宮前での学び(吉瀬) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2020年 2月 17日 宮前での学び(吉瀬)

こんにちは、吉瀬です。

先日、宮前合宿に参加してまいりました!これは夜の10時から朝の6時まで30年後の世界や自分たちの志についてディスカッションや映像視聴をすることによって考えるイベントなのです!1年に1回の最強の受験生を育成するためのイベントだったので今年参加できなかった高1以下のみなさんはぜひ来年ご参加ください!!僕も今回が初めての参加で、夕方まで校舎で勤務してからイベントに参加し、帰ってきたら大学受験の激励と研修などでかつてないほどに厳しい日々を送っておりました。笑

本日はそこでの僕の学びについて共有したいと思います。僕が最も印象に残っているのは「幸せの定義」が時間の流れに伴って変化していくということです。ざっくり言うと、戦前の貧しい時代には衣食住が満たされることが幸せでしたが裕福になってくるにつれてそれは当たり前になり、現代は目標を達成することや周りに勝ることが幸せになっています。そして、さらなる未来には、機械化が進み作業効率が上がることによって目標を達成することが簡単になります。簡単になると幸福感は得られにくくなります。そんな時代でも幸せになるためにはどんなことが必要なのでしょうか?

ポケモンで言うならストーリーを全てクリアしてしまってレベルもかなり上がっているので、どんな技を発動してもバトルに勝ててしまう状態です。相手の攻撃を受けてもほとんどHPが減りません。(この例えが僕は好きです。笑)

とても難しい問いでしたが僕が担当していたグループのメンバーも睡魔と闘いながら頭を捻っていました。こんなイベントに参加しているだけあって、みんな優秀で今までの自分にはなかった考えもたくさん出てきて面白かったです。将来のことから現在の受験勉強にまで落とし込んで考えられるとよりよいですね!

これからの時代を幸せに生き抜くために必要なことは何なのか。絶対的な答えがあるわけではないのでもっとたくさんの人の意見を聞きたいです。ぜひ話しかけてください。待ってます!