ブログ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 

2018年 9月 6日 本番で輝くために(阿嶋)

こんにちは。

3年の阿嶋優佳です。

 

 

 

夏休みが終わり新学期が始まった人も多いと思います。

私の大学は10月から後期が始まります。

もう3年生になるため後期は座学での講義ではなく、病棟実習がメインになります。

いよいよ実習が始まるので緊張していますが楽しみでもあります。

なにか聞きたいことがある人はぜひ声をかけて下さいね!

 

では、本題に。

今週のテーマは「大学生の夏休み」ですね。

大学では、自分の好きなことに好きなだけ時間を使うことができます。

 

私の大学では多くの学生が部活に所属しています。

その割合はなんと9割以上です!

学業と部活を両立しながら学生生活を送っています。

 

私は大学でバスケ部のマネージャーをしていました。

毎年夏には

日本科学生総合育大会」

(よく”東医体”と言われます)

が行われ、この大会に向けて1年間部活に励みます。

今年の開催場所は岩手県だったのでちょっとした旅行気分でした笑

 

中高ではバトン部に所属しており、高校時代は大会にむけてみんなでひとつの踊りを作り上げていました。

大学でも同じ目標にむかってみんなで努力できる経験ができて本当に楽しかったです。

マネージャーという立場なので実際に試合に出るわけではないですが、

チームとして結果を出せるように自分のできることはやろうと心掛けていました。

 

1試合約40分ですが、この40分のためにどのチームも1年間練習をしてきます。

試合本番での時間に比べると、そこまでに準備する
時間は何倍も何倍もあります。

結果は悔しい結果になりましたが、このメンバーで準備して練習してきた時間があったからこそ

本番での感動する場面が何度もありました。

幹部としても迎えた、現役最後の東医体は私にとって熱い夏になりました。

 

受験も本番の試験時間に比べて、受験勉強にかける時間はとてもとても長いですよね。

大変なことやつらいこともたくさんあるかもしれません。

でも、このとてもとても長い準備時間が、本番で自分を輝かせてくれます。

目標を強く持ち、合格するための準備時間を大切にしてください。

 

夏休みは終わりましたが、これからがまたスタートです。

第一志望合格にむけて頑張っていきましょう。

 

明日のブログの担当は早稲田大学山上担任助手です。お楽しみに。

 
 

2018年 9月 3日 日焼けしました、、(吉瀬)

こんにちは!農工大2年の吉瀬です。
 
9月に入りましたね。暑かったり寒かったりで体調を崩しやすい時期だと思いますが元気にがんばっていきましょう!
さて、今週のテーマは「大学生の夏休み」です!
 
ほとんどの高校生のみなさんは2学期に突入していると思います。ところがまだ大学生の夏休みは折り返し地点を過ぎたところです。そんなことを言われても皮肉にしか聞こえないかもしれませんが、受験が終わればこんなことが待っているのか!と思ってモチベーションにしてもらったり、息抜きに読んでもらったりしてくれればと思います!
 
長期間校舎から姿を消していた担任助手もいましたよね。
どんなブログを書いてくれるのか僕もワクワクしています!
 
 
 
なんて、前置きをしておきながら恐縮ですが今日は真面目な内容です(笑)
僕は8月12日~16日でサッカー部の合宿に行って参りました!場所は茨城県波崎市です。急に日焼けして帰ってきたため驚いた人も多かったかもしれませんがそれもこの合宿のためです。東進にいるとほとんどの人が純白の肌をしているので少し恥ずかしいです(笑)
合宿と言うと何か良からぬものを想像してしまう人もいるかもしれませんが、普通の(?)合宿です!
 
ちょうど1回目の手術から1年2回目の手術からは4か月経過した合宿の2週間前に復帰してという感じだったのでかなりギリギリでしたが、合宿に行ってまで雑用係は勘弁というのもあってここに合わせてリハビリを頑張ってきたので、合宿でサッカーができたというのは感慨深いものがありました!
楽しいとは書いたものの2年ぶりにサッカーをしているため毎日部活で体力を使い切っているので、その後は家でまったりと本を読んだり昼寝をしたりしてから東進にいくことが多いのが僕の夏休みです。早く体力を回復させて試合で活躍したことを報告したいと思います!
 
 
前にも書いたかもしれませんが、大学に入ってまでサッカー部に入ろうという人たちは、みんなサッカーが大好きなので中学や高校の部活によくいる「この子はなぜこの部活に入ったんだろう…」という人は1人もいません。別にそういった人たちを否定したいわけではないのですが、やはりみんながサッカーに対して情熱をもって正面から向き合っている環境というのは高校までの部活とは違った面白さがあります!
 
高校ではほとんどの人が部活に入っている/いた、と思いますが大学に入ってからはどうしようかなどど考えている人はほとんどいないでしょう。具体的にどの部活やサークルに入る!とまで決めるのは大学生になって最初の頃にある新歓という時期でいいと思います。僕も正直入る気はほとんどなかったのに色々なサークルの新歓に参加してすごく楽しかったです(詳しくは吉瀬亮太の冒険で検索)
 
 
とは言え、みなさんも大学に入ってからの部活やサークル活動では絶対に自分に合ったものが見つかるはずだし、楽しいことが待っているはずです!
そのためにも今はぐっとこらえて楽しみを膨らませつつ、勉強をがんばりましょう!
 
明日のブログは最近、ポケモンで言うとムックルなみに校舎によく現れる樺担任助手です!
(最近のポケモンはわかりません、、)
彼はいったいどんな夏休みを送っているのでしょうか、おたのしみに!
 

 

2018年 9月 2日 夏から秋へ、そんな今だからこそ(斎藤)

こんにちは、社員斎藤です。

夏休みが終わり、多くの学校で2学期が始まったころと思います。

皆さん、後悔のない夏休みを過ごせましたでしょうか?

さて、天王山たる夏休みが終わり、学校がはじまったことで勉強のペースが崩れた人もいるかもしれません。もしくは頑張ってきた反動で勉強している実感がないと感じる人もいるかもしれません(僕はこっちでした)。

そんなこの時期に、いやこんな時期だからこそやるべきことって何でしょう?

それは自分の立ち位置を確認することです。

要は、自分は現在こういう大学を第一志望にしていて、現状実力はこういう感じで、例えば英語はこのレベルだけど数学や国語はこうで、それに対し今後どうその差を埋めていくのか。

こういうことを一度立ち止まって冷静に分析することが大事だと思います。ちょうど先週の日曜日に実施された第3回8月センター試験本番レベル模試の成績帳票が皆さんの手元に渡り始めているはずです。この夏の勉強の成果が実って成績が上がって内心喜んでいる人もいるでしょうし、逆に思うように成績が伸びずに頭を抱えてしまう人もいるでしょう。

でも、そういう今だからこそ、しっかりとこの夏休みどうであったかのか、また今回の模試で良かった点と反省点はどういうところにあるのか、それを冷静に分析考察して欲しい、と思うのです。せっかく中3日でweb上に成績の速報が出て、1週間で詳しい成績帳票が返ってくるのですから、それを上手く使わない手はありません。受けた時の感覚を思い出しながら、模試の復習と反省そして今後の勉強方針の策定を着実にやってください。

何故、僕はこういう事を言ったのでしょう?それは単元ジャンル別演習等を通じた志望校対策がいよいよ本格化するからです。

志望校対策は、今までの基礎固めの勉強以上に自分の現状を把握することが大事になってきます。それは、これから先勉強の焦点となってくるのは、自分の第一志望校の出題傾向の中で自分が不得手とする箇所、だからです。

この夏休み、センター試験や第一志望校の過去問を解いてきた方々も大勢いると思います。それは何のためにやっているかと言えば、その大学の入試傾向を知るとともに、自分がその中でどういうとことが得意でどういうところに課題があるのか、を知るために他なりません。そうした現状を知って、それに対してここから来年2月の本番までおおよそ半年間でどのような対策を打つか。そして、自分がいかに志望校に合格するかはその人が置かれている状況によって千差万別です。故に、志望校対策は対策の方向性を誤ると不合格に繋がりかねないのです。正しい方向性を見出すために、今自分の立ち位置を確認するべきだと思うのです。

2学期が始まり色々と走り出したくなると思いますが、一度立ち止まって自分の状況を振り返り、分析して下さい。こういうときに自分の現況を把握できていることが後々現役合格に近づく要因となると思っています。

明日のブログ担当は東京農工大学2年生吉瀬担任助手です。お楽しみに。

 

2018年 8月 31日 両立(鶴)

 
皆さんこんにちは、早稲田大学創造理工学部1年です。
 
 
ほとんどの高校生の皆さんは今日で夏休みが終わることと思います。
 
今回のテーマは「夏休み終盤から2学期はじめにかけての学習」です。
自分はちょうど高校3年生のこの時期に高校で指定校推薦枠の発表がありました。
なので推薦入試対策と一般試験への受験勉強の両立についてお話しようと思います。
 
まず、一口に推薦入試といってもその中には様々な種類があります。
大きく分けると公募制特別推薦公募制一般推薦指定校制推薦の3つがあります。
 
この中でも今回は自分が直接的に利用した指定校制推薦を基準にお話をします。ただ基本的にはほとんどの推薦入試は流れが似通っているのでその他の推薦制度の利用を検討している皆さんも参考にしてみてください。
 
大まかな流れとしてまず高校側から生徒全体に向けて指定校制推薦の募集が来ている大学、学部、学科の一覧が公示されます。
その中から自分の希望するものを決め、高校側の内部選考に応募します。
 
まずここで心掛けてほしいことが「本当に行きたい場所なのか」をしっかりと考えることです。
この選択は単純に志望校を決めるものとは段階が異なります。志望校決定が「受ける大学を決める」選択であるのに対し、指定校制推薦は良くも悪くも合格率が極めて高いことから応募校決定は「進学する大学を決める」選択になります。
また指定校制推薦の場合、合格が決まると他大学の受験は基本的にできなくなります。このことからも推薦入試における応募校決定においては、自分がその大学に入ってから本当に頑張ることのできる場所なのか、取り組みたい学問なのか等をしっかりと時間をかけて考えるようにしてください。
 
その次に高校側に志望理由書を提出し、内部選考通過後は大学に内容を少し変えた志望理由書やその他必要書類を提出します。そして最後に面接試験を受ける。という流れが多くなっています。
 
推薦入試を利用する人が大変になってくるのがこの期間です。
 
大学側からの合格をもらうまでは一般入試への対策勉強と推薦入試への準備を並行して行わなければならなくなります。
これによってこなさなければならないタスク量は推薦入試の対策を行わない受験生に比べ1.5倍程度にはなっていきます。
このことからこの期間は“時間の使い方”により一層の注意を払う必要が出てきます。
 
そして時間がない中でこそ重要になるのが“計画設計”に時間を割くということです。
闇雲に思いついたタスクをこなしていくだけでは決して高効率とは言えない時間の使い方になってしまいます。これを避けるために、綿密な計画設計を作る必要があり、そこにかける時間は惜しむべきではありません。そしてこの計画設計をサポートのために我々スタッフがいます。担当や担任だけでなくすべてのスタッフとの面談や日々の質問などを活用して最大限の努力が可能となる計画を設計して下さい。
 
参考までに自分が実践していた具体例を挙げると高校での昼休みは図書館で志望理由書を書く時間にあて、放課後はすぐ東進に移動して一般入試への勉強をする。という形をとっていました。
このようにやるタスクごとに場所や時間を固定するというのは一つの有効な方法ですので皆さんも是非試してみてください。
 
 
ここから数か月間は精神的な負担の増加に加え、タスク量や考えなければならない要素も増加し、心身ともに疲れていってしまうことも出てくることと思います。その圧力に必ずしも打ち勝つ必要はありません。ただその圧力の中に夢や志を見出し、目標の明確化と綿密な計画設計によってその夢や志をつかみ取っていきましょう。
 
明日のブログ担当は中央大学理工学部2年生樺担任助手です、お楽しみに。
 
 

 

2018年 8月 30日 夏を乗り越えて(吉瀬)

こんにちは!

農工大2年の吉瀬です。

8月も残りわずかとなりましたね。

エルタワー校では本日、夏休み修了式を行いました。

 

学校の方もそろそろ夏休みが終わった人が出始めていると思います。夏休みが終わった/終わりそうな今の時期をどう過ごすのかはけっこう大事になってきます。今日はその心構えについて書いていきます!

 

まずはみなさん、夏休みおつかれさまでした!今日の修了式でも振り返ったと思いますが、自分の夏休みを振り返ってみるとどんな気持ちが沸いてくるでしょうか?

満足はできないという人もいるかもしれませんが、担任助手として受付にいた僕としてはみんなよくがんばっていたのではないかなと思います!僕の担当生徒では毎週の在校時間が90時間を超えていたり、文化祭の準備や部活と両立しながらがんばって勉強したりとみなさんの頑張りに驚かされることが多かったです!東進での勉強以外にもオープンキャンパスに行ったり留学に行ったりと夏休みならではの経験をしてきたという話をしてくれた生徒もいました。そのどれもが今後のみなさんの人生に役立つものだと思います。

先日、模試がありネガティブな気持ちになってしまっている人もいるかもしれませんが、過去の自分を否定しないで前向きに過ごしていってほしいです!

しかし今日伝えたいことはそれだけではありません、というかもっと伝えたいことがあります。それは、夏休みは終わったけど受験勉強は終わってないということです!すなわち、このままいけば合格できるだろうという人もこのままいかないと合格はできないし、反対に言えばこのままでは合格できないという人も何かを変えることができればまだまだ合格できる可能性があるのです!夏休みが終わると、久々に友達に会ったり学校のテスト勉強をしたりと、東進での受験勉強がおろそかになりがちではないか思います。

夏は受験の天王山という言葉から夏休みは重要だとほとんどの人が思ってくれていたと思いますが、夏休み以降が重要でないはずがないですよね。ここからどれだけ粘り強く勉強を続けていけるかが合否をわけるものだと考えています。

 

夏休みはある意味で勉強をしやすい環境が整っていたと思います。ところがここから先は周りに受験を終えてしまった人が出てきたり、過去問に取り組むうえで合格点がなかなかとれなかったりと精神的に勉強を続けていくのが難しくなってしまうようなことが続々と起こります。そんな中でも勉強を続けていくためにカギとなるのが志望校への思いです。志望校への思いがあるからこそつらい受験生活も乗り越えられるのだと思います。

 

それでもやっぱりきついという人はいつでも相談してください!

僕も最後まで一緒に走り続けます!

 

明日のブログは1年生の鶴担任助手です!おたのしみに!