第二外国語(佐藤) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2019年 12月 11日 第二外国語(佐藤)

こんにちは!担任助手1年の佐藤です!

 

皆さんは大学に入ったら第二外国語を何にするか決めていますか?

今日は自分が大学で1番頑張って勉強している第二外国語について話したいと思います。

僕の大学では第二外国語が4種類の中から選べます。その4つは中国語、韓国語、スペイン語、ロシア語です。その中で、僕は韓国語を選びました。なぜなら、高校生のときによく聞いていた音楽のジャンルがk-popでその歌詞の意味が理解できるようになりたいと思ったからです。

ただ、いざ授業が始まると以下の理由でめちゃくちゃ大変でした。

①授業が週に2回あって毎授業ごとに小テストがあること。

②そんなに頻繁に小テストがあるのにそれが成績の2割しか占めないこと。

③出席点が成績に入らないこと。

④期末テストが成績の8割を占めているのにかなり難しいこと。

つまり、どれだけ授業と小テストを頑張っても最後の期末試験で失敗すると単位が取れません。実際、クラスの男子8人のうち2人落単しています。

このような状況下で半年間必死に勉強した結果、今k-popを聞いてみると、所々の単語や文が聞き取れるようになってきていて、その歌のイメージがある程度想像できるようになりました。自分でもこんなに成長できると思っていなくてとてもビックリしています笑。そして、ここまで頑張って勉強してきたなら、これを将来に生かしたいとまで思うようになりした。

皆さんも受験勉強を通して多くの知識やスキルを身につけているはずなので、受験が終わってもそれを生かしていけるといいですね!