大学紹介!筑波大学編(池田) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 7月 15日 大学紹介!筑波大学編(池田)

こんにちは!本日のブログを担当する池田です。

昨日までの東大紹介はいかがでしたか??
それぞれの個性が溢れる紹介でしたね☆
 
さて、今日は私の出身大学である
筑波大学の紹介をします!
 

①筑波大学って?

筑波大学は、茨城県つくば市にある国立大学です!
今年で創立45年を迎えました。
 

②何が学べるの?

実に沢山の分野を学ぶことが出来るのか筑波大学の特長です!
(ちなみに、「学部学科」ではなく「学群学類」という区分をしています)
私の所属は人文・文化学群人文文化学類というところだったのですが、
その中でも言語学、歴史学、哲学、宗教学、考古学、民俗学、文化人類学…などなど、
様々な分野の研究をしている人がいました。
他の学群学類でも学べる分野は様々で、
文系理系体育芸術など、全部で9学群23学類があります。
また、それぞれの学群学類の垣根が低く、
自分の専攻以外でも様々な勉強をすることが出来ます。
私も、医学の授業を受けて耳の構造を勉強したりしました(笑)
そして更に特長的なのが、体育が必修であること!です。
筑波大学には体育専門学群というところがあるのですが、
そこには日本のトップで戦うような大学生が集まっています。
その学生を指導している先生方に、スポーツを教えていただくことが出来るのです!
私はバレーボールの授業を取っていたのですが、
その時教えて頂いた先生は男子バレー日本代表チームのコーチをされている方でした…!
運動不足になりやすい大学生活、週1回の体育の授業でも私は十分に楽しく体を動かせていました(^^)☆
これも、色々な学生が集う筑波大学ならではの特長ですね。

③大学が広いって本当?

筑波大学の話をすると、「とても広いって聞いたことあります」と言われることが多いので、その件についてお話しします。
まさにその通りで「大変広い」です(笑)
その広さ、南北に5キロ、東西に1キロと言われています…!
南北に5キロ…。授業間の移動がめちゃくちゃ大変なんですね…(笑)
ということで、基本的に筑波大生は自転車で移動します!!
授業間の休み時間はみんな自転車で移動するので、大混乱です…

​(↓私が大学一年生の時に衝撃のあまり撮影した写真です(笑)自転車だらけ、大渋滞ですね…)

​基本的に筑波大学生は大学付近に住んでいる人が多いので、
通学も含め、基本的に毎日自転車に乗る生活でした☆
敷地が広すぎる筑波大学ならではの特長ですね(笑)
​ (ちなみに私は一年生の間は大学敷地内にある学生寮に住んでいました!)
 
まだまだ筑波大学の良いところをたくさんご紹介したい所ですが、
今回はここまでにします(^^)/
筑波大学についてもっと知りたいなと思った人は、
いつでも話しかけてくださいね☆
 
そしてこちら、本日新宿エルタワー校で行われた決起会の様子です。
明日から、エルタワー校では夏休みが始まります!!
開館は7時30分です。校舎でお待ちしてます☆
次回のブログ担当は…西村さんです!
お楽しみに!!