ブログ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 

2017年 10月 20日 慶應の社会科目の攻略(海部)

こんにちは!慶應大学一年の海部です。

10月も後半戦ですね!受験学年のみなさんは志望校対策に勤しんでいると思います。過去問演習をしていると「どうすれば点が取れるようになるんだろう…」と壁にぶつかることも多いと思います。そこで、今日のブログでは慶應大学の社会の対策方法について触れつつ、社会の勉強法について話そうと思います!!



目次
1.他大学と比べた慶應大学の社会の特徴
2.各学部の対策と傾向
3.最後に



1.他大学と比べた慶應大学の社会の特徴
慶應大学の社会の最大の特徴は学部によって問題傾向がかなり異なるというところです。例えば法学部は全問マーク式の問題であるのに対して、経済学部の問題の多くは記述式の問題です。そのため、早稲田や明青立法中の問題は学部間である程度共通点があるため志望学部だけでなく色々な学部の問題を解くことで多くの問題に触れる対策法が有効ですが、慶應の社会ではどちらかというと志望学部の問題をより多く解いて、傾向をしっかり研究する勉強が有効です。ちなみに僕は商学部と経済学部を受験しましたがどちらも社会の過去問は10年分を最低2周しっかりやり切りました(^ ^)

2.各学部の傾向と対策
・法学部
最初に書いた通り全問マーク式の問題が計50問出題されます。大問3~4問で構成されており、それぞれ50~60個の選択肢が用意されていてそこから正解を選ぶ形になっています。よく見ると漢字が違う等、選択肢が紛らわしく、難問も多く見受けられます。法学部志望の皆さんは勉強する際必ず用語集を手元に置き、わからないものが出てきたら必ず調べる癖をつけましょう。たまたま目にしたことがあるものが難問として出題されることもありますよ!

・経済学部
この学部は出題範囲を限定してくるのが珍しいです(日本史の場合は1600年以降)。その上多くの問題が記述・論述式のためその対策が不可欠です。ただ、問題のほとんどが政治史か経済史関連と出題する箇所がある程度限られているため、過去問と類似した問題が出るケースが多々あります。なので、過去問をしっかり研究し、一度やったものは必ずできるようにした上で、経済史の記述問題の頻出事項を中心に抑えていきましょう。また、国公立の問題を解くのも有効です。僕は一橋や名古屋大の問題で練習していました^ ^

・商学部
この学部では法学部と似た傾向のマーク式の問題と語句の記述、用語説明の問題がバランスよく出題されます。ただ、比較的難易度が低く(稀にものすごく難化する年がありますが)、8割以上取るのが必要になってきます。一問一答を中心に用語をしっかり抑えつつ、用語説明の問題で差がつくので学んだ用語を簡単に説明できるようにしておきましょう!

・文学部
選択問題、用語記述問題・論述問題で構成されており、選択問題と用語記述はさほど難易度が高くないため2問で計200字の記述を要する論述問題の出来の良し悪しが合否に直結します。また、出題の多くが文化史のため、東進の文化史の講座や教科書で知識を深めておくことが大事です。また、論述問題は歴史資料を踏まえた上での記述が必要なため、資料読解の講座や資料集、参考書を活用して資料読解をしっかりできるようにしておくのが不可欠です!

3.最後に
どの大学、学部にせよもちろん難しい問題を解けるのも周囲との差をつける上で重要ですが、一番大事なのは基礎問題を絶対に落とさないこと。僕は商学部の前日に苦手な重要語句とその内容の復習をしていたのですが本番でまさに前日確認したものが用語説明問題で出題されました(^ ^)過去問を解いて志望校の研究をし、そこで発見された苦手部分を補強するのももちろんですが、それと並行して今までやってきた基礎の部分もしっかり見直してください。基礎がしっかりしていること、それが受験においては一番の強みですよ!

↑僕はこの時期テキストや一問一答で知識を確認・補充しつつ過去問と問題集でアウトプットしていました

明日のブログは新倉担任助手です!お楽しみに!!

 
 

2017年 10月 18日 早慶は難しい! でも、、、(中川)

 こんにちは! 早稲田大学法学部中川雄真です!
 
 今日は主に僕の通っている早稲田大学についてのお話をしたいと思います。
 「早稲田」の画像検索結果
 まずは、先日おこなわれた早慶会の話です。
 
早慶会というのは一定の条件をクリアした早慶志望の受験生を集め、早慶を目指すことの大変さ合格した後に待つ大学生活について話し、ライバルたちと切磋琢磨しながら私大の頂点を目指す会です。
 
先週の日曜日に第1回が行われ、慶應大学経済学部の松尾担任助手から早慶の倍率の増加傾向や東大志望に勝たなければ早慶の枠を奪われてしまうなど厳しい話がありました、、、
 
 
 でも受験、諦めないで!合格は最後まで頑張った者が手にするものです。
 
今、いくら成績がよくても合格はできません。
受験本番に合格点を叩きだした者が合格するんです!
 
ここから本気勉強け、挑戦けることができれば
来年たちの努力ひら瞬間絶対れます
 
そのれるのをじて勉強けてください!僕も信じています!
 
 というのも早慶に入ればとても楽しい大学生活が待っているからです!
 
僕は今、早稲田祭2017運営スタッフとして早稲田祭2017の準備をしています。
 
 そう!11/4(土),11/5(日)早稲田祭2017です!
 
「早稲田祭」の画像検索結果
 
活気ある早大生が作り出す日本最大学園祭圧巻ですよ!
行けば必ず早稲田に圧倒され、早稲田が好きになると思います!
 
志望校に早稲田を考えている高校生は是非!いや、絶対に来てください!
 
 僕は高校2年生の時に「早稲田祭2015」に実際に訪れ、
 
「もし早稲田に行けたら、こんな凄い学園祭に携わってみたい」
 
とちょっとした夢を持っていました。
 
 そして今、あの時やりたいと思ってたことをやっています。
 
そう、早稲田は「やりたいことができる場所」なんです。
やりたいことができる場所が、賛同して受け入れてくれる仲間が、やりたいことで輝ける舞台が、早稲田にはあるんです。
そんな”学生天国”が受験生のみんなを待っています。
 もう行くしかない。、、、、うん、早稲田行こー!!!!
 
 では、実践的な面にふれ、早稲田大学の英語について少し話してみようと思います。
 
 早稲田を受験する中にはもちろん東京大学など最難関国公立大学を受験する人もいます。
早稲田志望の人はこの国公立志望に勝たなければならないのです。
 
そのために重要となるのは語彙力読むスピードです。
 国公立大学の入試問題のほとんどは記述問題です。なのでやはり記述問題で国公立志望に勝るのは厳しい!
しかし、早稲田の問題はほぼ記号選択!さらに、国公立では国の規定上出てこない難単語が大量発生します。
国公立志望がつまづくであろう難単語をカバーしていれば大きな強みとなること間違いなしです!
 
 また、最近の早稲田では長文の長さが長くなっている傾向が強いです。
僕も実際政治経済学部の問題は解き終わりませんでした、、、
 
 これら早稲田の特色に対応することができれば、早稲田の問題になれていない国公立志望を圧倒することができます!
 そのために!過去問をたくさんやって経験値を積みましょう!
そしてでてきた単語は全て覚えましょう!
 
 
紺碧たちが早稲田大学合格することを願っています。
 
頑張れ受験生!
頑張れ早稲田志望!
 
「早稲田」の画像検索結果
 
 
明日は澤田担任助手です!お楽しみに!
 
 
 
 

2017年 10月 17日 センター化学を知ろう!(樺)

こんにちは、中央大学理工学部物理学科樺晋之輔です!
 
雨の日が続いていますね、こんな天気の日には気持ちが憂鬱になる人が多いと思います!
 
そんな時には、寝る前に少し音楽を聴くことをオススメします!
僕も受験期に落ち込んだ時は、心に響く歌詞の歌を聴くようにしていました。
オススメの曲は、GReeeeN『歩み』です!GReeeeNが好きなんて中学生っぽいかもしれませんが、歌詞がとてもいいです。ぜひ聴いてみてください!
 
そんな僕は現在物理学科に通っていますが、高校時代は化学が得意分野でした。中央大学に合格できたのは、化学で高得点を取れたおかげでした。
 
そこで今日のブログは、タイトルにもある通り、化学に関する基礎知識センター試験対策法をテーマに書かせていただきます!
 
序盤は、本格的に化学の勉強を始めてない人向け、後半は勉強法に困っていたり、点数が上がらなくて悩んでいる人向けとなっています!
 
ぜひ参考にしてください!
 

目次

 
1.「化学」ってなんだろう?
2.センター化学の特徴
3.点数アップのコツ
4.まとめ
 

1.「化学」ってなんだろう?

 
化学は3つの分野に分けられます。①理論化学②無機化学③有機化学、です!
 
①はとにかく計算がたくさん出てくる分野で、公式を覚えていないと素早く解けないということがあるので苦手としている人が多いです。ですが周りの人ができない分、この分野で点数を取れると差をつけられます!
 
②と③は名前が似ていますね?その違いは、メタン(CH4)などの炭素化合物を扱う分野が③で、それ以外の物質を扱うのが②です!どちらの分野も覚えなければいけないことが多いです。例えば、ある金属に酸性の液体をかけるとどんな反応をするのか、金属や液体の種類で様々な反応があるため、記憶していなければいけません(←無機化学の分野です)。
 
ちなみに、国立文系志望で化学基礎を勉強する人もいると思いますが、化学基礎に含まれるのは①の基礎的な部分のみです!
 
高校ごとでどの分野から勉強するかはバラバラだと思いますが、個人的な意見としては①→②→③の順に勉強すると頭の中で整理しやすいと思います!東進で化学の講座を取っている人はこの順番で受講を進めると思います!
 
 

2.センター化学の特徴

 
 
上の表は2017年度入試の形式です。
2016年度に続き、大問5つと選択一つの計6つの大問で100点のテストです。序盤の大問は配点が高くなっていますが、テスト全体で見ると各分野の配点は同じくらいになっています。
 
僕が考えるキーとなる大問は、大問1大問2です。その理由は、化学は基本的に頭から解いていきますが、最初の二つでこけると後半の焦りにつながります。無機・有機化学は即答できる暗記系の問題もあるので、その大問にたどり着いたときに焦ると高得点には繋がりません。また、計算問題が必ず出ます。先ほども挙げたとおり計算問題で周りとの差をつけることが可能です!だからこそ初めの二つの大問がキーになります。
 
 

3.点数アップのコツ

 
センター試験、二次試験共に点数を上げるために必要になるのは、「圧倒的情報量」だと僕は思います。
先ほど述べた通り、どの分野においても暗記力が問われる問題はかなり多いです。特にセンター試験の問題は覚えていれば3秒で解ける問題もあります。
では、どのようにすればその情報量を自分のものにできるのか?僕は次の3STEPを踏むことで、達成することができました!
 

STEP1:資料集・図表の閲覧

 (僕の愛用した図表です)
 
情報を自分のものにするためには、まずはその情報に触れる必要があります。高校ではほぼ100%、全生徒が購入することになります。あらゆる暗記事項が写真付きで掲載されている、優れた本です!
 
具体的にどのように活用するかを紹介します。学校の授業や東進での受講後、必ずその範囲を見るようにしましょう!一日の勉強内での所用時間は10〜20分です。そのくらいの時間があればある程度は頭に入ります、それでも覚えられなかったところを繰り返し見るようにしましょう!マーカーを引くのも忘れずに
 

STEP2:受講の復習・テキストの見直し

(穴が開くくらい見込んだテキストです)

僕がもっとも大事にしていたステップはこれです。知識の定着度を確認し、自分のものにするときの最強アイテムだと思います。図表などに比べ、概念的なことが把握できるのはテキストです。図表と並行して見直すのもオススメです!受講した日には所要時間30分で復習するのがベストです。テキストには例題が載っているので、復習の時間に何も見ずに解けるようになることが望ましいです。

 

STEP3:問題演習

(何周も解いた問題集)

ステップ1,2で身に着けたものが本当に発揮できるかを確認する最終ステップです。一日にやる問題演習の時間の目安は、各分野40分の計2時間です。これ以上は他の科目にも支障が出てしまいます。演習の題材は、センター試験の過去問と問題集を併用するべきです。その理由は、センター試験の形式に慣れるとともに、センターレベルではない問題から新たな知識を得られ、圧倒的情報量の確保につながるからです!

 

以上の3STEPを踏み、模試で結果を出してほしいです!!

 

まとめ

 

化学は暗記と計算の両方が出来ないとなかなか点数に繋がりません。ですが、計算問題も圧倒的情報量があればパターン化してくるので、計算ミスさえしなければ確実に点が取れます。

「化学は苦手だから出来ない」なんて思わないでください。化学はやった分だけ、情報をたくさん身に着けた分だけ、点数に現れます。このブログを参考にぜひ化学の勉強を進めて行って下さい!

(理系グループミーティングの方々にベンゼン環ポーズをやってもらいました!(笑))

明日のブログ担当は、早稲田大学中川担任助手です!お楽しみに!!

 

2017年 10月 16日 センターリスニングで満点取る方法(中山)

こんにちは。

中央大学法学部一年生の中山葉月です。

 

今日は師走並みの寒さだそうですね。

寒暖差が激しすぎて皆さんが体調を崩していないか心配です・・・。

10月29日の全国統一高校生テストに向けて必死に勉強してきたみなさんの努力が無駄にならないよう、体調管理にはこれでもかというほど気を付けていきましょうね。

 

さて、私が本日お話するのはセンターのリスニングで満点を取る方法です。

筆記試験と違って、リスニングの勉強法ってあまり目にしたり聞いたりしたことがないと思いません?

ということで今回、自分なりに問題傾向や勉強方法をまとめてみました。

リスニングの勉強法と言いつつ実はこれをやれば英語の様々な問題が解けるようになる!というような方法です!

満点まであと一歩という人も、ぜんぜんさっぱり分かりませんという人も、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

目次

1センターリスニングの特徴

2問題傾向と解き方

3リスニングができるようになる方法

 

1センターリスニングの特徴

・配点50点

(難関大志望者はだいたい満点を狙います)

・センター試験本番では一人一人に機械が配られて、イヤホンで聞きながら試験を受ける

 

2問題傾向と対策

 

 

これは去年のリスニングの問題の分析です。

(東進の過去問データベースからひっぱってきました。ここから、他の科目の分析なども見られます。http://www.toshin.com/center/)

ではそれぞれの大問ごとに解き方のコツを書いていきます。

こんなの見てもできないよ、という人のために最後にこれらができるようになる勉強法も書きますのでご心配なく。

大問1、大問2

・一語一句訳そうとするのではなく、大まかな内容を把握する

・対話がどんな状況で行われているのかイメージする(場所、話し手の感情、など)

・単語や熟語の意味を聞いた瞬間出てくるようにする

大問3

A 

・上記の大問1,2と注意すべき点は同じです。

B 

!一つの対話につき問題が三つあります!注意して聞きましょう!

・例年表や図を見て答える問題です。意外に表の意味が分からなかったりするので気をつけましょう。

 

大問4

!一つの対話につき問題が三つあります!注意して聞きましょう!

・設問を予め読んでおき、聞くべきポイントの見当をつけておく。

・一回目で聞き逃したところは二回目で確認する

 

 

3リスニングができるようになる方法

はい、ここまで具体的な解き方のポイントを書いてきましたが、これを読んでもそもそもこれを実行できないという人がいると思います。

そんな人はとにかく音読をしましょう。

音読といっても、ただ機械的に読むだけではだめです。

 

音読するときに気を付けるポイント

通訳になった気分でやりましょう!

あらかじめ知らない単語や難しい構文などは調べておいて、読みながら訳せるまで繰り返し音読します。

これができるようになるとリスニングだけではなく、長文読解をする際にもすらすら文を読むことができます!

 

それでは最後に!!

10 (と) 2 (に) (か) 9 (く) (う)(け)(よ)(う)全校統一高校生テスト  !!!!!

自分のライバルと是非受けて競ってね!!

明日のブログ担当者は、中央大学の樺担任助手です。

全国統一高校生テストまであと13日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年 10月 15日 慶應義塾大学(文系学部)の英語 (吉田)

 

こんにちは!

慶應大学吉田ひかるです。

昨日はESSサークルのディスカッション大会があって、勉強へのモチベーションが高まっています!

さて、今日はけい指す全ての方へ、少しでも勉強の参考になるよう、英語の試験対策方法などを紹介します。

以下が目次になります。

 

     ~目次~

 

1 慶應義塾大学の英語の難易度

2 学部別の試験の特徴

3 対策方法

 

1 慶應義塾大学の英語の難易度

 慶應義塾大学の英語のレベルは私立最難関と言われています。

そのうえ科目別の配点を比べると、かなり英語の配分が多いということが挙げられます。

早稲田大学と違い、学部ごとに出題傾向が大きく違うため、かなり学部に特化した学習が必要になります。

なにがそんなに慶應の英語の試験を難しくしているのかというと、長文の出題の源がThe Economist  The New York Times など、ネイティブ向けの新聞や雑誌であることが多い点でしょう。

 

2 学部別の試験の特徴

・文学部

辞書が2冊持ち込めること、そして試験時間が2時間と長いことが大きな特徴です。

辞書が持ち込めるため、本学部が第1志望の人は紙辞書に慣れておくことをお勧めします。

私が試験会場に行って1番驚いたのが、受験生の辞書を引くときの音が教室いっぱいに広がっていたことです。

かなり集中力を奪われるので、要注意です。

 

・経済学部

試験が、マーク英作文で半分ずつになっており、マーク試験で一定点を取れないと英作文を採点してもらえないということが大きな特徴です。

マークでは、長文が3題も出されるうえに英作文もその中の長文から読みとれたことをもとに作成しなくては書くのが難しくなっているので、気を付けてください。

しかしレベルは他学部より高くないため、他学部よりも合格点が高いことが特徴です。

 

・法学部

英語の配点が全体の半分であるうえに文系学部の最難関であるゆえにかなり難易度が高いです。

熟語などに関しては高い語彙レベルの知識が必要で、長文の量が多いため速読力が必要です。

また、全てややこしいマーク式なので、ひっかかりやすいのも特徴です。

 

・商学部

 

商学部の英語は、長文が比較的解きやすいものと言われています。

語彙力は他学部に比べるとそこまで高くは求められていません。

しかし、速読力がないと試験時間内に解くことが難しいので、演習量を重ねることが必要です。

 

3 対策方法

 

全体として、語彙力や熟語力は高いものが求められますが、学部ごとの傾向が大きく違ううえに、語彙も学部に関係あるものが特に解くうえでのキーとなるので、たくさんの過去問演習が欠かせません。

その前に何をすればいいか?

それは、スタンダードな英語の学習でかまいません。

単語、熟語、文法の知識を固め、長文で発揮し、たくさん音読をして(日30分、演説をするかのように)英作文で英語での思考力をつける。

 

ちなみに、私は高校3年になってから音読をしなかったことはないくらい音読をして、英作文も第3者に添削をたくさん頼むなどして、反復する学習を心がけました。

 

単語力に関しては、東大受験者と同じくらいの知識を付けることを徹底しました。

 

過去問は、第1・2志望どちらも慶應だったのですが、どちらも20年分くらい解きました!!

この演習量が本番の自信につながりました!

慶應の入試だからといっても、基礎力がついたらあとは過去問を分析して、自分で慣れていくことが何よりも重要です。

 

 

 

それでは最後に!!

10 (と) 2 (に) (か) 9 (く) (う)(け)(よ)(う)全校統一高校生テスト  !!!!!

自分のライバルと是非受けて競ってね!!

明日のブログ担当者は、中央大学中山担任助手です。