よいお年を!(樺) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 12月 31日 よいお年を!(樺)

こんばんは、です!

2018年を締めくくる大切なブログ担当を任されました!

ということで、今日のブログは、わたくし樺の「2018年の振り返り」「2019年の抱負」「みんなへのメッセージ」の2本立てでいきます!!

 

その前に、大晦日になぜか2018年の運が回ってきた出来事がありました。

お昼ご飯のために何気なく買った神戸屋のパン、レシートを見てみると、、

なんと!?お会計が、777円!

大晦日のほっこりエピソードでした(笑)

 

ではでは本題に。

1.2018年の振り返り

2018年もいろいろありました。

大学生活ではついに2年生になり、教職の授業が週5日増えてすごく忙しくなりました。

他にも、よくわからない物理学をひたすら学んでいる日々が続いていて、頭がパンクしそうでした。

 

東進生活では、みなさんの前に立って話す機会が多かったような気がします。

受付でもみなさんにたくさん話しかけて、少しでも心の拠り所になれたらなと思いながら勤務していました!

 

2018年を漢字一文字で表すと、、

「忙」

かなと思います。

大学生活をはじめ、つねにバタバタしている1年間だったなと思います!

 

2.2019年の抱負

2019年は亥年「諸突猛進」がんばっていきましょう!(笑)

冗談はこのくらいにして、年明け3か月は東進ハイスクールに通うみんなにとって大切な時期です。

2019年が特別というわけではなく、1月~3月は常に大切だと思います。

1月にはセンター試験本番&同日体験受験、2月には私立一般・国立二次&期末考査、3月は卒業式・進級準備

どれも人生の中で大切な一瞬です。

みなさんにとってより良い3か月になるように、僕も頑張ります、祈ってます!

 

3.みんなへのメッセージ

それでは最後に、みんなへのメッセージということで、、

僕の尊敬する偉人の名言をみんなに送ろうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

“It is difficult to say what is impossible, for the dream of yesterday is the hope of today and the reality of tomorrow.”

Robert H. Goddard

「何が不可能なのかを言うのは難しい。なぜなら昨日の夢は今日の希望であり、明日の現実なのだから。」

ロバート・H・ゴダード

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年、一度はどこかで話していて知っている人もいるかもしれません。

ですが、僕の人生のテーマにしている言葉を、改めてみなさんに伝えたいです。

 

ロバート・H・ゴダードは、「ロケットの父」と呼ばれる偉人です。

とにかく必死にロケット制作に取り組んだ、人生の先輩です。

 

常に前を向いて走り続けるみんなにとって、昨日見た夢の中に思い描いている将来の像は、どんなものですか?

それはおそらく暗いものではなく、光り輝く姿だと思います。

その夢は、日々努力しているみんなの手となり足となり、大きな原動力となっていきます。

ときには、つらいことや苦しいことが待っているかもしれません。

でも、落ち込むことはありません。

夢という名のロケットが、みんなを明日の素晴らしい現実へと連れて行ってくれます。

 

常の笑顔を忘れず、思い描いた夢を忘れず、自分を信じて走る続ける。

2019年が、みんなにとってそんな素敵なものになりますように、、

 

2019年も新宿エルタワー校のブログをよろしくお願いします!

ではみなさん、よいお年を!