2月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 2018年02月の記事一覧

2018年 2月 28日 暗記科目のコツ(伊橋)

おひさしぶりです。

明治大学3年の伊橋です。

↑今日の写真は昨日1800を完全修得した生徒と撮ってもらいました!まだまだ満足していない様子がうかがえたので今後も期待してます!写真撮ってくれてありがとう!

さて、

今日は一度やった勉強を忘れない方法を伝授しようと思います。

やってもやっても覚えられないという経験はないですか?

学校のテストをやってみて昨日の夜やったのに、、、、

この間間違えた問題じゃん!

などなど絶対に一回はあるはずです。特に暗記系の科目に多いと思います。

 

勉強はやっては忘れ、忘れてはまたやっての繰り返しです。でもこれってとっても効率の悪いことですよね。

効率よく勉強したいあなたに教えるものはセルフレクチャーです。

読んで字のごとく、自分に自分で教えるということです。やり方は簡単で、今日勉強したことを自分が先生になったかのように自分自身に教えるだけです。

英文法の仮定法で試しにやってみます。

こんな英文見たことあると思います。

If I were a bird, I could fly to you.

「もし私が鳥だったら、飛ぶことができた」

というような英文です。

これをどう説明するのかというと、、、

仮定法は事実と逆または願望を表す。英語の形はIf +主語+(助)動詞の過去形~,主語+would(could,should,might)+動詞の原形~で表す。「~するだろう」という時にはwouldを、「できるのに」と能力や可能性の話をするときにはcouldを用います。

といった感じで1度学んだことを再度自分の言葉で、自分自身に教えてください。

1日の復習にもってこいです!

ぜひ実践してみてください!

 

明日のブログは阿嶋担任助手です!おたのしみに!


 

2018年 2月 27日 合格するためには…(山上)

早稲田大学3年の山上です。
↑本日のグループミーティングでの1枚。今週は全員高速基礎マスターの目標を達成しました!この調子でがんばれ!
 
さて、
国公立の前期試験が終了し、本年度の受験が終わりつつあります。
そして明後日からは3月に入り、1ヶ月後には新しい季節が訪れます。
 
 
私は今年で新宿エルタワー校の担任助手として3年間勤続を続けてきました。
私の現役時での合格経験を踏まえ、合格に必要な要素を2つ今日は伝えたいと思います。
 
物事を成功させる為には2つの要因が影響すると言われています。
①外部要因
②内部要因
 

①外部要因

大学受験で難関大学に合格するのは、偏差値が高い高校の出身者が多いです。
これは事実です。東京大学や早稲田大学と言った難関大学の合格者の多くは偏差値が高い高校の出身者が占めています。
 
これは自分の実力とは関係ない外部の要因が大きく影響しています。
たとえあまり勉強に対してもとからあまり前向きな気持ちを持っていなかったとしても、周りのレベルが高ければ多くの人は刺激を受け、勉強に熱心に取り組みます。
一方、前向きな気持ちを受験に対してもっていたとしても、周りのレベルが低いと、周りに引きずられる形で前向きな気持ちが薄れていってしまう事もあります。
 
受験勉強のみならず、人間の行動の多くは外部の要因に強く影響されます。
大学受験に挑戦しようと思った事自体が外部の影響である人がほとんどなはずです。
部活に最初に入るときだって、周りの選択や、その部活の雰囲気を見て「何か良さそうだな」と思って選択を行った人が多いと思います。
 
しかし、難関大学合格の実績があまりない高校に在籍していても合格を果たしていく受験生は一定数います。
このレベルから合格を果たす事は難しいだろう・・・と一般的には言われながらも合格を勝ち取っていく受験生は何が異なるのでしょう・・・
 

②内部要因

人間の行動の多くは外的な要因に影響される事は上記の通りです。
しかし外的な要因に影響されず、「合格は難しい・・・」と判断されながら合格を果たす受験生もいます。
 
その生徒は一言でいうと「意識」が違います。
ここでいう「意識」とは気の持ちようの事です。
 
受験勉強において必要な事は「専門的な知識」でもなく「高度な受験テクニック」でもありません。
受験で必要な物は「必要な量を、適切な時期にやりきる」ということのみです。
 
とはいっても、多くの人は上記の事を完璧にやりきる事はなかなか難しいです。
たとえ完璧にやりきったとしても、すぐに新たな不安がよぎることもあると思います。
 
重要なのは、「うまくいかないな・・・」と思ったときに、投げ出したりする事無く、強い気を持って勉強をやり続ける事、手を休ませない事
 
うまくいかなかったと思うのは最後受験が終わってからでOK。
失敗してしまったと思ったときに出す次の一歩が重要です。
 
上記の「合格は難しい・・・」と判断されながら合格を果たす受験生はすぐに次ぎの一歩を踏み出してきたのです。
 
外的な評価に対して、どう判断するか、どう行動するかを決めるかは自分自身です。
 
もうすぐ春休みに入ります。少なくとも普段より格段に時間が取れるはずです。
その春休みをどう使うかも自分次第。1ヶ月は自分を進化させる為には十分な時間です。
 
自分史上最高に進化できたと言える3月にしていきましょう。
 
明日のブログは明治大学3年生の伊橋担任助手です。
 
 


 

2018年 2月 26日 モチベーション:部屋の掃除と向上得点(石坂)

みなさんこんにちは!

早稲田大学人間科学部3年の石坂です!

久々のブログで何書こうか…と悩み散らしましたが、やはりブログ書くのにも、

勉強するのにも、何事にも「モチベーション」が大切ですね。

ということで「モチベーション」について書きたいと思います。笑

なぜ「モチベーション」が大切かという答えには諸説あると思います。

そして僕にはそれらに対する専門的な知識はないです。

ただ感じることとして、モチベーションはパフォーマンスを最大限引き上げるものであるということです。

そしてモチベーションのポイントは

与えられることより自ら気付き行動することですね。

例えば「部屋の掃除」、やったことあるでしょう?

「散らかってきたなー」

「もの増えたなー」

そんなこと見てれば誰でもわかります。

大切なのはそのあとで、2パターンあります。

1つが自分で「じゃあ、次の休みで掃除するか。」と気付き、求めた時

もう1つが【母】「掃除しなさい!」な時。

前者の場合、掃除のパフォーマンスはすごいです。リフォームみたいに計画立てて、家具を動かしたりすることだってありますね。

ただ後者はひどい。掃除というかもはや「スライド作業」です。

とりあえず足の踏み場を作るため、そして綺麗にするためというより母親を黙らせるためと言わんばかりの”作業”です。

今、自ら気づいた時とそうでない時の違いを掃除を例に見てもらいました。

これ、勉強も同じことです。

自ら気づいた瞬間こそ、モチベーションは最大になり、発揮されるパフォーマンスも最大になり

と思います。

ポイントは掃除ではなく勉強においてまず

「どう気づきを与えるか」ですが、「客観視点」が大切であると思います。

自分で評価を下すのも大事ですがそれだとやはり甘くなってしまったり、「今日は頑張った/頑張らなかった」などあまり根拠の薄い定性的な評価ばかりになってしまいます。

どれだけ「周りとの差」「第一志望校との差」を常に意識できるかが大事で、その代表例が「模試」ですね。模試のたびにその差に気づかされると思います。

 

(↑次のセンター試験本番模試は4月22日ですよ!)

ただ毎日模試をするわけにもいきませんから、そうなってくるといかに日々の努力を(できれば定量的に)評価し、改善につなげるかが大切に思えてきます。

「努力を可視化」

そんなことが一体できるのかって、そんなことができるならしてみたいなって話ですが…

できます!

東進ハイスクールの「向上得点」はまさにそれです。

東進コンテンツ(受講や高速基礎マスター等)を活用すれば上がる得点です。

要は努力の可視化をしてるわけです。

この指標をみて、自らで得るもの得てください!

そして掃除の例でもそうでしたが、結局一番大切なことってなんですかね?

「自ら行動すること」ですね。

気づいただけではダメです。

それは掃除でいうなら「汚いなー」って理解しているだけですからね。

そこからどう行動するのか。向上得点をみて、「あー最近低いなぁ」とまず気づき、求めること。

そして「なぜ低いのか、高い人はなんなのか」を考え、重要である実行をすること。

この実行までのプロセス「自ら気付き、求め、考える」これらをひっくるめて「自ら気付く」と本ブログでは書いていました。

まとめます。

自ら求め、自ら考え、自ら判断・実行する

以上の受験生化の条件とも取れる要項。ぜひ早期に意識においてください。

第一段階、きっけかは「自ら気付くこと」です。

向上得点に注目ですよ!!!!

 

明日のブログは早稲田大学3年の山上担任助手です!


 

 

 

2018年 2月 25日 受験を終えて(吉瀬)

今週は国公立受験を経験した1年生の担任助手でバトンをつないで
直前期の受験生にメッセージを送ってきました。
 
最後は農工大学1年吉瀬です。
 
今日は受験を終えた人向けに書きたいと思います。
明日も試験がある人や後期試験に向けて勉強している人は
すべてがおわってから読んでほしいです。
 
目の前の試験に集中して、最後まで諦めずにもうひと頑張りしてきてください!
 

目次

 
1.結果を受けて
2.受験とはなんだったのか
3.今後のお話
 

1.結果を受けて

 
まずは、長い長い受験勉強、そして試験、本当にお疲れさまでした。
間違いなく今までの人生で一番勉強し、一番心が揺れ動いた期間だったと思います。
結果がどうであれ頑張った自分をほめてあげてくださいね。
 
 

2.受験とはなんだったのか

 
僕も受験を終えてから1年が経過しました。
今日で農工大の試験を受けてから1年が経ったのだなと思うとこみあげてくるものがあります。
 
ところで受験から1年が経った今、受験に対する考え方は変わってきました。
それが受験勉強は大学に入るための試験対策というだけではないのではないかということです。
 
東進では志の指導を取り入れ、夢を叶えるための一つのステップとして受験があるのだという教育理念の基で指導をしています。
 
とはいえ受験生のときには目の前の試験が人生を左右する一大イベントだし、将来のことを考えているゆとりはなかなかなかったです。
 
そこから1年が経った今では受験で人生が決まるということは断じてないと確信しています。
僕はたまたま第一志望校に合格して農工大に通っていますが、だからといって何かが大きく変わったという実感はないです。
 
満足感なんてどこにもなく、あるのは自分の夢を叶えるためにはここからさらに努力を重ねていかなければという危機感だけです。
 
では受験とはなんだったのか、、
 
自分なりに考えた結果、これからの人生でより一層成長するためのものではないかと考えました。
 
受験では嫌というほど自分と向き合いながら苦闘したと思います。
自分が進みたい学部はどれなのか、自分の弱点とはどこなのか、、
 
受験を通して自分自身についてより深く理解できたと思います。
そして今後どうしていかなければいかないのかもぼんやりと見えてきたと思います。
 
やはり受験で人生が決まることはないです。
大事なのは受験を終え、これからどう行動していくかだと思います。
 

3.今後のお話

 
ここまでで今後がいかに大切かということを強調してきたつもりです。
 
では、今後どうしていけばいいのでしょうか、、
 
受験で身についたものってなにか思い浮かびますか?
 
目標を決めてそのためにデータを集めたり、努力したりすること。
模試など細かい目標まで定めて目標との距離を確認すること。
模試結果などで自分を分析して今後の学習計画をたてること。
目標達成に向けて必要なことを整理して予定をたてること。
 
などなど受験で当たり前にやっていたことは
スケールを広げると人生でやっていかなかればならないことに応用できます。
 
具体的な話はここではしにくいですが
東進は他の予備校とは異なり、授業をして結果を確認したら終わりということはありません。
受験後のことまで具体的に一緒に考えていきましょう。
 
そのためにも受験が終わった人から受験後面談を実施しています。
まだ組んでいない人はすぐに組みましょう!
 
現在はどこに行くかよりも何をするかの時代になったということはよく聞くと思います。
 
受験を経てみなさんが今後、独立自尊の社会・世界に貢献する人財になるために
さらに成長していくことを心から願っています!
 
来週からは来年以降受験する皆さんに向けて担任助手の中でも経験豊富な大学2~4年生からアドバイスを送ります!ブログを書くのが久しぶりな人も多く、かなり力がこもっているので期待してください!
 
明日のブログは早稲田大学に通っている石坂担任助手です!
 
 
 


 

2018年 2月 24日 国立受験者みんながんばれ!!(木原)

 
どうもこんにちは。木原です。
 
ついに来ました。明日は前期国公立大学入試の日です。
 
受験生の皆さん。心持ちはどうですか?
不安ですか?自信たっぷりですか?早く受験終わりたいですか?
色んな気持ちがあると思います。ここまで頑張ってきたのだから。
 
少し自分の話をさせていただきます。
 
私の第一志望は一橋大学でした。
過去問10年分を2回は最低でもやり、数学と世界史に関しては20年分近くやりました。
 
他にも第一志望のために色んな問題集もやり、これでもしダメでも後悔はない!という状態で前日を迎えてました。
 
担任担当の方から激励してもらい、いつも通りの生活をしてちょっとだけ早く寝た記憶があります。あえて何も考えずリラックスしてました。
 
 
あれから一年が経ち、今年は担任助手として受験生の頑張りを見てきました。
 
新宿エルタワー校の生徒は本当によく頑張ってきました。
 
必ず力を出し切れると信じてます。
 
 
今日一日どう過ごしたでしょうか?
 
それぞれ自分のやり方で準備をしたと思います。
 
私から1つだけ個人的なアドバイスしたいことがあります。
 
前日だからといって気合い入れて特別なものを食べたり、たくさん食べたりしないことをおすすめします。
緊張している身体にそのような事をするとひょっとしたらお腹を壊してしまうかもしれません。
 
食で気合いを注入し過ぎて、本番コンディションを崩したら泣くに泣けません。くれぐれもお気をつけて。
 
 
ばっちり体調整えて朝を迎えればもう大丈夫!言うことはありません。
 
ここまで頑張ってきた皆さんならベストを尽くしてこれます。最後は気持ちです。絶対勝てる!
 
 
新宿エルタワー校スタッフ一同心から健闘を祈ってます!
 
では、頑張って行ってらっしゃい!
 
 
👆国立志望集結の図 
 
明日のブログは農工大吉瀬担任助手です。お楽しみ!