5月 | 2016 | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ 2016年05月の記事一覧

2016年 5月 31日 月末になって思うこと。(北川)

こんにちは!早稲田大学政治経済学部政治経済学部経済学科2年の北川千裕です!

本日久しぶりにブログを書かせていただきます!

今日は、5月31日です。。そう、みなさんご存知の通り月末です!

 最近は時の流れが早く、毎月「もう月末か!」というように感じられます。

皆さんはいかがでしょうか?今月どんなことをしたか、思い返してみてください。

今月の頭といえば、GWがありました!今年は特に長かったですね!

それに加えて、中間テストや体育祭などイベントが盛りだくさんだったのではないでしょうか?

出来事を振り返るとともに、皆さんに考えてみてほしいと思います。

「今日の自分は先月の自分よりも成長しているだろうか?」

そもそも、皆さんは今月どこをどのように改善し、成長したい、という目的意識をもって1か月過ごしていたでしょうか?

自分が今やっていること、勉強に限らず、それは何のためにやっているのか考える癖をつけてみてください。

もちろん達成できるかどうかは別です。目標を立てて、それを達成できるためにはどうすればいいか考えることが計画を立てることになります。そして1か月過ごした後、自分の行動を評価してみましょう。100点満点で何点になるでしょうか。

そして、その足りなかった点数が次の目標になってくるでしょう。

一瞬一瞬を成長に。

これは私が以前立てた自分のスローガンです。

 自分のやりたいこと、夢の実現のためには今の自分から成長することが必要です。

そしてその成長は、日々の目的意識から生まれます。

早速来月の目標を立ててみましょう!30日でどれだけ成長できるかどうか、楽しみになってきましたね!(*^^*)

次回のブログは立教大学の生方担任助手です!お楽しみに!

2016年 5月 30日 文法が苦手な君へ:杭を打たないで建てたマンションは後々どうなる?(西村)

こんにちは!西村です。

昨日、エルタワー校のお隣、ナガセ西新宿ビルにて

今井先生による「父母のための難関大合格講座」というイベントが行われました!

今井先生の軽快なトークに、会場は笑いの渦に包まれていましたよ!

あっという間の2時間でした!

さて、今井先生のお話の中で、印象的なお話があったので少しだけ紹介させてください。

 

「マンションを建てるとき、杭を深く打ち込まなければ、後々悲惨なことになるよね」

「君は味噌汁を作るときに出汁を取らないの?」

 

これは、今井先生が英語の勉強において、文法を軽視する生徒に対して掛ける言葉だそうです。

 

センター試験や模試において、純粋な文法問題はほんの少しに見えるかもしれません

ですが、皆さんが重要視している長文読解もまた、実は目には見えない文法問題です。

 

杭を深く打たなかったマンションがいつか傾くように、

文法理解を中途半端にしたままで長文読解に臨めば、必ずボロがでます

躓きます。

 

さて、皆さん。高速暗記、しっかり進んでますか?

文法、軽視していませんか?

きっとした人、今すぐ始めましょう。杭を深く打ち込みましょう!

 

 

今井先生のお話を聞くことができる貴重な機会が、

なんと皆さんにも!!!!!

6月14日(火)19:00~21:00

ナガセ西新宿ビル9階で、今井先生の公開授業が行われます!!!

普段映像でしか見られない今井先生の授業が、生で受けられるんです!

この機会、逃したら、絶対後悔しますよ!!!

東進生以外のお友達も参加可能なので、ぜひ一緒に参加してみてください!

 

 明日のブログ担当は、担任助手の福澤くんです!お楽しみに!


 

 

 

2016年 5月 29日 志望校の決め方(阿部)

 

 

こんにちは!
上智大学1年の阿部桃子です(^^)

中間テストもそろそろ終わるころですね!
私も明日で今月のテストが終わります\(^o^)/

ちょっと気が早いかもしれませんが、もうすぐオープンキャンパスの時期ですね!
オープンキャンパスは大学を見学できるだけでなく、興味のある学部、学科の授業を体験できたりするとても良い機会でもあります。

それに伴い、今日はみなさんに志望校についてお話ししたいと思います。

みなさんはどうやって、第一志望、第二志望など志望校を決めていますか??

やりいこと、将来の夢に沿って大学、学部を決める人。

なんでもいいから早稲田大学にいきたい!など憧れの大学にこだわる人。

この2パターンにおおまかに分けられると思います。
私は受験生時代、後者でした。
入試の際、今通うフランス語学科以外は全て興味よりも受かりやすさ、偏差値などを重視して学部を決めてしまいました。

しかし私は大学に入学し2ヶ月間勉強した上で考えると、大学だけじゃなく、

自分のやりたいこと、身に付けたいスキルにも目を向けるべきだったと反省しています。

まず興味のある学問を学ぶことによって、
1番は当たり前ですが、モチベーションが高いためスキルアップがのぞめます。
そして、意識の高い仲間同士で切磋琢磨できます。

私の学科は上智大学で“いばらのフランス”とも呼ばれており、毎月多くのテストがあり、他の学部の人よりも自由に過ごせる時間も少なく、忙しさで悩むこともありますが同じようにフランス語を習得したいという目標を持っている友達と毎日授業を受けることで頑張る刺激をもらっています。

また、入学当初は大学に合格したことで自分に自信を持って満足してしまっていた面もあったけれど、
周りの人たちの学力だったり、向上心、教養に劣等感を感じ、それを克服するためにも大学でも学び続ける努力をしようと思えています。

このように、スキルアップや大学でも自分と同じ興味や夢を持っている仲間と出会うため、そんな環境で勉強するためにも学部選びはかなり重要です。
受かること、行きたい大学に行くことで頭がいっぱいかもしれませんが、大学でも学び続ける自分を想像してもう一度志望校を見直したり、考えたりしてみてくださいね(^o^)

明日のブログは東京学芸大学の寺田担任助手です!

 


 

2016年 5月 28日 テスト後にすること(綱分)

こんにちは、東京大学理科1類の綱分です。
 
(写真は菅原担任助手です)
 
中間テスト真っ最中という人も多いと思いますが、
テスト前日になって「あ、自分ここ分かってない…!」と気づくことはありませんか?
 
そしてそんな時、
「明日点数が取れるようにとりあえず丸暗記しちゃえ!」
となっていないでしょうか。
 
とても危険です。
 
「テストが終わったらもう一回勉強し直そう」
という計画がきちんと実行されることはほとんどないはずです笑
 
まずは前日まで放置していたことを反省しましょう。そしてきっちり学び直しましょう。
 
入試本番を経験して思ったのは、手馴れていない道具を本番でうまく使うことはできないということです。
 
緊張と興奮で麻痺した頭では、そもそもその道具を使うことすら思いつけないのです。
 
まだ余裕があるこの時期に、学んだ公式をきちんと「理解」できているかもう一度確認しましょう。学校のテストはそのいい機会です。
 
昨日の松尾担任助手のブログにもあったように、テストのせいで受講ができない、受講してたらテストが壊滅的だった、なんて言っている場合ではありません。
 
与えられた苦難をいい機会と捉えて活かせるととてもいいですね!
 
明日のブログは上智大学に通う阿部担任助手です。お楽しみに!
 


 

 

 

2016年 5月 28日 いや、今日は中間の勉強があるので...?(松尾)

こんにちは!

慶應大学経済学部に通っています一年担任助手の松尾淳平です!

僕は今大学で中間試験の課題やレポートに追われて大変です(;O;)

まあ、受験生のみんなからしたら微々たるものなんだろうけどね(笑)

(↑写真は6月14日に控えた公開授業の準備の様子。美女3人ですね)

さて、、、

今皆さんは中間試験に追われて忙しい日々を送っていると思います。

そんな時期に聞こえてくるのが...

俺「お疲れ様~。今日何受講した??」

生徒「いや、今日は中間試験なんで、すいません。」

俺「...」

みたいなやりとりです。

中間試験や学校の小テストは確かに大事で、

定期テストはセンター試験や二次試験に直結します。なのでないがしろにすることは言語道断です。

で、す、が

みなさんに考えてほしい事は

同じことを入試前でもいえるのか?という事なんです。

入試前の最後の定期テスト前でも

「テストがあるから受講しません。」

って答えますか?答えはだと思います。

みなさんはきっと必死になってテスト勉強もし、受講もしているだろうと思います。

つまり

みなさんに覚えてほしい事は

どんな時期であっても、明日は本番だと危機感をもって勉強する

ってこと。

「まだ5月だから。」

「まだ夏があるから」

「まだ8ヶ月もあるから」

ってみなさんが思っている以上に夏は早く来て、秋は終わり本番が近付いてきます。

言い訳をして、自分を甘やかすのではなく、

本番が近づいていることを意識して、今日から日々精一杯努力しましょう!!

今日妥協する者は、明日も妥協する。

今日も一日お疲れ様でした!

明日のブログは東京大学に通う綱分担任助手です!

お楽しみに!