大学の魅力を語る(寺田) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2020年 3月 14日 大学の魅力を語る(寺田)

 
 

こんにちは!担任助手新2年の寺田有美香です。本日も引き続き大学の魅力についてお話したいと思います。

私の考える大学の魅力は大きく2つあり、“自分の興味のある分野に関して、専門的に学べること”と“幅広い教養を身に付けることができること”です。

1つ目に関しては、私は看護学部に通っており、特に専門性の高い学部であるため日頃から実感しているのですが、国家試験など、資格を要する職業は、自学で資格取得できるものもありますが、基本的に大学に行くことが必要です。医療系や弁護士・税理士などの専門職は、大学で4年間ないしは6年間じっくりと専門的に学び知識や実践的な技術を学ぶことで、それらの職業に就くことができます。逆に言うと、これらの職業を志す場合は、早いうちから検討し、その意思をかためる必要があります。また、その意思は揺るぎないものでなくてはいけません。なぜなら、専門性の高い学部は通い始めてから「やっぱり違うかな・・・」と悩み始めてしまっては、あっという間に実習などが始まってしまうため、辞めるのも困難な状況に陥ってしまうからです。私の周りには、大学に通い初めてから「やっぱ医療系の大学に行っておけばよかった~」と後悔している人もいるので、少しでも専門職に興味のある人は、時すでに遅しにならないように早いうちに自分の将来と向き合ってみてほしいと思います!

 2つ目に関しては、学部を越えて授業を選択することのできる大学も多く、自分の専門分野に偏ることなく学べます。また、高校の授業と違って授業時間が90分または100分と延長されているため、授業に余裕があり、教授の雑談が面白いです。教授は知識人であり教養が豊富で、そんな教授による雑談はよく聞いてみると様々な教養が散りばめられており、吸収できるものが多くあるので、大学生になったらぜひ雑談に耳を澄ませてみてください!

 みなさんも大学の魅力について考えてみてほしいです!それと共に、各々の大学ごとの、その大学にしかない魅力を考えてみることで、志望校へのモチベーションを高めてほしいです!!!☺