引退からの学び(吉瀬) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2019年 11月 20日 引退からの学び(吉瀬)

こんにちは、3年の吉瀬です!

昨日に引き続き引退について語ります。
ようやく受験にも絡めます!

さて、大した成果も残せずに15年以上続けてきたサッカー経験から僕が学んだことがあります。
それは過程の大切さです。
勝負の世界では、「結果がすべて」ということがよく言われます。実際にどれだけ努力しても結果が出なければ努力していなかったのと同じことになってしまいます。そうすると何のための努力だったのかという気持ちになるし、結果が出なかったことに対して努力したからいいやなどと考えていては改善はなく、次もまた同じ結果になってしまうでしょう。

当然、結果を出すことができるのであればそれに越したことはありません。ただ、勝負の世界で勝ち続けることはほとんど不可能です。誰にだって勝つときもあれば負けるときもあります勝った時には満足負けたときには反省。人生にはその2通りしかないのでしょうか?「結果がすべて」という言葉はそんな解釈もできますよね。

僕のサッカー人生は上の2通りとは違う結果になりました。小さいころにはプロサッカー選手を目指していたのに、結局ろくにプレーすることもできないレベルにまで落ちぶれてしまったのですから結果は完全に負けです。ところが前述の通り僕は自分のサッカー人生に満足していました。

負けても悔いが残らないときがあります。それは自分のできることは全部やり切ったときです。
反対に勝ってもまだ満足できないときもあります。それはまだやれることがあったという後悔があったときです。

さて、この話を受験に置き換えて考えてみましょう!

大学受験においても、一つ一つの試験において合格する人がいれば同時に必ず不合格になる人がいますよね。別に不合格になったときに準備をしておこうというわけではありません。合格でも不合格でも受験勉強の過程に満足できるような状態ではない人は受験が終わったときに心から満足することはできません。そして逆に、心の底から、本当に、自分はもうこれ以上できないというくらいの努力をすることができれば、結果が出なかったとしても最後には納得することができるのではないでしょうか?

結果にこだわることも大事ですが、受験勉強の結果が出るのはもう少し先です。この時期はとことん過程にこだわって取り組んでみるのがいいと思います。
みなさんはこのまま受験勉強が終わっても自分自身に納得できると思いますか?なかなか自信をもってできる!と言える人は少ないと思います。

最近、僕は日々のタスクを直前にこなしているので、受験までの2か月弱はまだまだ十分な時間があるという風に感じます(笑)
受験勉強を始めてからそれなりの時間が経っている人が多いと思いますが、長い受験勉強もいよいよラストスパートをかけ始める時期に差し掛かってきたと言えると思います。
エンジンをかけ直して一緒に走っていきましょう!!!