7月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 2018年07月の記事一覧

2018年 7月 31日 基礎基本の徹底~古文編~(西村)

こんにちは!

社員の西村です(^^)/

みなさん夏休みをどうお過ごしでしょうか。

8月26日(日)は、センター試験本番レベル模試。

本日は、この第一志望合格への中間点となる模試までに、みなさんがしっかりと成績を伸ばせるよう、

古文の勉強法をお話ししたいと思います!

①動詞の活用→助動詞の活用の暗記

…なんといってもこれにつきます。むしろここを完璧にすればあとは古文単語さえ覚えてしまえばもうほとんどの文章を読めちゃいます。

ただ、古文の難しいところは、全ての文法事項が芋づる式に繋がっていて

1つでもわからないものがあると全てわからない(1つでもわからない活用や助動詞、動詞の種類があると、その下の助動詞も判別できない)ということが多々あるところです…!

基礎のインプットの漏れが少しでもあると文意を簡単に読み間違える事があり、古文の点数が安定しません。

例えば、以下2文の「ぬ」の識別、皆さんはできますか?

1 花咲かぬ。

2 花咲きぬ。

「ぬ」という助動詞は、打消の助動詞の連体形、完了の助動詞の終止形…など、いろいろありますが、

打消が未然形、完了は連用形の動詞の下につくという決まりがあります。

これを頭でわかっていたとしても、じゃあ直前の動詞の活用が何形かわからない!なんてことがあったら、

助動詞の判別もできません(例文は四段活用のとっても簡単な動詞ですが、これがカ変、サ変、下二段…の動詞だったらいかがでしょうか。ぱっと連用形の形、未然形の形がでてきますか?カ変の代表的な動詞、「来」の活用は「こ き く くる くれ こ」

ですが、これが漢字で書かれていた場合、「来 来 来 来る 来れ 来」になります。漢字で表記された場合、未然と連用ってどう見分けるの?答えられますか?)

というように、高校に入ってはじめのはじめ(なんなら中学)で習った動詞の活用が少しでも抜けていると、

どれだけ助動詞や応用的な文法を完璧にしていても、文章を訳すというところまでいけないことが多々あります。

 

だ・か・ら

「動詞の活用」を完璧にした上での→「助動詞の活用」のインプットがとっても大切です。

では、動詞の活用はどのようにして覚えたらよいでしょうか。

 

古文が大得意だった西村からしても、ここには近道はありません…(ごめんなさい)

私は、学校で配られていた文法書にある動詞の活用表と、助動詞の活用表をコピーして、

緑ペンでぬりぬりし、赤シートで隠しながら何度も何度も暗記しました。

あとは、参考書でも受講のテキストでもなんでもいいので、助動詞の概念理解がさらえるものを1冊完璧にしましょう!

 

②古文単語の暗記

文法事項が完璧にインプットできたら、古文単語を覚えましょう。

自分に合った単語帳を1冊完璧にしてほしいのですが、400~500語ぐらいが覚えられるものをチョイスしましょう!

また、古文単語は、漢字とリンクして覚えると覚えやすくなります。

例えば

ありがたし(古)→有り難し→有るのが難しい→めったにない、めったにないほど素晴らしい(現)

というような訳になります。

「ありがたし」だけだと、現在使っている言葉のイメージでは単純に

「ありがたい」というように解釈してしまいがちで、覚えるのが大変ですが、

漢字とリンクさせて覚えると、古語の訳がすんなり入ってくるようになりますよ!

ですので、単語帳を選ぶときはぜひ、漢字表記もあるような単語帳を選んでみてください!

 

…ということで、今日は本当に基礎の基礎のあたりまえのことを書いてしまったのですが、

…こういった基礎というのは、ある程度まとまった時間がある時や、過去問演習等のアウトプットに入る前の時期に完璧にしなければならないものです。

そして、まさに「今」

夏休みは、基礎基本を徹底的に固める、ラストチャンスです。

(特に受験生!)

受験まで残り〇日…などと毎日考えていて、あせってはやくゴールレベルの問題を解きたい気持ちもとってもわかりますが、

急がば回れです。

着実に基礎を固めていきましょう。この夏の基礎固めが、必ず春に実を結びます。

古文だけでなく、全ての科目の基礎固めを、ぜひこの夏は頑張ってみて下さい!

皆さんのこの夏の頑張りを、心より応援しております。

明日のブログは、担任助手の木原くんです!(写真の右側、生徒と一緒に勉強している人です!)

お楽しみに!

 
 

 

2018年 7月 30日 現代文過去問復習法(新倉)

こんにちは、東京大学2年の新倉仁美です!

 

今回は、現代文の過去問の復習法について
書いていきたいと思います。

 

現代文は、東進の過去問演習講座を取っていれば、
有名講師の分かりやすい解説授業は聞けますが、
復習はなんとなくメモや文章を見直すだけになってしまいがちですよね。

 

それでは志望校からの唯一のメッセージである過去問を活用しきれるとは言えません。。
 
ということで、私が行っていた復習方法を紹介しますね。
解説授業を受けて手元にメモがあるという状態からスタートです。

 

①文章に先生のメモや線がある状態で、全問の解説を頭の中で再現

 

ここまではみなさんやりますよね。

 

②何も書き込みのない文章や問題を手元に、

根拠や論理展開を書き込み、多少雑でも実際にもう一度書いてみる

 

ここまでやりましょう。

 

なんとなく解答を思い浮かべるだけなら、授業の咀嚼が中途半端でもできてしまいます。

 

でも、まっさらな文章からもう一度根拠や論理展開を追っていくことは予想以上に大変です。

 

さらに、もう一度書こうとすると、手が止まってしまうことも多いと思います。

 

でも、これができるようになるまで、時間をおいてやり直し続けましょう。
講師の授業が再現できるようになれば完璧です。

 

 

ここからは私の所感であり、東大志望の人に特に聞いてもらいたいのですが、
現代文も突き詰めれば、解答を出す方法って限られていると思います。
10年分以上過去問をやり、解法をきちんと吸収できていれば、
「ああ、またあのパターンの問題か。前と解法そっくりじゃん」
という状態になれるはずです。

 

ここまでくれば、緊張しようが安定した点数が取れるようになると思います。

 

現代文に多くの時間を割ける人は少ないと思います。

 

だからこそ、過去問演習という最低限の演習で、最大限の収穫を得て、揺らがない実力をつけていきましょう。
 
明日のブログは社員の西村さんです!お楽しみに。
 
 

2018年 7月 27日 東進の鶴です(鶴)

 

皆さんこんにちは、早稲田大学創造理工学部1年生です。

ここ2日間少し涼しくなっていますが皆さん風邪など引いていませんでしょうか??

夏休みが始まってしばらくたった今、体調不良で勉強のペースにブレーキをかけてしまわないように気をつけましょう。

 

 

さて、まだ早いと感じる方もいるかもしれませんが、夏休みの残り日数を意識したことはありますか??

今日7月27日の時点で夏休みは残り36日となってい

ます。この日数を皆さんはどのように感じますか??まだまだと感じる人意外と少ないなと感じる人、それぞれいるでしょう。そこでみなさんに問いたいのは

 

「予定、立てていますか??」

 

ということです。この夏休みは受験生の皆さんにとってはもちろん、低学年の皆さんにとってもまとまって自分で学習を進めることの出来る非常に貴重な時間です。

その貴重な時間を最大限に有効活用するために大切なことは何でしょうか??

 

私が皆さんに強くオススメしたいのは「予定を立てる」ということです。夏休みが終わった後、もしくはその直前になって「あぁ、、やりたかったことを全てやりきれなかった、、」という思いをしてしまうような状況は非常にもったいなく、また受験本番を見据えても厳しい状態に追い込まれてしまいます。

この状況を避けるためには少しでも早く、そして可能な限り詳細に予定を立てる。さらにその予定を確実にこなしていく必要があります。6月模試やその後の模試を踏まえて立てた勉強計画の大枠に従って毎日の詳しい予定を立てるところから今年の夏をはじめて見ましょう!!

明日は立教大学経済学部木原担任助手です、お楽しみに!!

 
 
 

2018年 7月 26日 徹底的に!(樺)

こんにちは、中央大学理工学部物理学科に通っています、樺晋之輔です!

最近は暑い日が続いていますが、水分をしっかり取って、日々勉強に取り組んでください!

さて、今日は「夏休みの過ごし方」について書かせていただきます!

みなさんは「夏休みの過ごし方」をちゃんと考えて行動できていますか?夏休みはとにかく時間があります。その時間をどのように有効活用するかがとても重要です!

では、今回のブログで2年前の僕の夏休みを紹介します!少しでもみなさんの参考になればと思います!

2年前は僕もバリバリの受験生でした。でもまだまだ実力は伸びておらず、かなり苦労していた時期でした。

6月模試で失敗をして、絶対に8月模試で取り返すんだと意気込んだのは良かったのですが、何をすればいいのかをあまり考えられていませんでした。僕のような状態の人も中にはいると思います。

そんな時、担任助手の方からの助言で、8月模試で結果を出すためには「圧倒的演習量」が必要だということで、「センター過去問演習講座」を始めました!夏の学習のほとんどをセンター過去問演習講座に費やしていました。

ここまでは、いたって普通の東進生だと感じると思います。ですが、僕は「徹底度」でいったらかなりの自信があります。

「一日に2つ長文を解く」とか「数学の大問を3つやる」とか、そんなレベルで進めていたらダメだと思い、ただただ「徹底的に」センター過去問演習講座に取り組みました。

具体的には、必ず朝登校をしてまずは演習時間を確保して、登校直後に問題を大量印刷していました。苦手な分野を特に取り組んでいて、英語の長文を一日に何題も解いたり、ベクトルを満点が取れるまで演習したら、自分でもかなり頑張っていたと思います。

「徹底的に」やることの大切さは伝わったと思いますが、それだけでは点数アップには繋がりません!自分は「復習」にも力を入れていました!

解説を細部まで読み込み、間違えた問題は時間が経ったら再度解いたり、似た傾向の問題でもミスがないかを確認しながら演習をしていました!

最終的には、夏の間で受験科目の過去問10年分をしっかりとやりきり、大問別演習で苦手を克服し、特に数学Ⅰ・Aについては過去問で満点が取れるまでに成長しました!

 

ここまでで紹介したように、センター過去問に「徹底的に」取り組むことはとても大切ですが、ただやるのではなく「点数をあげるんだ!」という意識がなによりも質を高めてくれます!

みなさんの夏の頑張りに期待しています、僕も全力でサポートします!一緒に頑張ろう!

 

明日のブログは、早稲田大学鶴担任助手が書いてくれます!お楽しみに!

 

 

 
 
 
 
 

2018年 7月 25日 当たり前の事(清藤)

 

こんにちは!東京大学理科一類教養学部一年の清藤です。

7月もそろそろ終わりますが、皆さん勉強の調子はいかがでしょうか?
 
もちろん皆さんの勉強意欲は高いと信じていますが、それだけでは学力を向上させることは出来ません。やはり量だけでなく、も高めて勉強することが最強です。
というわけで今回は、皆さんの「質」が少しでも向上するように、私の受験生時代の経験も踏まえてアドバイスをしたいと思います。ここで注意して欲しいのですが、私が言うアドバイスというのは自分にとって効果があっただけであって、皆さんにも効果があるかはわからないということです。ぜひ、アドバイスの良し悪しを自分で判断して、吸収できるなと思ったところを実践して見てください。
 
皆さん、勉強する上で大切なことはなんでしょうか?
それは「分からないことをその場で理解すること」です。(前のブログでも似たようなことを言ったかもしれません)
当たり前かつ面白くなさすぎて、わざわざ書くのも恥ずかしいですが、結局ここに落ち着くと思います。
つまり、どの科目においても、一度あることを学んだときに理解し尽くすまで止めないと言うことです。これは意外に難しいものです。
要因として、
①分かった気になって次に進んでしまう
②ある程度時間をかけても理解できず、理解を先延ばしにしてしまう
などが挙げられると思います。
 
これを解決するには自問自答を繰り返すしかないと思います。
具体的に言うと、「人に教えられる自信があるほど理解したか」と自分に問うことです。
その自信を確認するために、私は何か学んだときにノートの余白などに、その学んだことをまとめていました。個人的にスムーズに学んだことをまとめることができれば、それは理解したと言ってもいいと思います。また、まとめられなかった時は、参考書・ネット・人など色々なものを頼りにして、まとめられるまでその分野について調べていました。
 
以上のことを行なっていればまず「質」は確保できると私は信じています。
皆さんがここから何か学び取って、飛躍的躍進をしてくれることを願っています。
 
明日は中央大学理工学部物理学科の樺担任助手です。お楽しみに!