4月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 2018年04月の記事一覧

2018年 4月 30日 はじめまして!(結城)

はじめまして、東京大学後期教養学部に通っている結城航と申します!!

自分は高田馬場校で4年間担任助手を務めていたのですが、今年から新宿エルタワー校で働くことになりました。

 

↑本日のグループミーティングの様子です!みんなで満点を取りました!!!

 

とりあえず軽く自己紹介をします。

 

出身高校:駒場東邦高等学校(中高一貫の男子校)

部活:演劇同好会

東進入学時期:高1の2月

サークル:軽音サークル(4年の仲村君と同じ)

趣味:音楽鑑賞 楽器 映画 旅行

得意科目:英語数学物理

といったところです。その他は是非直接お話ししましょう!!

 

こんなタイミングで自己紹介だし、はて何を書いたものかと悩んでいたのですが、

今回は、折角自分がそうだったので受験勉強の

早期スタートの重要性

について話していこうかと思います。

 

そもそもなぜ勉強をするかの理由はさておき、何故受験勉強をするかと問われれば

もちろん第一志望に合格することが主な目的としてあげられます。

 

ではなぜ、早期からスタートするのか。

早期からスタートした方が伸びるのがはやくなる(スケジュールを前倒しできる)

と考えれば当然の事でしょうが

それではかなり浅い答えになってしまいます。

そして勿論ただスタートするわけではないです、かといって高校1年生から

受験生の様に学習する必要も必ずしもありません。

とにかく必要な量を早期にこなしておくことが重要なのです。

 

 

この表がすべてを物語っています。

現役合格者は高2で受験生の様に学習をしているわけではないですが

最低限をこなしています。

 

では何をやるのかと問われれば、この表からわかるように、難関大に合格する生徒は

低学年の内に英語を含む基礎科目にけりをつけているのです。

 

ハッキリ言って、

受験生になって「頑張ってなんとかする」は普通の吸収力では無理です。

(これで間にあう人の方がよっぽど天才です)

自分はちなみに高1から化学をはじめました、

早期に基礎を固めておく重要性、お分かりいただけたでしょうか・・?

近年は私大入試の定員削減に伴う難化も受けて、現状は厳しくなる一方です。

まだ低学年だから・・と慢心せず自分はどうしたいのか、今一度考えてみて下さいね。

 

新宿エルタワー校 担任助手5年 結城航

 

明日のブログは新開君です!こうご期待!!

 

2018年 4月 29日 一年前の春を振り返って(福井)

 

こんにちは!

慶應義塾大学商学部1年福井雄也です。

大学生活が始まって1ヶ月が経とうとしています。勉強とサークル、東進の担任助手と色々なことに取り組んでいますが、毎日が充実していて楽しいです。皆さんも進学や進級して1ヶ月が経とうとしていると思いますが、新生活に慣れましたか?この時期は体調を崩しやすいので、勉強をしながら体調もしっかりと管理しましょう!

さて、今回のテーマは「一年前を振り返って」です。

私は、4月~5月で良いスタートダッシュが出来たので大学に合格できたのだと思います。つまり、それほど高校3年性の春は受験において大切な時期である、という事です。

そんな私の高校3年生の春を皆さんにお伝えしたいと思います。

高校3年生の4月

私は高校2年生の3月に部活を引退したので、4月中は今まで部活に取り組んでいた時間を全て勉強に充てました。そして、4月下旬にあるセンター試験本番レベル模試で英語の点数が8割を超えるように必死に勉強をしました。内容としては、通期講座の受講高速基礎マスター(上級英単語、上級英熟語)です。センター試験のレベルに合わせて基礎力を固めることを中心に勉強しました。しかし、4月の模試の結果は、148点でした。目標を達成できなかったことが悔しくて、模試後から更に熱心に勉強に取り組みました。

4月のセンター試験本番レベル模試の後

模試後、英語で8割以上を取るためには何が必要なのかをとにかく考え続けました。考えた末、結局至った自分の中での答えが、センター過去問演習講座でした。センター過去問演習講座で問題の傾向や時間配分を掴み問題自体に慣れることで、解答速度を増し正確性を高めることが出来ました。私は、GW明けからセンター過去問講座を始められるように、GWが明ける前に通期講座を終わらせることに努めました。

予定通りGW明けまでに通期講座を終わらせ、センター過去問演習講座を始めてから点数が一気に伸び始め、6月のセンター試験本番レベル模試では175点を取ることが出来ました。

センターの過去問演習をGW明けから始めることで夏までに弱点の補強や全学習範囲を修了する余裕ができました。

私は、東進ハイスクール独自の勝利の方程式(知らない人はスタッフまで!!)を意識しながら受験勉強に取り組んでいました。それが慶應義塾大学合格に繋がったと思います。

最後にもう1つ、私の英語の点数が大きく伸びたきっかけがあります。

              それは、夏期合宿です!

私は4月のセンター試験本番レベル模試失敗した後、担任助手の方から夏期合宿を薦められ、参加を決意しました。

夏期合宿のクラス分けが6月のセンター試験本番レベル模試の点数で行われるため、その模試に向けて誰よりもモチベーションを高めて勉強することができました。さらに夏期合宿で安河内先生から直々に英語学習のknow-howを教わり、受験勉強の効率化を図ることができました。

この時期の努力が、本番にまで影響していきます。本番まで時間がある今こそ、目標を持って頑張りましょう!!

明日のブログ担当は、東京大学理科Ⅰ類結城担任助手です。

2018年 4月 28日 2年前にタイムスリップ(樺)

こんにちは、中央大学理工学部物理学科に通っています、樺晋之輔です!

 

本日は4/28、みなさん何の日か知ってますか??

正解は「洗車の日」です!4/28=よい艶という語呂合わせから洗車の日と呼ばれています。

僕は車の免許を持っていないので、いつかはカッコいい車を購入してぜひ洗車してみたいなと思います!(笑)

 

雑談はこのくらいにして、今日のブログの内容に入っていきます!

今週は月曜日から「受験生だった頃の4月を振り返る」ということで盛り上がっていますが、振り返るということで自分なりに2年前の4月にタイムスリップをしてみて、このブログを読んでくれているみなさんに少しでも有意義なことを伝えられたらなと思います!

2年前の4月というのは僕が高校3年生になってすぐの時期で、東進に入学してから2ヶ月しか経っていないというタイミングです。

高校の勉強、部活、東進の受講など様々なものを両立するために必死になっていました。

必死になっていたのは良かったと思うのですが、いかんせん効率が悪く、4月の模試ではあまり点数の伸びは見られませんでした・・

現在進行形でがんばっているみなさんにネガティブな発言をしてしまいましたが、良かったことが二つあります。

一つ目は先ほども挙げたとおり、模試の結果から自分の効率の悪さに気づけたことです。

その改善を5月から行なっていきましたが、そこで活用をしたのが「週間予定シート」です。とにかく丁寧に書きました。自分がこの受講にどれくらいかかるのか、問題集はどのくらいの時間やるのか、すべてを考えたうえで、しっかりと週間予定シートに反映させました。

それによって、一日にやることが明確になるとともに、スキマ時間の活用に繋がったり、最終的には6月模試の点数アップにつながりました。

よかったことの二つ目は、点数の伸びがなかった中でも数学だけは同日受験から20点ほど伸びました!!

その理由はただ一つ、数学計算演習を頑張ったからです!

以前、数学計算演習のブログを書いたのですが、計算力と計算スピードがめちゃくちゃ伸びました。

この時期にやってよかったのは、夏休みに行なったセンター試験対策をスムーズにできたことです!

センター試験の問題を解くには、計算力とスピードが何より重要です。数学計算演習はこの時期にやるからこそ、今後の準備になります。まずは怖がらずに触れてみて下さい!!

 

2年前の4月にタイムスリップしてみましたが、やはりこの時期にがんばったことによって良い結果が生まれたのは本当によかったなと今でも思います。

この4月に頑張れなかった人は5月からまたエンジンを全開にして取り組んでみましょう!応援しています!

 

明日のブログは、慶應大学の福井担任助手が書いてくれます、お楽しみに!

2018年 4月 27日 今こそ、頑張り時!!(原田)

こんにちは!

学習院大学文学部に通っている原田奈穂子です(*^_^*)

4月模試も終わりました。思うように結果が出なかった人は、今回の模試の反省を活かして6月模試で必ず結果を出しましょう!!!

今回、点数が上がった人は得意な教科を更に伸ばす工夫をしつつ、他教科も強みにしていきましょう(^O^)

今回のテーマは〝自分の高校3年生の4月を振り返って〟です!もう2年前のことになりますが、思い出してみると意外と鮮明に記憶に残っています❀✿

私の高校3年生、4月。。。

高2の2月の時点で英語が80点だったのに比べ、4月模試で120点程取ることが出来、春休みの努力が実った!と喜んでいた頃でした。

私の春休みの生活はというと、ほぼ毎日部活があったため、午後に部活がある日は8:30から校舎に来て、2時間程勉強し、そこから部活へ向かい、部活が終わったら戻ってくるといった東進と高校を行ったり来たりの生活をしていました。部活生ではない人に比べると、勉強をする時間はあまり取れていないかもしれませんが、その分時間を効率良く使うことだけは意識していました。

どう効率良く使おうかなと考えた結果が、〝毎日ノートに勉強することやその時間を記す〟というやり方です。これをすることで、自分のその日に達成しなければならないノルマを、必ずこなして帰らないといけない!といった使命感に駆られます。毎日続けると、そのうち時間への意識が生まれ、日々を予定通り過ごす事が出来るようになってきます( ˙ ˙˵ )

今、部活生で忙しくて時間がない人も、自分でどう効率良く勉強するかを考えて実行に移していくだけで、6月の模試でいくらでも点数を上げていくことが出来ます。

まずは、4月の模試の自己分析をしっかりすること。どこをどの様に間違えていたのか、時間配分が足りなかったから解けていなかったのかを考えていかないと、現実の点数から目を背けてばかりでは、伸び代があるものも伸びてはいきません。

そろそろ、ゴールデンウィークが始まりますね♪♪ゴールデンウィークは、仮想夏休み期間です。

夏休みはどのくらい勉強するか知っていますか?

1日約15時間です!!7月からいきなり朝登校をして、それを毎日続けるというのはなかなか慣れなくて大変だと思います。なので、今のうちから体を慣らしていくことも大切です。

8月で合格点を突破するためにも、今から気合いを入れ直して頑張っていきましょう!!!

お次のブログ担当は、中央大学理工学部担任助手です!!

します。限られた時間を「メリハリ」にこだわって密度の濃いものにして行きましょう!!

 

 

2018年 4月 26日 メリっとハリっと(鶴)

 
皆さんこんにちは!!
 
早稲田大学創造理工学部経営システム工学科1年です。
 
今回は、部活動を続けながら東進で受験勉強をしていた私が、この時期どのような生活を送っていたかをお伝えします!!高3生、特に部活生のみなさんは参考にしてみてください!!
以下が大まかな生活サイクルです。
 
こんな感じです!!ここで私が特に意識していて、さらにみなさんにも意識して欲しいのが「メリハリ」です。校舎にいる間は、受講時間や高速基礎マスター講座に取り組む時間を固定して、ご飯を食べるなど休む時間は、時間を決めてしっかり休む。また移動時間は、乗り換えがある人は路線ごとなどで分けて、ない人は時間を決めて休む時間、勉強する時間を決めてしまいましょう!!
こういう風に時間と場所を固定してルーティーン化するということが集中力の向上に繋がります!!
また、この癖を4月の今からつけ始めていけば、夏休みをより効率的に使うことができます。夏休みという期間は自分で何をするか決められる時間が学期中に比べ、格段に増えます。その時間の使い方を、“夏休みが始まる前”までに身につけてしましましょう!!
また受験までの残り時間という面でも、センター試験までで数えて267日、これは週になおすと約40週です。たしかにこの日数は多くはありません。しかし無駄にできる時間がないほど、実現性の高い計画を建て、実行する必要があります。
ここまでは主に受験生向けでしたが、この力を鍛え始めるのに早すぎるということは決してありません!!低学年のみなさんも、ぜひ時間と場所の固定によるメリハリの効いたタスク固定に挑戦してみてください!!
繰り返します。限られた時間を「メリハリ」にこだわって密度の濃いものにして行きましょう!!