5月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 2018年05月の記事一覧

2018年 5月 16日 私にとってグループミーティングとは。(佐々木)

皆さん、こんにちは。

早稲田大学1年の佐々木剛平です。

ここ数日暑い日が続きますね、皆さんの学校でもそろそろ中間試験に入るという人も多いと思うので、体調管理には気を付けましょう。

 

 

さて、今週のテーマはグループミーティングです。今週から新しいグループミーティングが始まりました。心機一転、頑張っていきましょう!

 

グループミーティングとは・・・?といった方のために簡単に説明すると、、、

グループミーティングでは同じような志望校を目指す人たちで集まり、これを通じてお互いに切磋琢磨してもらいます!

 

紹介だけをしても仕方がないので、自分にとっての「グループミーティングとはということを発信していこうと思います!

 

まず、自分なりの結論をひとことで表すと

週に一度自分を見直す

ということです。

グループミーティングは週に一回行います。そしてそこでは何が行われているでしょうか?

現在の勉強の進捗状況の確認、週間予定シートの作成がメインです。(もちろん他にもありますが)

 

もしかすると、

一週間の振り返りと予定立てるだけって一人で出来てしまうのでは、、、?

という思う人もいるかもしれません、、、。

では、グループミーティングは一人で予定をたてることができる人には意味がなく

勉強時間の邪魔になる時間になってしまうのでしょうか?

 

いいえ、そんなことはございません。

 

そもそもグループミーティングではなく自分で予定を立て、勉強を進め、一週間に一度振り返るだけで事足りるのであれば、

私たちは皆さんの貴重な勉強時間を割いてまでグループミーティングを行ったりはしません。

 では、なぜグループミーティングを行うのか…。

 

それは、

 

物事は相対的に見ることでしか推し量ることが出来ないからです。

仮に早稲田大学を志望するA君がいるとすれば、早稲田大学に受かるための勉強方法を考えるにあたり、もちろん自分で考えて自分で実行することも非常に大事ですが、我流の完全オリジナルの勉強法で進めるよりも、早稲田大学に通っている担任助手にどのような勉強方法で勉強していたかを聞いたり、同じ早稲田大学合格を目指す人の勉強方法を真似せずとも参考にしたいと思うはずです。

それを可能にするのがグループミーティングです!

 

冒頭でも述べた通り、1グループにつき1人の担任助手が担当として付いて週に一度、同じ志望校や似たような志望校に行きたいと思うような人たちで集まることで、1週間単位の学習の進め方などで周りと自分の状況を客観的に見つめ直すことが出来ます!

 

受験生はあと8か月ほどで本番がやってきます。低学年はそれに1年か2年をプラスする人がほとんどでしょう。特に受験生の場合、残りの時間を長いと取るも短いと取るも自由です。ただ、1週間という時間はその8か月と比べると短くおろそかにしてしまいがちです。とはいえ

 

千里の道も一歩から。

 

よく聞くことわざです。直近の1週間を振り返り、有意義な次の1週間を送るためにもグループミーティングに積極的に参加していきましょう!

 

明日のブログは同じく早稲田大学に通う任助手です!乞うご期待!

2018年 5月 15日 なぜグループミーティングをやるのか(福井)

慶應義塾大学商学部1年の福井雄也です。

(福井担当グループミーティングです!)

新生活が始まり1ヶ月が過ぎました。

新たな友人もでき様々な刺激を受けながら、大学生活を満喫してます。また、大学では高校とは違い必修科目が少なく自分の好きな学問を学ぶことができるので、学びの楽しさを改めて感じています。

 

 

さて、今週からグループが再編され、新たなメンバーでのグループミーティングが始まりました。

 

ということで、今回はグループミーティングについてお話ししたいと思います。

私が思うグループミーティングの意義は、周りを意識する場が出来るということです。

東進のコンテンツは主にパソコンで行うものなので、学習が個人に閉じこもり易くなってしまいます。そうすると自分の学習状況を確認する場が模試のみとなってしまう恐れがあります。そこでグループミーティングを実施する事で、周りと学習の進捗状況を確認する事ができます。

 

 

実際、自分が受験生だった時、

 

グループミーティングでグループ全員の一週間の実績を纏められた一枚の紙が配られたので周りの人に受講数や高速基礎マスターの進度、在校時間など様々な点で負けないように努力する事ができました。

更に、グループミーティングで競争するだけでなく協力する事もできます。

特に新宿エルタワー校は様々な高校の生徒が集まっており、多くの情報が集まります。グループミーティングなどで他校の生徒と友だちになり情報の共有をする事で、情報量で他の人に勝つ事ができ、志望校合格へ一歩近づく事ができます。

受験まで約8ヶ月とまだ先は長いですが、モチベーションを維持するためには学習への積極性が必要となります。

それには、ただ目の前のことに取り組むだけでなく、その学習、行動一つ一つに意義を感じながら取り組むことが大事です。

 

グループミーティングも意味があって行われています。

是非、皆さんの中で自分なりのグループミーティングに参加する理由・意義を持って参加して下さい。

 

 

明日は、早稲田大学国際教養学部1年生の佐々木剛平担任助手です。

2018年 5月 14日 グループミーティングとは(鈴木)

こんにちは、早稲田大学政治経済学部政治学科に通う鈴木筍太郎です!

本日は東進の最大の特色である「グループミーティング」について話したいと思います。

グループミーティングとは、簡単に言うと同じような学力、志望校を持った生徒たちが担当と週一回集まるものです。

各グループミーティングによって、小テストをしたり、今週どのような勉強をしたかなどの情報共有をしたり、と多種多様です。そしてなによりもグループミーティングによって得られるものは「ライバル」です。

東進は映像授業であるため普段『ライバルを意識する』という機会はそう多くないのですがグループミーティングで週一回集まることによって、同学年の生徒と意識を高め合うことが可能となります。

またグループミーティングで出会ったライバルは敵というよりも、共に受験勉強を乗り越える仲間です!

自分のモチベーションが下がった時はグループミーティングの仲間を見ることで、こうしてはいられない!、と気が引き締まるでしょうし、逆にあなたが誰かのモチベーションにもなり得ます。

実際僕は受験中にやる気がなくなった時、グループミーティングの仲間達が机に向かっている姿を見て、こうしてはいられない!と思い最後まで勉強を続けることができました。そのようにして共に受験勉強を乗り越えたライバルは東進を卒業をした後も連絡を取り合う仲となります!GMはそれくらい貴重な友人を手にする機会なのです。

グループミーティングは東進独自のコンテンツだと思いますので是非有効活用し、グループミーティングのメンバーで共に合格を掴みましょう!

 

 

次回は慶応義塾大学商学部福井雄也担任助手です、お楽しみに!

 

2018年 5月 13日 模試は復習が命!(樺)

こんにちは、中央大学理工学部物理学科に通っています、樺晋之輔です!

前回の僕のブログに引き続き、「今日は何の日クイズ」をしようと思います!

5/13、これはとっても簡単ですね(笑)!そう、「母の日」です。

いつもみんなのために一生懸命お弁当を作ってくれたり、受験勉強を応援してくれているお母さんに、ぜひ感謝の言葉を伝えてみましょう!

 

この写真は、本日開催された「トップリーダーと学ぶワークショップ」に参加して、プレゼンで優勝した生徒です!!

東進では様々なイベントが行われていて、写真中央の「English Camp」のその一つです!気になった方はぜひスタッフに声をかけて下さい!

 

今日はもう一つ、「難関大・有名大本番レベル記述模試」がありましたね!

今回の模試は、多くの人が東進で受ける初めての記述模試だと思います。

まずは記述模試にどんな印象を受けましたか?

単順に「難しい!!」と感じた人、多少なりとも「ここは出来た!!」と言う部分があった人、いろんな人がいると思います。

出来はいかがでしたか?

上手くいった人、そうではない人、様々だと思いますが、模試は受けた後に意味があると僕は思っています。

極論を言えば、今回の模試で0点を取って涙を流すのもありだと思います。

 

模試は最大の成績向上ツールです。

自分の得意分野と苦手分野を知ることができ、それを復習することでレベルアップを図れるからです。

得意分野については、次の模試でも確実にその範囲が解けるように復習しましょう。

苦手分野については、どこまでは理解できていたのか、自分が点数を落としていた理由は何なのか、細かいところまで分析をして得意分野になるくらい勉強しましょう。

この両方に取り組むことによって、とにかく自分の力を高めていきましょう。

 

今回の模試をどう扱うかは自分次第です。

ですが、想像してみて下さい。

今回の模試を受けたAくんとBくん。

Aくんは模試を受けた後にショックを受けて、ただただボーっとしている。一方Bさんは模試の成績が悪かったことをすぐに切り替えて、自分の苦手克服に専念しました。

受験勉強を頑張っているみなさんなら、AくんとBくんのどちらが良いかわかりますよね??

 

これからのみなさんの頑張りに期待しています!!

 

明日のブログは、早稲田大学の鈴木担任助手が書いてくれます、お楽しみに!

 

2018年 5月 12日 記述模試について語ります(吉瀬)

 

こんにちは、農工大2年の吉瀬です。

いよいよ明日は難関大有名大本番レベル記述模試です!準備はできているでしょうか、、?

実は僕はこの模試を受けるのが好きで、今回の第1回だけでなく、これから毎奇数月に行われますが、センター試験を受け終わったばかりの1月に行われる第5回まですべてを受けました!そしてそれが第一志望校の合格に近づく要因になったのではないかと感じています。ということで今日も明日の模試に向けて心構えと活用法について書いていきたいと思います!

 

目次

1.難関大有名大本番レベル記述模試を受ける心構え

2.難関大有名大本番レベル記述模試の活用法

 

1.難関大有名大本番レベル記述模試を受ける心構え

まず前提として頭に入れておいてほしいことがあります。

今日以前に多くの担任助手の人が、

難しい、国立大学の2次試験や私大入試の本番レベルだ、だから今は解けなくても構わない

といったことを書いてきてくれています。それは事実かもしれません。ただ、だからといって初めから戦意喪失した状態で受けるのではなく、今の自分の力で解けるところまででも解いてやるんだという強い気持ちをもって臨んでほしいということです。

 

これは当然のことですが、今の自分の実力を正確に測るためです。

マーク式でないので勘を使えない代わりに、答案を見れば問題のどこまでは理解できていてどこでつまったのかがはっきりと明らかになります。それが今後の学習に大きく活きてきます!

 

ぜひ気合十分で臨んでくださいね!!

 

2.難関大有名大本番レベル記述模試の活用法

この模試の活用法ということでまずやってみてほしいのがマーク模試の結果と比較してみることです。

前の部分でも少し書きましたが、記述式ということで、

満点の解答を出すためには満点の理解が必要ということではありますが、

それは同時に問題の誘導に従わずに自分の考え方で解き進めることができるということでもあります。

 

もしマークで高得点が出せていても記述ではまだ出せなかったのであればそれはまだ誘導ありきの解答しかできていないということです。反対に記述模試でも同じくらいかそれ以上得点できている人は、マーク模試で誘導についていく能力は不足しているものの、問題を解く力はついてきているということになります。

また、難しい難しいと散々話されている人向けに伝えておきたいことがあります。

それは実際に本番の入試でもセンター試験以外はほとんどの試験が満点を取ることがかなり難しくなっていて合格点は6割~8割になっているということです。合格するのに必要なことは満点を取ることではなく合格点を取ることです。つまり本番でもこのレベルが完璧に出来るようになっている必要はないのです。(もちろんできたほうが良いに決まってはいますが)

では合格点を取るために必要な力が何かというと、部分点を稼ぐ力だと思っています。「自分はここまではわかっていますよ」というのを採点者に伝える力ということです。この部分点については今後どこかの機会があればまた伝えたいと思いますが、僕は自分が不合格ラインから合格ラインにかろうじて踏み込むことができたのが部分点のおかげだと思っています。

だからみなさんも、最初の話に戻りますが、1点でも多くとってやるんだという気持ちをもって絶対にあきらめずに解けるところまで解くようにしてください!

それを続けていくうちに、

こういうことを書くことができれば部分点がもらえる

この要素を書くことで部分点が入った、ということはここが重要で今後も問われる可能性が高いな

といった感覚が研ぎ澄まされていくのだと思います。

 

1つの模試についてでしたが結構熱く語ってしまいましたね(;´・ω・)

最後まで読んでくれた方々、ありがとうございます!

 

それでは明日、頑張ってきてください!!

 

明日のブログは樺担任助手です!おたのしみに!