試験ははじまり(澤田) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2019年 1月 15日 試験ははじまり(澤田)

こんにちは。

日本女子女子大学2年の澤田です。

 

センター試験まで残り3日。センター試験同日体験受験まで残り3日と緊張や不安を抱えている方も多くいるのではかと思います。

今回はセンター試験当日の「私」について書きたいと思います。

 

2017/1/14 

私は緊張の中目覚めたことを覚えています。

受験会場は吉祥寺にある、成蹊大学でした。

成蹊大学まではどういったのか覚えていませんが、途中で不安になり、鉛筆をコンビニで買いました。

成蹊大学についたら必ず「うわぁ…花男だ…!!!」って考えようともともと考えていたので、そう考えました。

そうしているうちに少し緊張が和らいだ気がしました。

そしたら高校の先生に会い、チョコレートを貰ったことを覚えています。

 

成蹊大学に入って、控室に行きました。控室にはたくさんの人がいました。

友達と話している人、なにか食べている人、友達と勉強している人。

私は一人で勉強している人になりました。

 

周りに高校の友達がいたのですが、一人でいることを選びました。

控室では少し友達の目を気にしてしまい、集中できなかったです。

控室では日本史を勉強しました。日本史はいつもノートをまとめていたので、苦手な範囲や曖昧な範囲をまとめました。

 

まとめ終わったと同時に、開場されたので、日本史のまとめたプリントを持って試験会場に行きました。

試験会場は想像していた会場通りでした。前から2番目、隣の人とは約6席分離れていました。

会場の雰囲気は重くて、冷たかったです。

集中して参考書を見ている人もいれば、ずっと話している人もいました。

 

最初の教科である日本史では第一問目から

「難しい」

と感じてしまい。頭が真っ白になりました。

担任の先生からは迷ったら「直感で感じだ方」を選べという助言をもらい、迷ったらそうするようにしました。

いつも日本史が得意で満点近くまで取れていた時もあるので、すごく不安になったのを覚えています。

 

国語も感想を述べるとしたら、「できなかった」です。

 

しかし、英語では自分の力を発揮することができました。

いままで試験に緊張するだろうと見越して、イメージトレーニングをしてきました。

イメージトレーニングでは試験同様、問題を解くまで3分間空け、手を膝に置いて待機してからスタートていました。

待機中は試験中の時間の使い方を考え、時間が足りなくても焦らないようにしていました。

このイメージトレーニングは緊張緩和には効果的でした。

 

英語の試験時間中、「絶対できる」と何回も唱えました。

そのおかげか今までで一番高い得点を取ることが出来ました。

凄くうれしかったです。

いままで点数が止まり気味だった私にとって、センター試験は試験のはじまりでもあり、点数向上のはじまり、そして大学生活を充実するためのはじまりでもありました。

 

いま焦っている生徒も多くいるとおもいますが、自分を信じて最後まで走り抜けてください。

私は最後まで皆さんができることを信じています。

 

明日のブログは中山担任助手です。お楽しみに!!