1月 | 2017 | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 2017年01月の記事一覧

2017年 1月 31日 受験期の過ごし方(森)

こんにちは!早稲田大学の森です。

今日は昨日とは打って変わりとても寒かったですねー(>_<)

昨日はマフラー巻くのも暑かったですが、今日はマフラーも耳当てもしないと寒いぐらいです…

インフルエンザ等風邪が流行っている時期ですので、気温差には十分に気を付けましょう!!!

 

そして、今日で2017年最初の一か月が終わりますね。

そして明日からは2です!

そう。受験が本格的に始まる月がついにやってきました‥!

受験シーズンに突入ということで、このブログでは受験期の過ごし方を紹介したいと思います。

まず、私の受験期についてお話ししたいと思います。

私は1月センターが終わってから2月中どう過去問を解いていくか計画をカレンダーに書き込みました。受験中はその予定通りに過去問を解いていきました。それに加え、試験を受けた後、社会科目は必ず全て丸つけをして、間違ったところを確認・間違った問題の周辺の範囲を復習をしていました。

ざっとこんな感じです。

 

私がこの時期にみなさんに気を付けた方がいいと思うことが3点あります。

     受験終了までの計画をしっかり立てよう!

試験がない日はどこの学校の何の科目の過去問を解くかを決めます。受験期は本当に時間との勝負です。残り少ない時間でどれだけ自分の弱点を埋められるかが非常に重要です。その日になってから決めるのでは時間の無駄なので、決まっている試験の日程に合わせて計画を立てておくことをお勧めします。

その際、1年分丸々解くのではなく、自分が苦手な大問のみというのでもよいと思います!

 

     社会科目は必ず復習しよう!

→受けた入試の丸つけをして、その日のうちに間違えた問題の復習をしましょう。

違う学校でも似たような問題が出ることがよくあります。

実際去年経験して3校くらい同じ問題が出たということもありました。

そして復習の際は、その問題の答えのみを確認するのではなく、その問題に関連する事項全て復習しましょう!

例えば世界史で言うならば、条約についての問題を間違えたなら知ってる限りの条約全ての意味を再確認するなどです。

そうすることで新たな抜けを見つけることができると思います。

受験期は「苦手なところを見つけて埋める」。

この作業の繰り返しで絶対点数は上がります!!苦手分野を避けずに埋めましょう!!

最後まで暗記科目はあきらめないでください! 

     つらいときは担任助手に頼ろう!

→勉強も大事ですがメンタル面も重要になってきます。もうだめだ…と思って受けると自然と思考も停止して点数は下がります。

またメンタルブレイクしている状況では勉強に手が付けられません。

何か困ったことがあったら些細なことでも担任助手に相談しましょう!経験者からの言葉は染みます。

私も去年問題が解けなくて号泣した時に担任助手の人からアドバイスをもらって本当に救われました。

私たちはみなさんの味方ですので是非相談しに来てください!

 

 

以上3つを気にしてみてください!(^^)!

人生で最初で最後の大学受験。人生で最後の受験です。

本気で問題にぶつかってきてください!!!!

応援してます!!

自分に自信をもっていってらっしゃい(^^)/!!!

 

明日のブログは上智大学の菊地担任助手です!お楽しみに(*^-^*)

2017年 1月 30日 なんと今日は(菊地)

こんにちは、上智大学一年の菊地恭輔です 😆

今日なんと

渡辺勝彦先生公開授業に来てくれました!

 

授業の様子です

今回の渡辺先生の公開授業は大盛況でした!

しっかりと分かりやすい授業をしながら、時折笑いを混ぜてくれて

飽きの来ない授業でとても参加してくれた方々は満足してくれました。

 今回の授業で何回も渡辺先生がおっしゃっていたことは

「英語は3月31日までけりをつける」

「高2を制する者が受験を制す」

この二つは英語の重要性を簡単に言った言葉です。

英語の勉強は高2の中にけりをつけ、そのまま追いつかれることなく、他教科で逃げ切る。

なので3月31日に英語をけりをつけることがかなり大きな山場だということです。

またけりをつける為にはどうしたらいいかなど色々と細かく説明してもらいました。

今回の公開授業に参加した人もしてない人もですが

英語にけりをつけられるかどうかはこれからかなり重要になってきます。

なので東進の勉強をサポートしてくれるものをしっかりと使い切りましょう!

例えば担任助手にどのように高速暗記を勉強していたのかを聞いたり

アプリ等を活用してどんどん進める

授業のリスニング音源を聞くなど

成績を伸ばす方法は色々とあるので

どんどん活用をしてどんどん成績を伸ばしましょう!

 

明日のブログは早稲田大学に通う井出担任助手です。

彼はどんなブログを書いてくれるんでしょうか?

お楽しみに 😉

 

2017年 1月 29日 自分が不利だなんて思わないで!(高村)

お久しぶりです!!
 
慶應大学看護医療学部1年の高村日出花です(^^)
 
 
 
 
 
今日は私の大学の友達のある女の子の話をしようと思います。
 
 
 
彼女は中国人と日本人のハーフで生まれも育ちも中国。
 
初めて来日したのは中学校1年生の時。
 
外見も苗字も名前もバリバリの日本人。
 
しかし当時彼女は一切日本語が話せませんでした。
 
 
中高6年間で日本語を学び、今では日常会話を難なくこなせるようになりました。
 
 
 
私からすると中国語、英語、日本語と3か国語も話せる彼女がうらやましくてたまりません!!
 
 
 
しかし彼女にはある悩みがあります。
 
 
それはどの言語の論文も読めないということ…。
 
 
大学に入ってから授業に限らず研究会などでも論文を目にする機会が増えます。
 
彼女の場合中国語を話していたのも小学生までだったため分からない中国語の単語や慣用表現がたくさんあるようです。
 
 
私は中学校に入学して英語を学び始めてから帰国子女の人やハーフの人で日本語以外の言語を話せる人は正直ずるいなって思ってました(笑)
 
そう思っている人、たくさんいるのでは??
 
 
しかし彼女に出会って、私が日本語の論文を苦労せず読めることも、ある人にとってはうらやましいことなんだと分かりました。
 
つまりお互い様ですね(*´ω`*)
 
 
さあ、ここまでの話で私が言いたかったことはずばり、
 
「自分は不利だ!!」
 
と思わないこと。
 
 
きっと勉強で他人と自分を比較する機会が多いと思います。
 
そこで自分は不利だと思っても何の解決にもつながりません…。
 
 
自分なりにできることを精一杯やればいいんです。
 
けど甘やかしてはダメです!!
 
 
 
 
 
明日のブログは上智大学1年の阿部担任助手が担当します。
 
お楽しみに(*^_^*)

2017年 1月 28日 学ぶということ(綱分)

みなさんこんにちは!担任助手1年生の綱分です(*^_^*)

 

3年生のみなさんはまさに今。積み重ねてきたことを発揮するときが来ていますね。

そして1年生、2年生のみなさんは、校舎でそんな3年生の姿をみていると思います。

どう感じますか?来年、再来年は自分たちの番だと楽しみになるでしょうか。緊張するでしょうか。間に合うだろうかと不安になっている人もいると思います。

かくいう私が高2だったころを思い出してみると、こんなことを考えていました。

「この生活があと1年も続くのか・・・長い」

私は高2のときには既に志望校を見た勉強をはじめていたので、こんな生活が、もっと「勉強しかすることがない」生活があと1年も続くと絶望したのだと思います笑

結果的に私はその「勉強しかすることがない1年」を乗り越えました。むしろ楽しめたと思います

なぜか。気持ちの悪いことかもしれませんが、勉強が楽しかったんです。去年は、テレビを見ているときよりも勉強しているときの方が落ち着きました。

 

話は変わりますが、私は昨日まで大学の定期試験を受けていました・・・!

話した何人かにひかれましたが(笑)、正直テスト前は去年の受験前よりも集中して勉強していました。

大学の勉強ははっきりいってとっっても難しいです。一回講義を聞いただけでは到底理解できないこともたくさんあります。

ただ、自分で教科書を読み解いて、友達と一緒に奮闘して、めちゃくちゃ賢い友人に解説してもらって、できるようになるのはとても嬉しく楽しいことなのです。

大学に入って勉強しない人はたくさんいます。もちろん他に熱中することを見つけて勉強が優先事項にならない人も多くいますが、中には「最低限のテスト勉強さえせずにこの人は一体毎日何をしているんでしょう」という人もいます・・・(^_^.)
自分がやりたいことを学べる大学に入るために今努力しているのに、その過程で勉強が嫌いになったり努力することに疲れてしまうなんてとてももったいないことですよね。

受験勉強、つらいこともたくさんあると思いますが、是非「大学に入ってからの生活を楽しむための努力」という大前提を忘れないようにすごしてほしいなと思います。とはいえ私も去年までみなさんと同じ高校生だったほやほやの大学一年生なので、みなさんと一緒に日々成長していけるようにがんばります(^o^)

 

明日のブログは高村担任助手です。お楽しみに!

 

 

 

2017年 1月 27日 自然体(松尾)

↑告知です

1月30日月曜日に渡辺勝彦先生がナガセ西新宿ビルにて公開授業をしてくださいます。

通称ワタカツ先生は長文の速読方法に重きを置かれている先生です!

長文が苦手な人はぜひ参加しましょう!お電話待ってます!

 

みなさんこんにちは!

慶應大学に通う一年生の松尾淳平です。

中学受験の時の話。もう、7年も前になります。僕は第一志望の早稲田と滑り止めの計4校を受けました。

結論から言うと滑り止めには落ち、早稲田には受かりました。
僕は滑り止めとして受けた中学校に落ち、どうしても行きたかった早稲田に受かりました。
なんででしょうか
自分の予想外のことが良くも悪くも起こる。だから受験は恐ろしくまた不思議なものです。
今となってはあまり覚えてないのですが1つだけ覚えていることがあります。
それは、早稲田受験の時、絶対に一問も落とすものか。という意気込みで何度も何度も時間の許すばかり見直しをした事です。
それが功を奏したのか受かることができました。
皆さんは今までいろんなことを犠牲にして勉強したと思います。努力っていう一言ではきっと表せないでしょう。それくらいどんな努力をしてでも、行きたい大学なんだろうなと思います。
しかし、試験はシビアです。泣いても笑っても結果は冷酷です。
学校側だって感情でこいつは合格。不合格。にするわけにはいかない。
じゃあどうするか?
今まで学んできたことを、一枚の答案に表現すればいい
俺は、私はこの学校に行きたいから、これだけの事をやってきたよ。こんなに努力したんだよ。って
かつて自分が中学受験をした時、見直しを血眼になってした。
勉強云々よりもその姿勢が評価されて合格できたんじゃないかって思います。その諦めない姿勢が。
センター試験も終わり、各大学の入試がボチボチ始まっています。
頑張れと言うとすごい他人行儀な気がしてしまい、であまり好きではないので、そっと背中を押せるように「校舎で待っています。」
といいましょう。
それでは最後に僕が敬愛する芸人スピードワゴンの小沢 一敬さんの言葉で締めたいと思います。
ポジティブに行こうとか、
ネガティヴにならないようにとかみんな考えすぎ。
ネイティブに行こう。
自然体
明日は東京大学に通う綱分担任助手です!!