東進にしかない場所!(松本) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 5月 19日 東進にしかない場所!(松本)

こんにちは!

早稲田大学文学部2年の松本です。

さて、今週はグループミーティングをテーマにブログをお届けしていますね😊

今までのブログで1年生の担任助手が意義や目的について沢山書いてくれているので今日も“私なりの”グループミーティングについて、をお話したいと思います!

 

 

↑↑↑今週からスタートした私の担当するグループの高3生の皆さんです^^

 

みなさんはなぜグループミーティングがあると思いますか??

私が思う、グループミーティングとは

共に受験を戦い抜く同士と切磋琢磨する場所

ということです。

 

受験勉強は自分一人で行うものと思われがちです。

たしかに最後に発揮する力は自分の持っているもの以上のなにものでもありません。

しかし、その受験本番までの過程で受験生である自分には想像以上に多くの人の存在が関わっています。

例えば両親、学校の先生、兄弟、学校の友達…

その中でもグループミーティングのメンバーの存在は受験本番まで、そして大学生になってからも、とても大きいものだと思います。

同じレベルの大学を目指し、東進ハイスクール新宿エルタワー校の生徒として同じ勉強環境で過ごし、最終的には同じ目標に向かっていくメンバーです。高校の仲の良い同級生とも、また違った存在ではないでしょうか?

そんな仲間を超えた同士と、時には将来の夢について語り合ったり、時には受験勉強での悩みを相談し合ったりする中で切磋琢磨できるというところにグループミーティングの意義はあると思います。

もし今、まだグループミーティングのメンバーとそれほど話したことがない…よく知らない…というひとがいれば、ぜひ、これからのグループミーティングではメンバーとたくさん話してください!!1人で考えても解決しないこと、実はたくさんあると思います。そんなことも解決できてしまうのがグループミーティングの場です!

そんな皆さんの力に私たち担任助手も少しでもなりたいと思っています。

そのためにグループミーティングには1人ずつ担当がついていますね!

 

しかしそんなグループミーティングも週に1回30分しかありません。

たったそれだけの時間だから“こそ”皆さんで沢山の分かち合いを通して有意義な時間を皆さんの手でつくっていきましょう!!

 

明日は東京農工大学の吉瀬担任助手です

お楽しみに!