理系大学2年生事情(吉瀬×樺) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 12月 9日 理系大学2年生事情(吉瀬×樺)

こんにちは!

今日のブログはエルタワー校の理系担任助手2トップ、吉瀬と樺の対談をお送りいたします。校舎にいる時間が比較的少ない二人ですがどのような大学生活を送っているのでしょうか。

それでは、はじまりはじまり~

 

きせ「ついに理系2年のコンビの対談がきましたね。」

 

かんばおねがいします」

 

きせ「去年は一緒に働くことが多かったけど今年はかんばくんあんまり来ないから落ち着いて話すの久しぶりだね~」

 

かんば「大学がいそがしいのよっ課題が多い!」

 

きせ「ふむふむ、教職があると大変そうだよね~」

 

かんば「週4は6限で19時半までだし土曜日も授業あるからねえ」

 

きせ「それは大変じゃけ」

 

かんば「君は大学大変じゃないの」

 

きせ実験は週2回やって3週間後にレポートだしてくって感じ!!」

 

かんば「3週間!!余裕じゃん!」

 

きせ「いやー、ため込むタイプだからね(笑)それに実験以外でも授業の課題があったり部活があったりするからやっぱり大変だよぅ。実験以外はどんな感じなの?」

 

かんば「高校生のときにやってた物理の発展形みたいな授業が多い!量子力学と解析力学はほんとにむずかしい…」

 

きせ「僕も大学生になって物理やりだしたけど苦労してる笑」

 

かんば「高校の時にやってなかったらきついでしょ」

 

きせ「きつい」

 

かんば「俺も生物やってる」

 

きせ「生物というと?」

 

かんば「植物の植生とか細胞とかの勉強してるよ!あと教職で動物園とか水族館とかいった~」

 

きせ「たのしそうですね」

 

かんば「そうですね。ただレポートがめんどい」

 

きせ「そういえば何学科だっけ」

 

かんば物理学科です」

 

きせ「物理学科なのにそんなに生物やるのかー」

 

かんば員になるためには理科全般やらないといけないからね」

 

きせ「なるほど、それもそうだし、理科って結局どれもつながってくるからいろいろやっておくと一つの問題に対して多角的なアプローチができるようになるんだよ」

 

かんば「語るねえ」

 

きせ「農学部なのになぜ物理も地学も化学も生物もやるのか!って発狂してたらこの考えにいきついた(笑)」

 

かんば「お、それはよい。受験もそうだけどやっぱりやらされる勉強だと続かないし意味ないから自分なりに意義を見つけてやっていくべきだよね。」

 

きせ「無理やり受験に絡めてきたね…」

 

かんば「受験生と言えばセンターまではもう40日ですよ」

 

きせ(..おーい…!!)

 

かんば「とにかくみんな受かってほしいよね!最後までがむしゃらにやりきってほしい。」

 

きせ(それはそう)

 

かんば「まずは来週のセンター試験本番レベル模試で結果を出そう!!大晦日には英語千題テストもあるし、残り一か月ちょっとだけどセンターの最後の仕上げをしよう!」

 

きせ「わかりました!!」

 

かんば「いや、君じゃないよ」

 

きせ「誰と話してたのさ!!でも僕たちも最後まで応援し続けましょう!」

 

かんば「がんばれ!受験生!!」

 

山上さん

「風邪にも気を付けよう!よい環境を整えて受験に臨もう!」

 

宮沢さん

「ポケモンGOは封印して最後の追い込みじゃ!!」

 

きせかんばはい!!!受験生のみなさん、いよいよ本番が近づいてきていますね。

困ったことがあればいつでも相談してください!

最後まで一緒にがんばっていきましょう!」

 

最後まで読んでくださった方はありがとうございました!

この対談ブログは毎週日曜日に継続していく予定なのでこの二人の対談が見たい!というのがあればスタッフまでお願いします!

明日のブログは早稲田大学1年の鶴担任助手です!おたのしみに!