6月 | 2018 | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 2018年06月の記事一覧

2018年 6月 30日 毒(吉瀬)

こんにちは!
農工大2年の吉瀬です。
 
実は今週2回目の登場ということでもう既に授業を紹介してしまったわけですが、
前回は農学部っぽい授業を紹介するのを諦めてしまい、後悔したので今日は
環境毒性学
という授業を紹介したいと思います!
 
正直、意識していないと見逃してしまうかもしれませんが
ほぼ毎日何らかの生活物品から金属イオンなど化学物質が検出されたというニュースが流れているんです。
(最近で僕が印象に残っているのは一週間前ごろに韓国製のベッドからラドンという金属が過剰に検出されたというニュースです。)
こういったところで紹介されている”毒”について、そもそも”毒”とは何なのか、その対策にはどういったものがあるのかなどについて勉強しているのが環境毒性学という授業です。
 
”毒”と聞くと動物が護身のために使うものだったり、殺人に使われるヒ素だったりを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、人間の健康や生活環境に害を及ぼす物質全般をさすので身の回りには毒が至る所に潜んでいます。
例えばスマホです。先日の澤田担任助手の携帯電話に関するブログを覚えているでしょうか。(とても身にしみる内容だったので忘れてしまった人はチェックしてみましょう!
 
“毒”は検出されたらその製品を使用禁止にして回収するなどして排除されます。
容量応答関係と言いますがどんなに弱い毒でも体に蓄積されると生命にも危険を及ぼすからです。
 
だからみなさんにとっても、これは毒だなーと感じるものがあればそれは排除しなければなりません。
一日単位では受験勉強に対して害を及ぼしていないと感じても受験が終わるまでの長い期間でそれが続くと受験の結果に大きな影響が及ぶと思います。
 
ただ、毒を完全に排除するのは結構大変です。現にみなさんも排除しなければならないと思いながらも排除できていない毒がたくさんあるのではないでしょうか。
明日からは7月ということで受験の天王山、夏休みに向けての助走も始めていかなければならないと思います。夏休みに入ってから毒の処理を始めるのでは遅いです。夏休みが始まるときにはすっかり毒が排除されて勉強に集中できる環境を整えてほしいです。
 
夏休みの圧倒的な学習量の確保、そして次の8月模試で圧倒的な結果を出すために
できるだけはやく自分にとっての毒と向き合ってみてください!
 
明日のブログは原田担任助手です!お楽しみに!
 
 
 

2018年 6月 29日 高2の夏の目標(伊藤)

 
みなさんこんにちは
明治大学2年の伊藤です。
 
最近は梅雨も明けてしまい
もうすっかりと夏のような気温になってきましたね!
熱中症などにも気をつけないといけないですね。
(高3生であれば日中は勉強してるので関係ないと思いますが?(^^))
 
 

大学の授業

 
今週のテーマは大学の授業ということで、
まずはぼくのいちばん好きな授業を紹介したいと思います。
正確には授業というよりかはゼミという分類に入ります。
授業は大人数で先生の話を一方的に聞いて学習をするというものであることに対して、
ゼミというものは自分の考えを発信したり他の人と意見を交換したりなど先生からの話を聞くのはもちろん生徒間でも意見を交換し合ったりします。
 
僕が通っているゼミは「環境比較論」を学ぶものでした。
国際的なことを学ぶゼミです。
国際的なことをまなぶと言っても、2通りの視点があります。
 
僕が学んでいるのは下からの視点で、
ある海外の国で地域で貧困や資源問題が起きていて
それはどういった特徴や要因からですか?
ということを考えるものです。
 
より現地の空気や人間味が感じられて非常に面白いです。
授業内容としては新聞の国際欄の気になった項目について発表し議論をするといったことです。
皆さんも大学生になった際には必ずゼミには入ると思うので
どんな分野のゼミが良いかなど考えておくといいかもしれません。
 
さて本題ですが
今日は低学年の子向けにお話ししたい思います。
 

高2の夏の目標

高2の夏での目標は何ですか?

 
それは、、、
 
センター英語8月8割
を目指してほしいなと思います。
 
なぜ英語を8月に8割なのか
 
 
皆さんの入試日程はもう決まっていますよね?
その入試までに
・基礎基本を固める(全科目8割)今~高3の4月
・センター演習(50年分を2周)高3の6月~9月
・過去問演習(10年分を3周)高3の9月~2月
を行うわけです。
 
あと10か月で確実に全科目で8割が取れる状態にもっていかなくてはなりません。
人それぞれ科目数はありますが多い人では8科目少ないと3科目
 
全部の科目を4月までに終わらせられますか?
 
ゴールは決まっていますがスタートを切る時期は決まっていません。
今から計画的に少しづつやっていくやり方も
後でためて一気にやるやり方もありますが
どちらが楽かと言ったら前倒しで計画的にやっていくことですよね?
 
この夏を受験の天王山ぐらいにとらえてまずは一番入試で大事な科目である英語を完成させ、
数学や社会科目などに使える時間を多くしましょう。
 
夏に英語を完成させる!
 
そのためには
今残っている講座や高速基礎マスターといったことから始めてきましょう!
 
明日のブログは吉瀬担任助手です!お楽しみに!
 
 
 
 
 
 

2018年 6月 28日 目指したい場所(鶴)

 
皆さんこんにちは!!早稲田大学創造理工学部1年生です!!
 
 ここ最近ものすごく暑い日が続いていますが、ワールドカップも負けないくらいのゲキアツですね!!昨日は韓国が前回王者のドイツを倒し、ロシアに爪痕を残す形となりましたね!!今日の日本代表も続いてほしいものですね!!
 
 
 さて突然ですが皆さん、解決したい課題ありますか??
 
 恐らくその大小はさておき、どなたも課題を抱えていることと思います。
 
 そしてその課題を解決する手段、解決の手法には実に様々なものが存在しています。
 
現在私が通う学部にはそれら様々な手段をその概要から実用例まで含めて考察を行う授業があります。
 
 もともと明確な夢がなく、”やりたいこと”を見つけるために、可能な限り多くの分野の学問に触れることを目的に進学した私にとって、この授業ほど興味深い授業はありません。
 
 そこで皆さんに問いたいのは、皆さんが今目指している学部や学科は皆さんが本気で目指したい場所ですか??ということです。目標に対する憧れの強さは受験勉強をしていく上で大きな強みになります。
 
 さらには受験を終えた後も動き続ける為にも必要不可欠な要素です。今既に夢や目標を持っている人はそのブラッシュアップを、まだ見つかっていない人はじっくり時間をかけて良いので、しっかりと”自分のやりたい事”の明確化をしていきましょう!!
そしてそのGOALに向かって泥臭く、がむしゃらに立ち向かっていきましょう!!
 
明日のブログは明治大学情報コミュニケーション学部2年生伊藤担任助手です。お楽しみに!!
 
 
 

2018年 6月 27日 大学での経済学(木原)

 

 

こんにちは。木原です。
 
6月も終わりに近づいてきました。学校のテスト前・期間の人が多く、テストが終わったらいよいよ夏休み突入ですね!
受験生は勝負の夏🔥頑張りましょ!
 
 
さて、今日は冒頭に私の大学の授業を少し紹介します。
経済学部に通っているので経済学系の授業についてお話しますね。
 
経済学系の授業といっても様々な分野、授業があります。
 
例えば、
マクロ経済学
ミクロ経済学
統計学
会計学
財政学
アジア経済学
環境経済学
公共経済学
などなどもっと沢山色々な授業があります。
 
 
その中でも私が取ってる1つの授業の小テストを紹介します。
 
問:「貨幣とは何か。」
 
問題文はこれだけです。これを解答用紙に数行書きます。
結構勉強したのに聞かれるのはこれだけかよーと思いました(笑)
この手の問題は意外と難しいですよね。皆さんは答えられますか???
 
 
という様な感じで、世の中の経済を様々な視点から見て深く考えるというのが経済学部の授業です。
上の小テストのような抽象的な話もあれば、具体的な状況を想定してある物事を考えることもあります。
 
 
あ、経済学部は数学を少し使います😊
このことに結構心配してる人いるかと思いますが、全然大丈夫です!
それほど難しい数学はないですし、たとえ大学範囲の数学であっても大学教授の説明はとても分かりやすいので大丈夫です!
 
教授側も数学を苦手としてる人がいるのは分かっているので数学分野の説明になったら熱が入っているのが伝わります(笑)
 
 
 
経済学部に興味ある人、気になる人は各大学が行うオープンキャンパスで経済学部について聞いてくるのもオススメです。
勉強のモチベーションも上がります💪
 
さあ!勝負の夏はモチベーションを上げに上げて毎日頑張っていきましょ!
 
明日のブログは鶴担任助手です!お楽しみに!!!
 
 

2018年 6月 26日 HolidayではなくVacation(佐々木)

こんにちは、早稲田大学国際教養学部1年佐々木です。

 

今週は突然暑くなりましたね!くれぐれも冷房のつけすぎなどによる体調不良には気を付けてください。

 また、タイトルにある通りVacationも近づいてきてますね…

 

そんなわけでまずは英単語から

 

VacationHolidayの違いは分かりますか?

 

かの有名なオックスフォード大学では、あえてVacationという言葉が用いられています。(イギリス英語では休みという意味ではHolidayのほうが一般的です)

 

なぜだと思いますか?

 

言葉の成り立ちを考えてみましょう。

HolidayHoly+dayというようなイメージなのでキリスト教的な要素の強い単語で安息日のようなニュアンスに近いといったところでしょうか。

一方で

Vacationto vacate, vacantなど

Vacantの意味は分かりますよね??形容詞で「空の、空いている」というような意味です。

Vacateは動詞で「空ける、空にする」

そろそろどういう意味か察しのついた人もいるのではないでしょうか?

 

つまり大学は休み→Vacantだけど他の場所で勉強に励みましょう!というような意味が含まれているということです!

 

以上私が好きな授業で教授が教えてくださった豆知識でした。また単語を覚えたいときはこのように成り立ちを考えるのも一つの選択肢だと思います!

 

そして、自分の学部は教授も外国人の方や日本人でも長く日本にはいなかったような方が多くいます。そのためユーモラスな先生も多くどの授業も聞いていて飽きません!気になることがあればぜひ聞いてください!

 

 

さてさて、前置きが普段のブログ並みに長くなってしまいましたが、本題に入っていきます。

皆さん受験勉強に励んでいて高校に通うのは当たり前。大学受験をするのは当たり前。大学受験が終われば大学に進学することは当たり前。と思っていますか?

 

 

実は皆さんは高校に通う必要も大学に通う必要も法律上はありません!!

 

なぜならこれを読んでいるほとんどの人(高校生)は義務教育を終えているからです。

大学入試に必要な知識がなくても生きていくことはできます。大学に行かなくても立派な人は沢山います。皆さんが良く使っているiPhoneで有名なappleの創業者スティーブジョブズは大学を中退しています。

 

大学を卒業しなくても大学を卒業した人以上の偉業を成し遂げることは可能であることは示されています。

 

どんな理由や過程があったにせよ、大学受験をすることを選択したんです。

 

せっかくしたその選択。なんとなく勉強して中途半端な結果なんてもったいないと思いませんか?

 

高校三年生にとっては最後の夏です。直前期以外でこんなにまとまった時間を充てられるのはこの時期が最後です。自分の限界まで追い込むことでしょう。でも、きつい状況のなかでも常に自らを支えてくれている人がいることは忘れないでください。

 

二年生や一年生は遊びたくてたまらないでしょう。もちろん色々なことが出来るうちにしておくのも良いことです。でも、ある程度のところで折り合いをつけることも大切です。遊びも部活も勉強も何でも全力で取り組みましょう!そうすればきっと今の自分と夏休み後の自分では違ってくると思います。

 

 

せっかくのSummer Vacation”です。(学校はVacationでも新宿エルタワー校は一日を除き基本的に毎日やっています!)

今までの人生で一番成長した!と言えるような夏、HolidayではなくVacationにしましょう!

 

我々も全力で頑張る皆さんをサポートするので是非アツい夏にしましょう!

 

 

明日のブログは立教大学木原担任助手です!お楽しみに!