ブログ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 

2019年 1月 20日 笑顔で乗り越えろ!(樺)

 
こんにちは、樺です!
このブログは、センター試験を終えた受験生に
かつて、みんなと同じく受験生だった僕か
らのメッセージを届けます。
がんばれ!と言われ続けてきた受験生活。
正直そんなに言われても、不安の
念が大きいから、応援してくれる人を
場違いだなと感じたりするかもしれません。
だからと言って、勉強をやめたり、
どこかへ逃げたり、投げ出したり、
んなことはしませんよね?
なぜ、大学受験をしようと思ったのか。
とにかくその理由を考えながら、
きついと弱音を吐きながらでも、
もっともっと点数を取ろうと、
笑いながら頑張ろう!もし頑張ってたら
顔を見るだけで、すぐわかります。
でも、勉強していて波に
乗れない日もあるはずです。まずは日々を振
り返り、自ら波を創っていこう!
越えられない壁は絶対ありません。たと
え困難な道のりでも、僕らと一緒にがんば
ろう!
 
 
東進では解答速報を公開しています。
↓をクリックして確認して下さい。
※選択できない科目はまだ公開されていない科目です、公開までしばらくお待ちください。
≪1日目≫
【地理歴史】
【公民】
【国語】
【英語】
 
≪2日目≫
【理科①】
【数学①】
【数学②】
【理科②】
 
 
 
明日のブログも僕が書きますから読んでくださいね!!!
↓センター試験合否判定システムはこちら↓
 
 
 

2019年 1月 19日 今日はセンター試験!!解答速報更新中!(吉瀬)

こんにちは!
東進ハイスクール担任助手2年の吉瀬です。
 
今日はセンター試験1日目ですね。
受験生の皆さん、どうでしょうか?
2日目が残っている人もそうでない人もここで立ち止まらずに次に向かって歩みを進めて下さいね。
ここはゴールではありません、スタートです!!
 
東進では解答速報を公開しています。
↓をクリックして確認して下さい。
(明日が残っている受験生はまだ見ないでおいてね☆)
※選択できない科目はまだ公開されていない科目です、公開までしばらくお待ちください。
≪1日目≫
【地理歴史】
【公民】
【国語】
【英語】
≪2日目≫
【理科①】
【数学①】
【数学②】
【理科②】
 
 
 
↓センター試験合否判定システムはこちら↓
 
 
明日のブログは樺担任助手です。
 

2019年 1月 18日 想像を超える本番を!(佐々木)

こんにちは、早稲田大学1年の佐々木剛平です。

 

ついに明日はセンター試験です。

やってきましたね。皆さんが長いこと向き合ってきた学力POSのカウントダウンも1日を切って残り数時間になりました。

今まで長いこと準備してきた本番は目前。しかし、その本番も2日後の今頃には終了してしまいます。

 

さて、率直に今の心境はいかがですか?

ついに自らの足で進み、自らの手で大学入試という門を叩く時が来ました。

足がすくむような恐ろしさを感じますか?どことなく良くない予感が頭を駆け巡りますか?それとも、ついに本当の実力を試される機会を前にしてワクワクしていますか?

 

東進で皆さんが頑張ると決めた日から今日までいろいろなことがそれぞれあったはずです。

最初は校舎に来ること、勉強することが少し億劫だったこと、それでも校舎に行けば色んな人が常に迎えてくれたこと、高速マスターを修得して自慢したこと、どうすれば成績が伸びるか担任の人と一緒に考えたこと、グループミーティングが同じ友達と一緒に勉強したこと、成績が伸びれば周りの人と一緒に喜んだこと。

 

それらの経験の全ては明日からスタートするセンター試験、そして私大入試・国立二次で結果を出すためにやってきたことです。

どんな努力をしても最後はたった一回のテストで全てが評価される。正直、残酷な世界だと思います。でも、そのたった一回のために色々なものを犠牲にして向き合ってきた皆さんだからこそ、文字通り「想像を超える」何かが待っているのではないかと僕は心のどこかで期待しているのです。

何も今までできなかったことをやれ、というわけではないです。

ただ、できることは全てやってきてください。自分の持てる全ての可能性を1つ1つの問題で賭けてみてください。

皆さんがこれまでの努力でできるようになったことは、今できないことよりも、途轍もなく大きなものです。

 

そして、忘れてはいけないこととして、明日からのセンター試験が入試のゴールという訳ではないです。あくまでそれは2ヶ月弱続く大学入試の開幕戦に過ぎません。

そこだけは頭の片隅に留めておいてください。

 

最後に、君たちは独りではないです。

 

君たちの後ろには東進ハイスクール新宿エルタワー校のスタッフがいます。自分で言ってしまうのも変ですが、僕は日本でこれだけ良いバックアップを受けている受験生はいないと思っています。日常的にこれだけ優秀なスタッフが本気で知識や頭脳、経験など持っているもの全てを皆さんの合格のために使っているのです。そしてそのサポートの力は日本の他の予備校や東進の他校舎とは比になりません。

そんなスタッフに支えられ、本気で様々なことにぶつかってきた皆さんなら皆さん自身の「想像を超える」ことなど難しいことではないはずだと信じています。

君たちなら大丈夫です。たとえ少し苦しい状況に陥ってもそこを跳ね返すだけの力を持てるような受験生活を送ってきています。

だから自信を持って進んでいってください。

一瞬一瞬が一度きりの本番で、ぜひ想像を超える自分に出会って来てください。その時の感動は何にも代え難いですよ。

僕らは影ながら校舎で応援しています。

 

行ってらっしゃい!!

 

 

(もし本当に困ったら校舎(0120-104-121)に連絡してください)

 

明日のブログは吉瀬担任助手です!

 

2019年 1月 17日 受験生の皆さんへ(原田)

こんにちは!

学習院大学2年の原田奈穂子です(^o^)

まだまだ寒い日が続きますね・・・。早く春が来ることを祈りながら日々過ごしております。

 

センター試験まであと2日。

皆さんは今、どんな気持ちですか?ドキドキ?それともワクワクしていますか?

やるだけのことはやってきたはず。後はがむしゃらに前へ進むのみ!と言いたいところですが、“あと1日”残されています。

この1日をどう使うかが、分かれ道なのではないかなと私は思っています。

まず、自分が一番不安な科目を思い浮かべてみて下さい。完璧だ!と思う人は、一番点数の低い科目を。

その科目は1日やるだけで、あと10点伸びます。場合によっては20点ほど伸びるかもしれませんね。

不安な範囲をとことんやりましょう!今日結果が出なくても良いんです。明日になったら変わるかもしれません。

人生、何が起こるか分からないものです。(とても大きな規模でのお話になってしまいますが・・・(笑))

 

話しは変わって・・・

皆さんはどうして東進に入ろうと思いましたか?

入学してからこれまで、どの様な気持ちで取り組んできましたか?

私たちが皆にかける言葉は、「これまで頑張ってきたから大丈夫。自信を持って!」

これくらいしかありません。自信がない、不安だな。そう感じる人は沢山いると思います。

でも、明日・明後日・明々後日くらいは何事もポジティブに考える人になってみましょう。人の言う事を素直に信じてみましょう。

私たちはみんなの事を入学してからずっと一番近くで見ているから分かります。

誰がなんと言おうと皆は頑張っていた。努力していた自分を肯定してあげて下さい。最後は自分を信じるのみ!

もちろん、日々支えてくれる人がいることは忘れないでください。

家族や学校の先生、そしてライバルでありながらも話し相手となってくれる友達。

最後まで皆を応援しています。もう一息!!一緒に走り切りましょう。

上の画像は、サンリッチオレンジという品種のヒマワリです。私は花が大好きなので季節外れではありますが、ここでこの花の花言葉をご紹介します(^u^)

このお花の花言葉は「未来を見つめる」です。ヒマワリは太陽のあるほうに顔を向けますよね!明るい方向に、常に上を見続けて呼吸をしています。

皆さんもヒマワリの様に、明るい太陽を、明るい未来を信じて咲き続けて欲しいなと思います。

 

明日のブログ担当は佐々木剛平担任助手です!お楽しみに!

 

 

2019年 1月 16日 受験生のみんなへ(中山)

こんにちは!

中央大学法学部2年生の中山葉月です!

 

先日新宿エルタワー校でセンター前決起会がありましたね!

たくさんの生徒とスタッフが自習室に集まっている様子を見ていたら私まで緊張してきてしまいました。

 

私は今年担任助手2年目なので、今年受験生のほとんどの皆さんが高2の頃の姿も見てきています。

担当として関わっていた人もいればエルザップ(懐かしいです)などで関わっていた人もいるし、受付でよくお話してくれた人もいますね。

それだけに現在のみなさんの姿を見ていると本当に成長しているなあと感じます。

勉強量が増えたのはもちろんのこと、面談をしていると自分で自分の現状を分析して色々なことを考え勉強計画を立てた上で面談に来る人が圧倒的に増えています。

センターまであと少し、二次試験までももうそれほどたくさんの時間が残されているわけではありません。

一日中校舎にこもって勉強している皆さんの姿を見ていると、「頑張ってるね、休憩でもしたら?」と言いたくなるような瞬間もあります。が、そんなことは言いません。

私の尊敬する宝塚の北翔海莉さんの言葉をお届けします。

「誰にも分からないように手を抜くのは簡単です。でも手を抜いたことを自分だけは知っているから、後から、そんな自分を責める気持ちの方が体がきついことの何倍も辛いんです。それがわかっているから手を抜くことはできません。」

結果が出てから、「あの時こうしていれば」と考えても過去に戻ることは不可能です。

皆さんには結果が出てから自分を責めるようなつらい経験はしてほしくないので、私は皆に頑張り続けろ!!あと少しだ!!

と言い続けます。

 

明日のブログは原田担任助手です。お楽しみに!!