今頑張っている受験生の皆さんへ(西村) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2019年 2月 2日 今頑張っている受験生の皆さんへ(西村)

お久しぶりです!社員の西村です!

いよいよ2月になり、受験生のみなさんは私立大学の入試が本格化。

国公立大学入試までも、あと残り1か月を切りましたね。

みんなは今どんな気持ちで、勉強と向き合っているでしょうか

 

 

 

新宿にある、京王プラザホテルを見上げると、思い出すことがあります。

ここは私にとってとても、とても思い入れのある場所です。

北海道からはるばる、はじめて東京に来て、国立大学の二次試験の為に宿泊したホテルが、

他でもなくこのホテル。

それなので、私はこのホテルを見ると自分の受験の日のことを思い出すんですよね。

 

予約を取るのが遅すぎて、京王プラザホテルしか空いているホテルがみつからず、

学校の先生に宿泊先を報告すると、

「お前、それは芸能人が結婚式とか挙げるホテルだぞ~!」

と職員室中で笑われたのを覚えています。

 

受験を受けに行くドキドキに加えて、そんな素敵な大きなホテルに泊まれるのかと、道産子の私はドキドキしていました(笑)

 

で、入試1日前、ホテルに到着。

参考書でいっぱいの重たーいリュックを、白い服を着たかっこよいホテルのお兄さんがすぐに持ちに来てくれ、キャリーケースとともに、運んでくれました。

東京ってすごい!新宿ってすごい!おもてなしの心素晴らしい!プロ!と思った西村でした。

 

しかし…実はこの時から私に異変が…

飛行機に乗った時から、なんだか身体が重いなあと思っていたのですが、

なんとまあ、発熱していたんですよねー…(体調管理は本当に気を付けようね…。)

 

センター失敗していて、二次試験が勝負だったのに、、、

沸き上がる気持ちを必死で抑えつつ、

意識が朦朧としている中、必死でホテルの机で勉強しました…。

ホテルを楽しんでいる余裕なんて、最初のフロントでの5分だけでした(笑)

正直しんどかった…

 

でも、そんな中鮮明に覚えているのは、

同行してくれたお母さんが買ってきてくれた美味しいうどん

変な栄養ドリンク(怪しげな名前ついてました)

ホテルの部屋で必死に勉強する私を、テレビもつけず、話しかけもせず、

ただただ静かに見守ってくれていたお母さんのまなざしです。

 

「頑張れ!」

みたいな言葉は、あまり言われた記憶がありません。

でも、その行動や気遣いから、誰よりも応援してくれていること、

心配してくれていることを、

とてもとても感じましたね。

 

みんなはどうでしょう。

今、応援してくれている人の顔、存在、ちゃんと見えてますか?

自分でいっぱいいっぱいになって、目の前のことにいっぱいいっぱいになって、

何か大切なものを忘れたりはしていませんか。

 

今東進に通っている人、東進以外の予備校に通っている人、

予備校に通えるということはどういうことなんだろう。

誰のどんな支えがあって、勉強できているんだろう。

 

勉強して疲れて帰ってきたとき、

用意されているご飯やお風呂、それも当たり前のことではありません。

 

入試直前の今だからこそ、

というか、入試に臨む今だからこそ、そういう人たちの存在にきちんと感謝しつつ、

そういう人たちの想いをきちんと受け止めた上で、受験会場に行ってほしいなと思います。

 

ここがちゃんとできている人は、

一人じゃないことをわかっているから、

本番、どれだけ厳しい状況や緊張に襲われても、孤独じゃないと、

最後まであきらめずに頑張り抜くことができるからです。

 

大学受験をしたい!と思って、それができる!ということ自体、

人にも環境にもみんなは恵まれている。

 

今いろんなプレッシャーで、受験なんて早く終わってほしいなとか、辛いなとか、

そういう風な感情が沢山溢れてくる時期の人もいるかもしれません。

 

でもぜひ、ラストスパートのこの時期や受験当日は、もっと前向きな気持ちで戦ってほしい。

その方が絶対に力が発揮できるから。

 

その日、その大学を受験できていること、幸せだなと思って受験してきてください。

 

私からは以上!

明日受験の皆さん、今日はゆっくり寝て、笑顔で頑張ってきてください!

明日のブログは同じく社員の宮沢さんです。お楽しみに(^^)/

↓センター試験同日体験受験の次は!!↓