためには、おかねが必要不可欠であるし、わたしたちはおかねによって評価されるもの(言ってみれば商品)にしか過ぎないのです。

けれども、わたしたちはおかねに縛られた人生を歩むべきではありません、

私たちは自由に幸せに生きるべきです

では、どうしたら幸せで自由な人生を生きることができるのでしょうか?

学問です。学びましょう。自由になりましょう。

私たちが今学んでいる学問は、由来をたどれば中世西欧でLiberal Arts(自由八科)と呼ばれていたものです。

古代ギリシアでは、奴隷が自由になる(市民権を獲得する)には、このLiberal Artsを学び、ポリス(都市共同体)の課すテストに合格しなければいけなかったといいます。

このように歴史的観点から見れば、学問は自由を獲得するために発達してきたと言っても過言ではないでしょう。ニュートンから始まる古典力学は私たちを重力から自由にし、私たちは天体すら活動圏としました。ガリレオ・ラファエロに代表されるルネサンス諸学問は一神教的価値観から私たちを自由にし、多様な表現技法が花開きました。

話を現代に戻しましょう。私たちは本当に自由でしょうか?自由ではありません。おかねに縛られてしまっています。

どうすれば自由になれるでしょうか?歴史に学びましょう。

学問を身に着ければ多少は自由になれます。

経済学を学べばエコノミストという選択肢が出でくるし、法学を学べば法律家という選択肢も出てきます。自然科学を学べば研究職という選択肢も出できます。(もしかしたらノーベル賞も射程圏内かも、、笑)

弁護士やエコノミスト、研究者などになれば多少のおかねを得ることもできるでしょう。そうすれば、日々の生活資金に困ることなく、大切な人とデートできるし、家族との時間も確保できるでしょう。(菅家的には、おかねがあったら友達とおいしいもの食べたいです。)

生きていく上で一番大切なものは絶対に大切にするべきだし、そうしなければ生きる喜びは得られないと思います。そして自由に、幸せに、生きるべきだと思います。でも、そのためにおかねが必要であることは否定できません。

そこで菅家は考えたのです。自由に幸せに生きるという目標が抽象的でイマイチ実感が湧かないというときには、お金がほしい!という志を目標としてもいいんじゃないかと。

そういった意味でかんけは人生で二番目に大切なものはおかねであると言ったのです。

志は人それぞれ違っていてよいと思いますが、

自分の欲望に忠実な志も選択肢の一つにあってもいいと思うのです。

これを機に、今まで自分の志について考えが浮かばなかったきみが、自分に素直になって志について考え、学習のモチベーションが上がったのならばかんけはうれしいです。

がんばりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年 5月 19日 志作文 (高橋)

皆さんこんにちは!担任助手1年の高橋です。

最近多くの担任助手が志作文を書いていますよね。僕も他の担任助手の志作文を読んでみんなすごく立派だなと感心しています。(なんか上から目線ですみません)

なので志作文をぼくも書いていきたいと思います。皆さん将来やりたいことは決まっていますか?多分高校生のうちに決まっている人はあまりいないと思います。

実際僕も始めはそうでした。

考えてみると僕が高校生の時考えていたのはとりあえず一橋大学に通ってる兄に学歴で負けたくないから一橋大学に入って大企業に就職して金持ちになるみたいなバカな理想を思い描いていました。当然ながらそんな状態で勉強のモチベーションが保たれるはずがありませんでした。今考えると志望校をあまり行きたくないところに設定したところから間違っていたと思います。正直受験が終わって慶應の日吉キャンパスに行ってすごく魅力を感じ慶應を第一志望にするべきだったと気づきました。皆さんも志望校はよく大学について研究したり自分のやりたいことを考慮したりして決めましょうね(笑)

さて今日は僕の失敗談を語りたいわけではなく、僕がこれから何をしたいかを簡単に書いていきたいと思います。

僕は今早稲田大学人間科学部に通っています。第一志望校ではなかったけれども、僕はそこに進学できてよかったと思っています。なぜなら、今は人間科学に非常に興味を持っているからです。(正直本キャンに人間科学部があれば完璧だと思っています笑)

僕は高校生の頃勉強している時文字が頭に入ってこないことが多々ありました。そんななかメンタリストDaiGoの本や彼がお薦めしている本を読み進めていくうちに「・・・をすると集中力が2倍になる」など科学的な証拠にもとづいた人間の能力やパフォーマンス向上に役立つ情報にだんだん興味をもつようになってきました。(もっとも興味をすごく持ったのは受験直前でした)そして実際その情報に基づいて勉強してみると大変効果がありました。

このことをきっかけに人間の仕組みについて学んでみたいと受験が終わってから思うようになりました。

ですので大学では心理学など人間に関することを積極的にたくさん学んでいきたいです。

また、将来何の仕事につきたいか決まっておらず人間科学部ではさまざまなことを自由に学べるので、人工知能やプログラミングなどさまざまな分野を学ぶことに挑戦したいと思っています。

さらに、東進では皆さんへの指導を通して皆さんと共に人間的に成長して大学を卒業できたらなと考えてます!

以上が僕の志作文です。本当に抽象的ですみません。皆さんの参考になったら幸いです。

これからもよろしくおねがいします!