模試は”成長へのツール”(鶴) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 10月 18日 模試は”成長へのツール”(鶴)

皆さんこんにちは、早稲田大学創造理工学部1年です。
 
なんだかめっきり寒くなってきましたね、入試本番も近づいてきますので、体調管理により一層気を付けながら勉強を進めていきましょう。
 
 
 
さて、10月28日は何の日か、覚えていますか?
 
答えは”全国統一高校生テスト”です‼
 
皆さんはこのテストをどのような位置づけとしてとらえているでしょうか?
今回の模試の普段と違う点とは何でしょうか?
 
それは”無料”という点です。
 
これが何を意味しているか分かりますか?
“無料”であるということは、受験者数が多いということです。
そして受験者数が多いということは諸々のデータ精度が高いということです。
 
データとして、母数が1万個のデータと10万個のデータを比較すると、その正確性は文字どおり桁違いになっていきます。
 
そしてこれほど精度の高い模試は他に類を見ないものになっています。
それほどの模試なのです。
前日までの勉強だけでなくコンディションの調整や当日の朝の過ごし方まで、
細部にまでこだわりを持って受験するようにしましょう。
 
ここで質問です。模試は受験することが目的でしょうか?
そうではないはずです。
模試は成績を”伸ばす”ためのツールです。
そして成績を”伸ばす”ための1つ目ステップとして大切になってくるのが”見直し”です。
模試の見直し、その”方法”に注目したことがある人はどれくらいいるでしょうか?
 
今回の全国統一高校生テストには超豪華な解説授業、東進ハイスクールの大岩秀樹先生による”特別公開生解説授業”がついています‼
 
 
 
全国統一高校生テストの翌日、10月29日の19時から21時の約2時間、全国統一高校生テストの英語を解説‼
 
模試を”成長へのファーストステップ”とするきっかけをつかみに行きましょう‼
 
明日は東京大学理科1類1年清藤担任助手です!エルタワーのアイドルは何を語るのか、、乞うご期待!!!!