3月21日の自分は。(樺) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 9月 21日 3月21日の自分は。(樺)

こんにちは!!中央大学理工学部物理学科に通っています、樺晋之輔です!

今日は9月21日です。センター試験まで残り119日となりました。

みなさん、勉強は順調に進んでいますか?焦りを感じている人も多いと思います。

ですが今日はちょっと「未来の話」をしてみましょう!受験生向けのブログになるかもしれませんが、低学年の人もぜひ読んでください!

 

ちょうど半年後、2019年3月21日、みなさんはどこで何をしているでしょうか?

自宅でTVを見ながらゴロゴロしているでしょうか?友達と一緒にディズニーランドに出かけているでしょうか?はたまた卒業アルバムを見て思い出にふけっているでしょうか?

人それぞれ、イメージできることは様々だと思います。

なぜこの質問をしたかというと、国公立大学の後期試験の合格発表のほとんどが3月20日に行われるため、受験生の大半は3月21日までに大学受験を終えているからです。

 

では、2019年3月21日、みなさんはどんな表情をしているでしょうか?

笑っているでしょうか?涙を流しているでしょうか?それとも真剣な顔をしているでしょうか?

上に挙げた例はどれも、ちょうど半年前、2018年3月21日、昨年度の受験生の表情そのものです。

 

東進に通っているということは、みなさんは一人残らず、「大学受験をすると決意し、志望校へ合格して笑顔で卒業すること」を目指していると思います。

みなさんはもちろんそのように考えていると思いますが、それ以上に僕たち担任助手はそのような未来が来ることを願って、その願いを叶えるために働いています。

エルタワー校の全スタッフが、昨年の受験生の笑顔や涙を目にして、「今年こそはみんなに涙を流してほしくない、笑顔で大学受験を終えてほしい」と日々思いながら、みなさんに本気でぶつかっています。

だからこそ僕は、みなさんも本気で机に向かってほしいし、担任助手に対して本気でぶつかってほしいと思っています。

今までの努力はまだまだみなさんの本気じゃないと思います。まだまだ頑張れると信じています。

残り半年、自分の人生を変えるつもりで2019年3月21日に笑った自分でいられるように本気で大学受験に挑んでみましょう!

 


僕たち担任助手は、みなさんの未来を決めるきっかけになる存在です。

僕たち担任助手は、みなさんと本気でぶつかり続けるサポーターです。

僕たち担任助手は、みなさんのことを誰よりも信じている応援団です。

僕たち担任助手は、みなさんのことを誰よりも愛している夢追い人です。


 

明日のブログは澤田担任助手が書いてくれます、お楽しみに!!