4月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 2018年04月の記事一覧

2018年 4月 20日 私が東進を選んだ理由(澤田)

こんにちは!日本女子大学文学部2年の澤田です!
 
今週のテーマは「私が東進を選んだ理由」です!
読んでる東進生のみなさんもよかったら一緒に東進に入塾した時のことを思い出して読んでくれると嬉しいです?
また、まだ東進に入ろうか迷ってる方も是非参考までに読んでみてください!
 
私が入塾したのは今から2年以上前の2016年のセンター試験同日模試を受けるために友達にたまたま「新宿にしよう!」と言われたため新宿エルタワー校に足を運んだのがキッカケです!
 
友達には今でも東進のセンター同日模試を誘ってくれたことを感謝しています!(^^)!
 
センター試験同日の申し込みをしてすぐに連絡があり、校舎に行き社員さんと面談しました!
その時「君なら早稲田指せるよ!!」とすごく言われて、戸惑い半分ここなら頑張れるかもと思いました。
 
ですが、その時の私の学力は偏差値40くらいしかなく、お世辞にも頭がいいとは言えませんでした。
そのため志望校は何となく成蹊大学にしていました。
次東進に来校した時に東進の方に「そんな考えなら落ちる!」と説教されました。
正直怒られた時は驚いたのですが、こんなにも親身になって考えてくれるんだと嬉しい気持ちになったのを覚えています。
 
その時「自分が本当に行きたい学校を考えてきなさい」と言われました。
その後の面談で立教大学に志望することに決めました。
いまでも担当の先生の喜んだ顔は忘れられません!
 
私はこのような経緯で東進に入学することを決めました。
つらい時は入学時のことを思い出して、初心に帰るようにしていました!
みなさんも是非初心に帰って見てください!
 
明日のブログは明治大学伊藤くんです!お楽しみに!
 
 
 

2018年 4月 18日 私が東進を選んだわけ(木原)

こんにちは、木原です。
 
ここ2日間寒いですね。
また明日から急に気温が上がると聞きました。体調には気をつけましょう?
 
 
さて、今週のテーマは「私が東進を選んだわけ」です。
 
私は今から約2年半前の高2の夏に入学しました。
その当時は、部活に全力で勉強は正直全然やっていませんでした。
というのも、3年生が6月で引退のため新チームになったばかりで練習がとても楽しかったからです。
 
そんな部活が楽しい期の中、成績の方は落ちていくばかり。2年生の一学期のテストはとても酷かったのを覚えています。
「受験まであと1年半だ。これはやばい。勉強しなきゃ」と思いました。
 
 
しかし、やり方が分からない。自分が手を出せる範囲で勉強をしても力になっているかが分からないためモチベーションが保たれずに、集中力の欠けた勉強しかできませんでした。
 
こうした経緯があり高2の私は、予備校を探すことを決意。
 
なんとなくネットで、「予備校 大学受験 新宿」と検索したらいくつかの予備校が出てきました。
 
たくさんの予備校のページを漁る中、
部活で忙しいというのを一番に考えると映像授業の東進が一番合っているのではないか?と思い「夏期特別招待講習」の申し込みをしました。
 
夏休み中はほぼ毎日部活をし、部活後に東進に行くという生活をしてました。
 
その夏は、人生の中で部活と勉強の両立を頑張った経験になり、「ここなら受験まで頑張っていける」と自信になりました。
 
いつもなら疲れて寝てしまったりダラけてしまってた生活が一変しました。当時は環境を変えることがこんなにも勉強意識が変わるのかと自分でも驚いたのを覚えています。
 
 
私が東進に入った理由は割と典型的で、同じような理由で入学を決めた人も多くいると思います。
 
東進生の中で、このブログを読んで自分もそうだったなーと思う人も多くいるのではないでしょうか?
 
 
東進に入って頑張る!と決めた日は、受験に向けて頑張ると決めた日でもあります。
 
最近モチベーションが下がってきてしまっている、さらにやる気を上げてもっと頑張りたい!と思っている人は初心の頃を思い出してエンジンかけ直してみてはいかがでしょう?
 
4月ももう後半戦!毎日頑張っていきましょう?
 
 
明日のブログ担当は、日本女子大学の澤田担任助手です。お楽しみ!
 

2018年 4月 17日 新担任助手自己紹介(鈴木)

初めまして!
この春から新宿エルタワー校で担任助手を務めます
早稲田大学政治経済学部政治学科1年の鈴木筍太郎と申します!
まず、自己紹介させていただきます。
 
出身高校:宝仙学園理数インター
部活:卓球部で部長を務めていました
趣味:読書、映画鑑賞
得意科目:日本史、国語
 
私は高2始めに、当時志望校であった京都大学受験のための英語補強を目的として、東進に入塾しました。
そこから紆余曲折あり慶応大学法学部を志したもの、思い届かず現在早稲田大学に通っている次第ですが、とても楽しいキャンパスライフを送っています!
 
今日はそんな自分の受験生活を振り返り、して良かったことと、すべきでなかったなと後悔していることを1つずつ紹介したいと思います。
 
まず
して良かったことは、
 
時間量あたりにどれだけ自分ができるか、ということにこだわり常に勉強の質をセルフチェックしていたこと
 
です。受験生活においては毎日朝起きてから寝るまでひたすら机に向かうわけですが、それだけ長い間勉強するのは、皆さん生まれてから今まで経験したことがないのではないでしょうか。そうすると、やっている間に時間感覚が麻痺し、気づいたら1日終わってた、なんてことになりかねません。
 
私がこのような事態を防ぐために、実践していたことは、
課題に対して、少し自分には厳しいくらいの時間制限をかけること
です。常にストップウォッチを使って自分にプレッシャーをかけることで、単位時間あたりの勉強内容を最大限のものしようと努力していました。
具体的な数値を一例として出すと、センター英語を55分でやっていたりしました。
 
次にすべきでなかった、と後悔していることは
人と比べること、
です。
私は高2の終わりから高3の夏休み前まで学校での模試が1位であることが多かったのですが、受験の天王山と言われる夏休みが終わったあたりから、どうも調子が上がらなくライバルに順位を抜かれることが多くなりました。
これに対しあいつはあんなに出来ているのに、と自分を卑下するような心持ちで日々生活していて、この時期というのは自分で受験イヤイヤ期と名付けているくらい、勉強が嫌いになっていました。
 
しかしある時、スポーツなどと違って受験は単に自分とだけ戦えばいいんだ、ということに気づき開き直ることができたため、なんとか受験シーズンまでに復調することができました。
 
 
受験生活では日々自分と向き合う中でどうして自分はできないんだ、と思う事が少なからずあると思います。
しかし案外こういう時は、文字に書き出してみたり、人に相談してみたりするとスッキリするものです!
勉強するのはもちろん皆さん自身ですが、勉強方法やモチベーションについての悩み、その他何かぼんやりとした不安がある時など、いつでもなんでも相談してください。全力でサポートします!
 
微力ではありますが、これから一緒に頑張っていきましょう!
 
明日のブログは、立教大学2年の木原担任助手です。
 
 
ぜひご覧ください!
 

2018年 4月 16日 YOUは何しに東進へ(福井)

はじめまして!慶應義塾大学商学部1年福井雄也です。

まず、少し自己紹介をさせていただきます。

高校:都立白鷗高校

部活:吹奏楽部、ピアノ部

趣味:ピアノ

受験科目:英語、国語、世界史、小論文

 

所属していた吹奏楽部は、管楽合奏コンテストという秋の全国大会に出場しました!私たちの学年が初出場となり、多忙な高校生活を過ごしました。そんな高校生活も終わり、大学ではテニスサークルに入っています。中学生のころにテニス部に所属していた経験を活かしたいと思い、テニスサークルに入りました。幅広い話が出来ると思うので、是非話しかけてください。

 

さて、今回のテーマは「私が東進を選んだわけ」です。

 

高校一年生のころから大学受験への意識があり、高校一年の夏に志望校決定をしました。一年間一生懸命に勉強しましたが、高校一年生の頃に受けたセンター同日模試で志望校と自分の実力の差を実感し、効率の良い勉強法を見つけるために塾を探し始めました。当時、吹奏楽部に所属しており部活動が忙しかったため、スケジュール調整の利く東進ハイスクールに入塾しました。

 

他塾のビデオ学習ではなく、東進ハイスクールを選んだ理由は、自宅受講が出来ることです。部活動が朝から晩まである日、帰宅後に受講することが可能で、自分のペースで学習を進めることが出来ました。さらに登下校中の電車で、自分のiPhoneで授業を見直し予習・復習などが出来ました。

 

さらに東進ハイスクールの高速基礎マスターというコンテンツによって、自分では確認しにくい基礎力の定着を確認することが出来ました。

 

東進ハイスクールのコンテンツによって、基礎から応用までを身に付けることができ大学合格に繋がったと思います。

 

大学では、簿記や経営学などを学びながら英語とスペイン語とドイツ語を学んでいます。留学を考えているので、大学受験を終えた今でも勉学に励んでおり、皆さんと切磋琢磨していければよいなと思います!

 

明日は、早稲田大学政治経済学部1年生鈴木筍太郎担任助手です。

 


2018年 4月 15日 主観と客観(吉瀬)

こんにちは!農工大2年の吉瀬です!

↑今日の写真は昨日の在校時間ランキングにかろうじて載っていた(笑)生徒に写ってもらいました!

 

 

新学年としての生活にも慣れてきたでしょうか。

僕にも後輩ができたので一層精進していきたいと思います!

さて、今週は「私の好きな言葉」シリーズでお送りしてきました。

 

今日、僕が紹介したいのは高校生のときにサッカー部の顧問の先生に言われた言葉です。

それが

「痛みは主観」

というものです。

 

スポーツならなんでも怪我はつきものですよね。

しかしだからと言って怪我ばかりしているような選手は監督からの信頼も得られません。

 

仮に自分と他の選手が同じくらいの痛みを抱えているとします。

それが自分にとってはプレーも困難なような痛みだっただとしても、他の選手にとっては我慢できる程度に感じるかもしれませんよね。

また、自分と他の選手が同じくらい努力しているとき、自分にとっては限界まで努力しているつもりでも、他の選手にとってはまだ余力があるなと感じているかも知れないですよね。

そういった意味でやはり「痛みは主観」です。

もちろん無理をしすぎてその後の活動に支障が出るようでは本末転倒ですが、自分が満足したり、妥協したりしている状況でも他の人がそうではないと感じていたら努力量に差が開いてしまいますよね。

 

この話を聞く前までは、自分がサッカー部で唯一の特進コースだということもあって

自分は部活だけなく勉強もしないといけないから

と言って、居残り練や自主練をさぼっていました。

ところがこの話を聞いてから、自分はまだできるのではないかなという疑問をもちながら過ごすようになり、夜は校舎に来て勉強する代わりに朝は早く起きてボールを蹴るようにしました!

 

このように、主観的な評価だけではなく客観的な評価も意識することはとても大切なことです。

みなさんは今どのくらい努力ができていますか?

「自分なりにはがんばっている」というのは主観的な評価で、それだけでは不十分です。

では、勉強における客観的な評価とは何かわかりますか?(何回か説明があったはずなのでわかってほしいですが)

 

 

 

 

 

 

 

 

向上得点!

ですよね。

皆さんの向上得点はどれくらいですか?

4月になってからの向上得点が高い生徒は既に40点以上とっています。

もし自分としてはがんばっていると思っていた人も向上得点が伴っていなければそれはまだまだです。

 

4月の模試まで今日でちょうどあと1週間ですね。

この模試の結果次第ではセンター試験の過去問演習を始められるという人も多いと思います。残りの1週間でできる最大限の努力をして模試を迎えてください!

 

来週からのブログは僕たち担任助手の原点に返って「なぜ東進に通い始めたのか」について書いていきます。

明日は慶応大学商学部1年生の福井担任助手です。おたのしみに!