読書の秋ですね(西村) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 10月 9日 読書の秋ですね(西村)

こんにちは!清藤からバトンタッチされました、社員の西村です(^^)/

10月に入り、もうすっかり秋の気候ですね!

受験生はセンター試験まであと約100日!1日1日大切に過ごしていこう。

 

今週のテーマは「後期の目標」!

さて、本題に入る前に、目標のその先に私が何を求めるかという話から。

 

私には、尊敬している人がたくさんいます。

その人たちに共通しているのが、「人として、深みがある人」であるということ。

ちょっと抽象的で伝わりにくいかもしれませんが、

一つの問題に直面した時、いろいろな引き出しから解決に導いてくださったり、

何か壁にぶつかった時、絶妙に励みになる言葉をかけてくださったり……、

「頑張れ!」とか、「お前ならできる!」とか、

そういう定型の言葉じゃなくて、その人だからこその味のある言葉をくださる。

一挙一動が、薄っぺらくない、深みがある人のことを指します。

 

そういう人の言葉は、とっても重く、説得力があります。人の胸を打ち、心を動かす。

私も、そういう人になりたいなと思います。

生徒のみなさんが、何か壁にぶつかっている時、心を動かし、励ませるような人でありたいと思うからです。

 

では、どうしたらそういう人になれるのだろう。

行きついたのが、「より多くの知と、より多くの人と、より多くの言葉と出会うこと」です。

要は、いろいろな価値観に触れるということですね。色々な人の考えや気持ちを知る機会があるからこそ、

相手の気持ちに寄り添うことができて、人の心を動かすことができる。

とてもシンプルですが、これこそ私の尊敬している人に共通して言える行動ベースの要素です。

 

と、いうことで、私がこういう、「深みのある人」になる人になるための目標は、

 

後期、10月~3月までに本を50冊読み、映画を50本観る!足して100!!!そして一歩でも深みのある人に近づく!

なぜ本?映画?と思うかもしれませんが、

例えば、今私が、世界中の人に出会い、世界中の言葉に出会い、世界中の景色を見て、自分の価値観を見つめなおすことなどは……いつかはもちろんしてみたい!ですが、直近に成し遂げられるかは現実的に難しいです。

(校舎から少なくとも1年くらいいなくなります(笑))

 

でも、世界を見てきた人の言葉には、その人の価値観には、映画や本を通して間接的ではあるものの、触れることができる。小説であったら、主人公や登場人物の気持ちに想いをはせながら読むことで、自分とは違う価値観を知るきっかけになる。読書には、映画には、そういった意味で、たくさんの出会いが溢れていると思います。

 

ここから3月までに、色々な場所に住む、様々な100人の人と仲良くなる!

……ことは難しいですが50冊+50本を通して、100の新しい価値観と出会う!ことは可能だと思います。

 

さて、先日、東進ハイスクールで働く、他校舎や他部署の人たちと、バンクーバーにお勉強をしにいく機会がありました。

写真は、「バンクーバー中央図書館」です。100万冊以上の蔵書・CD・ビデオ等があります。

読書欲でいっぱいの今の私にとってはもう…出会いの宝庫です(笑)

 

さて、この目標、実は掲げたのは9月末です。

ということで、10月1日からすでに目標として掲げ、実行に向け動いておりまして(^^)/

思い立ったら即行動!

映画は2本、本は3冊読みました(いいペース!)

 

先日吉瀬担任助手も、図書館の素晴らしさや読書をはじめたことをブログに書いていたのと、

山上担任助手が、映画に詳しかったりもするので、色々おすすめしてもらいつつ、たくさん読んで、たくさん観てまいります!

 

で、私はここまで書いていて思いました。

目標って、こうやって宣言するの、とっても大切ですね

もとから、自分の中で決めていたことではあったのですが、より引き返せなくなりました(笑)

でも、必ず達成したいものなので、みなさんにこの場で宣言してよかったです(^^)/

 

この目標達成が、めぐりめぐっていつか生徒のみなさんを励ましたり元気づけたりすることに繋がるといいなと思います!

さて、明日のブログは、伊藤担任助手です!

お楽しみに(^^)/