11月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 2018年11月の記事一覧

2018年 11月 30日 12月(清藤)

こんにちは!東京大学理科一類一年清藤です。

もう11月も終わり、明日から12月が始まりますね。
今年の4月から東進で担任助手として働き始めましたが、あっという間に12月になってしまいました笑 12月になると不思議と受験が近づいているんだなぁという実感が大きくなりますね。あと3ヶ月、走り切りましょう。
 
さて、皆さんはこれからの勉強のビジョンが見えていますか?
特にこの12月はどのように勉強をするかを想像することが難しい時期です。なぜなら、センターが間近に迫っており、センターの内容を完成させなければならないこと。とは言いつつも2次試験レベルの勉強もおろそかにしないように勉強していかなくてはならないからです。
僕も受験生の時はこの時期にどう勉強するか悩みました。そして悩んだ末、自分が信じられる勉強法を見つけ、それを実行していました。
今回は皆さんがそんな「自分が納得できる勉強法」を見つけられるように、僕自身の経験談を述べていこうかと思います。ぜひ僕のエピソードから何かを吸収してくれたら嬉しいです。
 
僕が第一志望校としていた東京大学はまずセンターの点数で2次試験が受けられるかが決まります。去年の12月、僕はギリギリ2次試験資格を得られるぐらいの点数でした。もしこの時期に余裕のある点数を取っていたなら2次試験の勉強を主にしたのでしょうが、僕はそうではなかったので、センターの勉強を重視しました。まず一次試験を通らなければ何も始まりませんからね笑
とは言っても2次試験レベルもまだまだだったので、冬休みが始まるまでは、9月ごろに取った志望校対策講座や過去問演習講座などを主に勉強していました。そして冬休みに入った後は、午前中に2次試験の過去問を一教科解き、午後にセンターの問題を解くようにしました。2次試験の問題については特にルールを設けなかったのですが、センターに関しては解く教科を厳選していました。僕にとって、国語と倫理・政治経済がとても苦手で、また伸びしろが大きい教科でした。なので、国語と倫理・政治経済の過去問を1日に合わせて3年分解いていました。そのおかげか、飛躍的に合計点を1ヶ月で伸ばすことができました。
 
つまり、僕が意識したのは以下の2点です。
・センターと2次試験の勉強をいかに両立させるか
・一次試験を突破するために必要な勉強は何か
 
皆さんも合格に必要なことをリスト化し、それを達成するための具体的な策を考えることで12月という難しい時期をものにしてください。
 
明日は立教大学2年木原担任助手です。お楽しみに!

2018年 11月 30日 50日(鶴)

 

皆さんこんにちは、早稲田大学創造理工学部1年です。

 

最近私が思うこと、それは。。。

 

寒い!!!

 

“秋”はどこに行ってしまったんでしょうか?“スポーツの秋”“読書の秋”“勉学の秋”と言われるあの“秋”は、、、

気づけばすっかり気温も下がり、木々の葉もその変化についていけなかったかのように近頃になってやっと色づいてきましたね、、

 

 

 

 

では新宿エルタワー校に通う生徒の皆さんはどうでしょうか?

 

“冬”になってしまっていませんか??

 

今日でちょうどセンター試験まで50日です。受験生の皆さんにとっては紛れもない本番が近づいています。

また低学年の皆さんにとっても、本番の1年前というタイミングが近づいてきています。

 

そんなタイミングにある皆さんはどこまで熱くなれていますか?

 

まず低学年の皆さんに問いたいことは

 

覚悟はできていますか?という事です。

 

1/19,20。この二日間はバトンタッチの日です。受験というリレーにおいて今まで皆さんの前を走っていた先輩たちから”受験生のバトン”を受け取ることになります。

その覚悟はできていますか?最後の最後まで走り抜ける覚悟。です。ここからの50日間、勉強を進めるのと並行して、”受験生になるという事”についてもしっかり考えていきましょう!

 

次に受験生の皆さんに関して問いたいことは

今進めている学習の一つ一つに自信をもって前向きに取り組めていますか?という事です。

もし胸を張ってYESと答えられないのなら、まずは少し時間をかけても最後の最後、やり切ることをしっかり考える時間を取りましょう。

そして“絶対に正しい努力をしている”と信じきることのできる状態を作りましょう。これは本番が目前に迫る今だからこそ、です。

その中で不安な点や、わからないことがあるときは、迷いなく担任や担当のスタッフ、さらにはそうでないスタッフ、誰でもいいです。迷いや不安をぶつけてください。

そこを共に乗り越えるために私たちはいます!

50日後、入試本番のスタートとなるセンター試験の当日、その日までの日々への自信といよいよ始まる大戦への期待を胸にしていられるための要因を

日々着実に作り続けていきましょう。

 

明日は東京大学理科一類に通う清藤担任助手です!お楽しみに!!

 

 

 
 
 

2018年 11月 27日 もうすぐ12月(吉瀬)

こんにちは!

2年の吉瀬です。

今週は12月にやっておいてほしいことを書いています。

昨日の佐々木担任助手

先延ばしにしないことについて書いてくれました。

これはすごく大事だと僕も思います。

 

というのも

受験直前になると不安な部分がどんどん増えてくるからです。

今まで先延ばしにしてきたものでも

本番が近くなるともう先延ばしにはできません。

 

本番は迫ってきているのに

やりたいことはどんどんたまっていく、、

 

想像しただけでも恐ろしいですね。

だから今やらなければならないことは今やるようにしてください!!

 

また、もう一つ今日伝えたいこととして

本番を迎える準備を始めてほしいということがあります!

 

具体的に言うと

出願から手続きまでの流れや

その中で必要なものを確認したり

 

試験当日をどうやって迎えるのか決めたり

 

といった感じです。

 

受験以前の問題で志望校に行けなくなってしまったら

とてもとてももったいないです!

 

そろそろかなり寒くなってきていますし

日にち的にも環境的にも

本番に近くなっています。

 

12月16日で東進のセンター模試は最後になります。

他塾の模試を受けるとしても模試はそんなに残っていません。

 

本番を経験した僕が振り返っても

模試は本番にかなり近いので

本番を想定して模試を受けておくと

本番でも普段通りの実力が発揮できると思います。

 

服装、筆記用具、心の持ち方など

限りなく本番に近い態勢で

模試や模試までの日々の学習に励んでください!

 

明日のブログは担任助手です!

 
 
 

2018年 11月 26日 ここからの過ごし方(佐々木)

 

こんにちは、早稲田大学国際教養学部の佐々木剛平です!

先週、大学での後期の中間テストが終わり、すでに大学1年目の3/4が終了してしまったことに驚きを隠せないでいます。

あと2か月経てば、佐々木の大学1年生は終了です。

2年生では後期から留学に行く予定なので、留学に行く前までに、日本で出来ることはすべてやり切ってから、留学に行きたいものです。

さて、早くも今週末から12月です。

2018年の終わりに差し掛かっています。

そこでみなさんに伝えたいことは1つだけです。

2019年に向けて、今できることを先延ばしにしていませんか?

「今」できることを「いつか」やるものとしていませんか?

2018年やるべきことは、やり切ったという気持ちで終えて、2019年に自分でも想像できないような成長が出来る準備をしましょう。

先にも述べている通り、これは自戒も込めてではありますが(笑)

でも、受験生にはこれから、受験本番を迎えて(すでに終えた人もいますが)、大学に入るという絶対に今までに体験をしたことが無いような経験が待っています。これは紛れもない事実です。

そして、受験生以外の皆さんにも着実に進路を選択するタイミングは近づいています。

そういう意味で、今できることを後で体験するなんて時間がもったいないです。

今できることを最大限にやり切ってから、次のステップに進みましょう!

明日のブログは農工大のサッカー部で小学校のころJリーガーと一緒にサッカーをやっていた吉瀬担任助手です!

お楽しみに!!

 

 
 

2018年 11月 24日 現役生はここからが本当に大事。(木原)

こんにちは、木原です。

もう11月も後半。多くの学校では期末テストも近づいているこの季節ですね。

 

今日のブログは受験生にフォーカスして書きます。

受験生はいよいよラストスパートの時期に入ってきます。夏休みを終えると秋が過ぎ去るのが早かったなと受験生時代に感じたのを今でも覚えています。

私がそんな時間に押しつぶされている受験生にあえて言いたいのは、「まだ時間はあるよ、焦っちゃだめ」という事です。センターまで2か月切っていて焦るのは分かりますが。

 

勉強時間の計算をざっとします。

一日平均して9時間勉強できるとする。平日土日もで勉強時間に違いがあったり、模試の日や体調不良になったり、冬休みや最後の方は平日でも学校なくなったりなど様々条件はあるのであくまで目安です。

国立大学入試(前期)は2月25日。つまりあと3カ月。私立は終了時期はまちまちですね。

国立で考えて大体できる勉強時間は9時間×90日=810時間

これがどれくらいの時間か。

夏休みは1日14時間勉強できるとして、約40日間夏休みはあります。そうなると、勉強できる時間は14時間×40日=560時間

そう、つまり夏休み1つ分よりまだまだ時間あるという事です。

 

そう思えばまだ時間あるなぁと思いませんか?

受験生は今まで頑張ってきて、ここからの勉強は過去問は難しい問題を解くなど体力的にも精神的にしんどい勉強になると思います。

過去問解いても解いても点数が伸びなくて、、、社会の暗記もまだ不十分で、、、あぁ昔にもっとやっておけばよかったな、などとこの時期に思うかもしれません。

でもこれだけ時間はあるので今までのことは全部忘れてもう一回ゴールから逆算して計画・実行することが本当に大事です。

 

現役生はここからですよ!

 

 

明日のブログもお楽しみに!

 

 
 

 

 

 

 

123