ブログ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 

2017年 8月 20日 受かる人の三要素(西村)

 

こんにちは!社員の西村です。

ブログではお久しぶりですね。

今日は私が思う、受かる人の三要素についてお話ししたいと思います。

 

幼さ

素直さ

丁寧さ

 

この3つは、私が尊敬する、部活の顧問の先生が私によく言ってくださっていた言葉です。

キャプテンとして、チームで目標を達成したいのであれば、一人一人にこれを意識させるように、言われていました。

当時は、これを、部活のことにしかあてはめられなかった私ですが、

後にこれは、何か課題や目標があり、それらを解決・達成しようと思ったとき、それが何であれ、

共通して必要となる三要素だなと思うようになりました。

そして、それは受験という大きな目標に立ち向かうみなさんにも同じことが言えると思います。

ということで、今日はこの3要素についてお話しますね。

 

幼さ

小さい子はよく、

「なんで冬は寒いの~?」

「なんで空は青いの~?」

というような、大人が気にも留めないようなことを疑問として抱きます。

何にでも「?」をもちます。「?」ら入ります。これがすごく大事。

勉強でもそうです。勉強内容に関して、

「なぜこのような公式が成り立つのか?」

「なぜこの答えが導きだせるのか?」

それから、勉強方法に関して、

「本当に今の時間の使い方が最善か?」

「もっと印象的に覚えるにはどうしたらよいだろうか?」

常に問い続ける。これが、自分を成長させる上で非常に大切になってきます。

まずはこの「幼さ」、大切にしてください。

「素直さ」

これは言うまでもありません。

担任の先生は何十人、何百人もの受験生をこれまで指導した経験のある人、

担任助手の先生は、自分自身が受験を経験し、東進でどう勉強したら合格できるのか、

それを実感知として知っている人。

その他にも、みなさんの周りには、受験のプロや受験を熟知している人がたくさんいます。

そういう人の話を、どれだけ自分の中に「素直」に吸収し、実行できるか。

「素直さ」はみなさんの成長スピードを確実に左右します。

「丁寧さ」

抱いた「?」を突き詰めて考え、実行する。

もらった助言を「素直に」受け止め、実行する。

この、実行において、「やりきる」=「丁寧さ」だと思ってください。

「丁寧」に細かく、全てやりきる。

これがとても大切です。

例えばセンター1800!センターカバー率が99.5%の高速基礎マスター講座。

これを、1200語しか覚えていない人よりも、1600語覚えた人の方が一見偉い!点数がとれる!そう思いますか?

でももしも、この2人ともが覚えていない、200語のみからなる英文がセンター試験で出たとしましょう。

1200語しか覚えていない人も、1600語しか覚えていない人も、残念ながら、英文の見え方・読め方は同じです。

1800語全部覚えきらなくては、やりきらなくては絶対的な結果はでないのです。

やるべきことがわかったら、それらを「丁寧に」やりぬく。それがとっても大切な3つ目の要素です。

 

いかがでしたか?

幼さ

素直さ

丁寧さ

意識してみてください。

明日のブログは、担任助手の海部くんです!

明日からは通常通り、朝7時半から開館してますので、みなさんの朝登校をお待ちしてますね!

 

 

2017年 8月 19日 部活っていいですよね(木原)

こんにちは。木原です。

夏の甲子園もいよいよ終盤ですね。東京代表は東海大菅生高校が勝ち残ってます。前回のブログでも言ったのですが、個人的に応援しており優勝目指して頑張って欲しいです。

去年は自分の同学年の甲子園球児がまだ戦ってて、自分は東進で勉強してるという生活の差にしみじみしました。

 

 

話は飛びます。

「バレーボール」の画像検索結果

私は高校3年間、バレーボール部に所属していました。ポジションはセンターです。←ブロック、クイック攻撃がメインのポジションです。

基本的に週6で練習があり、部活が終わったら東進に来て勉強するという体力的にキツイ生活を毎日送ってました。

そんなわたくしは先週の金曜から日曜にかけて自分の母校のバレーボール部の夏合宿にOBとして参加してきました。場所は毎年日光でとても涼しいです、雨が多いですが。ちなみに樺も一緒に行ってきました。

とてもしんどかったです。高校生の体力はすごい!

今私は大学でもサークルでバレーボールを続けています。しかしサークルと違い、今回合宿に参加してみて感じた「部活っていいな」と思ったポイントは目標があるということです。

秋の新人戦に向けてきつい合宿を目を輝かせながら練習している。試合を意識した練習内容、声掛け。これを当たり前のようにしているのは素晴らしいことだと改めて思いました。2年前の自分もきっとそうであったはずです(笑)

 

これって勉強においても同じことが言えると思います。

・志望校に向けて目を輝かせて勉強する。

・模試で目標点を取るために必死で勉強する。

・間違えた問題と同じパターンのものは絶対間違えない。

・今日やると決めたものは絶対やり切る。

などなど大きなことから小さなことまで目標ってそれぞれ持っているはずです。ここで質問。

 

受験生の皆さん、志望校を意識して勉強毎日出来ていますか?一番大きな目標です。

 

ここでYESと答えられた人は素晴らしい。因みに1年前の私はNOって答えます。

何故かというと、目の前の問題を解くこと、近づいてきている8月のセンター模試で点数を取ることばかりにこだわってました。

私と同じ状況の人もいるのではないでしょうか?

目の前の目標もとても大切ですが、やはり志望校を意識して勉強するというのがとても大切です。毎日意識するのはとても難しいことだと思いますが。

しかし、これを意識するだけで勉強の質って大きく変わると思います。せっかく毎日頑張っているなら質を最大限まで高めたいですよね。

部活やっていた人は大会目指して練習してたあの頃を思い出して、勉強でも同じだ!と思って頑張っていきましょう!

 

明日はエルタワーが休館なのでブログ更新はありません。明後日のブログ担当は慶應義塾大学の海部です。お楽しみに。

2017年 8月 19日 一橋大学 世界史攻略(大住)

一橋大学商学部一年の大住優亮です。

いよいよ夏休みも終盤にさしかかり、過去問対策も始まってくるかなあというところで、

一橋大学の攻略法を伝えます。

東大対策、京大対策、、、数々の大学別対策の授業は展開されていますが、

けっこう難しいのに一橋というと、なかなかない。

そもそも規模が小さいからしょうがないのですが。

ということで、今回は世界史対策について。。

 

1.概観


一橋大学の世界史を構成する問は3つ。

そして全て400字記述。

語句問題も記号問題もなく、全て記述

そこで、何をどうするのか。

 

2.過去問を解く前に

 

参考までに、これは受験生時代にまとめていたものです。

画質が悪くてすみません。。

ここでカギとなるのは、

知識量と全体的な流れを抑えられているか。

そして大事なことがもう一つ。

一橋大学の過去問の傾向に合わせる

というのも一橋といえども、分野問わず難問ばかりが出題されるわけではない。

過去問を解いていてわかるのはけっこう似た問題が出ること。

中世ヨーロッパ(特に封建制度とキリスト教世界)清朝末期は重点的に対策を。

ただ傾向に合わせることに関しては、実際解かないと分からないところもあるのでまずは、

解く前のベースを作っていくことが重要。

教科書と資料集とネットを駆使しました。

3.過去問を解く時に

基本的にいくらさかのぼっても傾向が変わらない事

 ⇒一度出た問題が何度も繰り返される。

  ⇒その問題を確実にとけるようにする必要性

世界史過去問の中でも、最難関と言ってもいいくらいの問題が出ることに間違いはない分

一度で出た問題については確実に答えられるようにすることを重ねれば、

次第に解けるようになる。

採点してもらえる環境があるのがベストだが、そうでなくとも、

我流にこだわらず、解答をまずは暗記することが大事。

型なくして、型破り的な良い解答は作れない。

そこで、新たに学んだことに関しては、くまなく自分の先ほどのまとめノートに記載する。

量で言えば30年分はやってほしい。

 

 

3.過去問を解いた後に


解いたままでは、もちろん十分ではなく。。という話は良く聞くと思うので。

ただ、模試と比べものにならないくらいに過去問には価値がある。

解けようが、解けまいが、確実に次出た時には完全解答が作れる状態にまで仕上げる。

ここまでやって過去問対策は完成する。

ここで一つ、古い過去問集めにオススメのサイト

東進過去問データベースを使ってみてください。以下リンク。

http://www.toshin-kakomon.com/

東進生でなくても無料で使えるので是非。

 

3.最後に

一橋の過去問についてここまで伝えてきたが、実はもう一つやって欲しい過去問がある。

それは東京大学。

なぜか。それは、ここ数年一橋の傾向が徐々に東大に寄りつつあるから。

もちろん、一橋の過去問ほどやる必要はない。が、十年分くらいやる事には大きなメリットがある。

だまされたと思ってやってほしい。当日、結果を発揮すると思う。

 

長々と続いた説明はこれで終わりです。参考になると幸いです。

後日、他教科についても触れるので、お待ちください!!

 

 

2017年 8月 19日 いまやりたいこと(中山)

こんにちは。

中央大学一年生の中山葉月です!

 

最近雨の日が続いていますね。

私は雨が大嫌いです。雨が降っていると傘をささなければならなくて動きが制限されるし、湿気で髪型は崩れるし、外が暗いから気分も暗くなるし・・・

(前回のブログでもこんな話をした気がしますが)本当に早く晴れてほしいです・・・。

 

話は変わりますが私は先週北海道に行ってきました。

旅行って楽しいですよね!

旅先の風景や人や食べ物が全て新鮮で、別世界に来たような気分になれます。

同時に、いくらインターネットが発達して様々な情報を調べられるようになっても、実際に足を運んで見たり聞いたり感じることでしか得られないものがあるということを再確認できました。

 

受験生の皆さん、いま、何がしたいですか?

遊びにいきたいですか?旅行にいきたいですか?寝たいですか?

 

人それぞれやりたいことはたくさんあると思います。

でも、みんな我慢して勉強をしていますね。

それはなぜでしょう。

 

じつは私も、受験生時代(特に夏休み)勉強するのが辛い時期がありました。

毎日朝4時に起きて、ひたすら勉強して、ご飯を食べて、寝る。というだけの生活を繰り返していると次第に自分が何のために勉強をしているのか分からなくなってきますよね。

 

そんな時に私を支えてくれたものは「受験が終わったら○○する!!!!」

という想いです。

 

私の場合は「法学部に通って法律の勉強をする!」 と、 「バンドを組む!」 でした。

 

みなさんいまやりたいことは山ほどあるかもしれませんが、良く考えてみるとそれって今じゃなくてもできることですよね?

 

受験勉強は今しかできません!!!!!!!

(来年再チャレンジしない限り)

 

そして正直言って、今受験勉強に全力をつぎ込めない人はきっとこの先何に対しても全力で向き合えません。

 

 

お昼ご飯を食べるのに1時間かけている人、ホームクラスで寝ている人、スマホを見ている人、グルミ室でおしゃべりしている人、きっと落ちた時に死ぬほど後悔します。

 

受験が終わったらやりたいことをモチベーションにしつつ、いまは今しかできない受験勉強から逃げずに向き合いましょう!

 

 

明日のブログは明治大学一年生の松田さんです。お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年 8月 19日 伊藤の勝ちパターン(伊藤)

 
みなさんこんにちは!
明治大学情報コミュニケーション学部
伊藤広記です。
 
最近は
夏らしくない夏が続きテンションが下がってしまいますね。
晴れることを心から祈っています。
さて今日は題名の通り
勝ちパターン
についてお話ししたいと思います。
ただこの話は僕個人の性格や経験に基づいているので
参考になるのがあれば使ってみてください。
 
まず勝ちパターンとは自分が受験生時代
模試やテストを受けるときに
良い結果を残すため
必ずやっていたもの(ルーティン)です。
これをやることに対して自分なりのメリットは
 

緊張しない

普段通りやってることをやるということは
自分に安心感をもたらします、その結果たとえ
絶対に越えないといけない目標があるときでもいつものような
気分で受けることができました。
 

自信が持てる

緊張してない自分を意識し始められると、
心に余裕が感じられるようになり
周囲の人が直前に詰め込んでるのを見て
「はいはい今必死になってかわいそ~」
なんて優越感を感じ自信を感じられました。

*こんな性格の悪い方法でなくとも
「普段から勉強してきたからいける!」
と思って自信をもつこともあります。
 

集中できる

普段やってることをやると
すっとガチモードに入れました
力むことなく
かといって
ひよることもなく
適切な緊張状態のまま
目の前の問題に取り組むことができました。
 

伊藤の勝パターン

 
最後に自分自身がやっていた内容をお話しします。
僕自身の性格として
意気込みすぎると空回りする
というのが経験上わかっていたので
当日は
「なんとかなるわ~」
ぐらいの緩い気持ちでのぞみます、
音楽やラジオを聴きます
気が張って意気込みすぎていれば
録音した「深夜の馬鹿力」という
深夜ラジオを聞きます
逆に
気が緩んでいるときは
EDMを聞いて気合を入れます。
このときに使うイヤホンも決めてました。
ここは特に真似をすべきではないとも思えるのですが
会場にはぎりぎりに到着してました
というのも自分は早く着くと続々と他の受験者が来る間に
緊張が増してしまうからでした。
細かいのはほかにもありましたが
大まかにこのような流れでいつも臨んでいました
うまい比較とはいえませんが
テンション調整をうまくできなかった
大学での3月TOEIC
その後結果に危機感を抱き
しっかり勝ちパターンをやり
うまくテンションを保てた
東進での4月TOEIC
結果は
東進(4月)740
大学(3月)520
でした。
勝ちパターンは人それぞれでしょう
自分なりの勝ちパターンを見つけてみてください。
明日のブログは立教大学の木原担任助手です。
お楽しみに!