試験当日の心構え!(池田) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2019年 2月 22日 試験当日の心構え!(池田)

こんにちは!池田です。
そろそろ第一志望の受験日が近づいてきた人が多いのではないのでしょうか?
(修了した方はお疲れ様でした!)
私からはここで、「試験当日の心構え」について、私なりのものをお伝えしようと思います!
 
1.受験会場には余裕を持っていくこと
ここは…既にいくつか受験を終えている人が多いので
当たり前と思う人が多いと思いますが、
大切なので何度でも言います!笑
現に、私の知り合いはなんと当日、
キャンパスにはたどり着いたものの、
試験開始までに自分の教室にたどり着けず、
別室受験したという例があります…
そんな状態で落ち着いて受験し、
自分の力を出し切るなんで至難の業です…よね。
第一志望だと緊張してしまう分、動揺も物凄いです…
余裕を持った行動をしましょうね!
 
2.試験開始直前まで貪欲に
試験会場に到着し、席に着いたら何をしますか??
会場に行くと、色々な人がいます。
直前まで寝ている人、なぜか本を読みだす人、
休み時間のたびにご飯を食べ出す人、などなどですが、
東進に通う皆さんにはぜひ、
最後の1秒まで勉強し続けて欲しいと思います!
全体的にざっと確認するも良し、
不安なところを中心に見返すでも良し、です。
極端な話、直前に見た英単語が、公式が、解法が、
入試問題を解くヒントとなり、
第一志望合格に近づく可能性が大いにある訳です。
ので、皆さんには是非、その可能性を信じ、
最大限に時間を使い切った上で試験開始を迎えて欲しいです。
 
3.試験中は強気で!
試験中、「全然解けない」という問題が出てきてもおかしくありません。
その場合、かなり動揺してしまいます、、、。
が、自分が冷静になっていなくて「全然解けない」だけなのか、
それとも問題の難易度が高くて「全然解けない」のか、
という2パターンが考えられます。
前者の場合、一旦逃げて後回しにし、
冷静に解き直してみると意外と分かる、という事が多いです。
模試でそうしてます!という人も、
本番では1つの問題に執着してしまい時間が…となってしまうことも考えられます。
ので、一旦逃げる、という事が大事です。
そして後者の場合ですが、こちら試験中には分かりません。
冷静に考え直しても分からないと思った場合、
「この問題、自分が解けていないのならみんな解けていないのではないか?」
というくらい強気になってもいいと思います。
(というより、これくらい強気になれるまで、受験勉強に励んで欲しいです!)
行き詰まったら一旦止まって、残り時間の使い方を冷静に考える。本番だからこそ意識して欲しいです!
 
入試当日は、「いつも通り」が意外と難しいんです。
緊張するのも当たり前だと思います!
試験が始まる直前や、諦めそうになった時、
どうか、その瞬間を迎えるまでの自分の頑張ってきた時間を
思い出してみてください。
みんなは何のために頑張ってきたのか…?
一瞬でも考えられれば、自然と手は動くはずです!
 
受験生活も残り数日となってきた人が多いと思います。
いよいよラストスパート!
ここで踏ん張れるかが、本当に勝負です。
最後の最後まで、強気で頑張って下さい(^^)/