新担任助手 自己紹介 ~渡部編~ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2020年 4月 15日 新担任助手 自己紹介 ~渡部編~

こんにちは、新大学一年担任助手の渡部(わたべ) 翔太です。これからよろしくおねがいします!

今回は、

①軽い自己紹介

②受験生活

③担任助手になった理由と意気込み

の三本立てでお送りします。

 

まずは一つめ、自己紹介です。名前は先ほど冒頭で紹介したので、そのほかの紹介をば。

進学先:東京大学文科三類

出身校:筑波大学附属駒場高校(中学から)

高校時代の部活:軟式テニス部・バレーボール同好会

好きな小説家:高橋源一郎(最近友達に紹介されて、はまりました笑)

他にもいろいろ書きたいことはあるのですが、これくらいで。他にも聞きたいことがある人は、じゃんじゃん聞きに来てください!

 

続いて二つめ、受験生活についてです。一般的な受験生活ではなかったのですが、僕に関することは軽くにして、あとで全体に当てはまる、僕からいいたいことを書きますね。ぜひ下に出てくるだろう青文字部分だけでも見ていってください。

高校時代は部活と授業と行事を中心に、充実した生活を送っていました。部活は引退が比較的早いのですが、行事は基本的に高校二年生が事務的な業務を運営し、高校三年生が主体的に行うという少し稀有な学校で、僕も高校三年生のときの文化祭(11月頭に開催)に精力的にいそしんでいた者の一人でした。

そのため、僕の受験生活は東大受験生にしては変則的で、文化祭が終わるまでは夏休みを除いて、あまり勉強時間は取れず、直前期に苦しむことになりました。特に12月にはいってからは家と東進を行き来する以外の休憩はとらず、センター試験にむけてひたすら演習をしていました。

皆さんの学校はどうですか?行事が盛ん?それとも学業が最優先?

どちらにせよ言えることはふたつ。

「なるべく早いうちに受験勉強を完成させること」と「日課を決めること」

読んで字のごとくです。当たり前じゃないか、と思う人はその調子で続けてください。意外と二つめに関して「当たり前だとは思うけど、できてない・・・」という人が多いのではないですか?ギクッとした人は、今日から始めてみましょう。週間予定シートを有効活用するもよし、to-doリストを自力で作ってみるのもよし、です。ちなみに僕自身は週間予定シートのほかに毎日のやることを書き出して、机の上において勉強していました。

 

では最後に三つめ、担任助手になった理由と意気込みです。

ここまでの文章から為人が分ってもらえたと思います。人に何かを教えるのが大好きなのが、担任助手になろうと思った一番の理由です(将来も教職に着きたいなと思っています)。

皆さんと仲良くなることが今の目標ですね。質問対応もがんばりますので、どしどし来てください!これからよろしくお願いします!!

渡部