夏の重要性 (飯塚) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2020年 7月 2日 夏の重要性 (飯塚)

こんにちは!担任助手1年の飯塚です!

雨が降ったり止んだり、暑かったり突然涼しくなったりと安定しない気候が続いています。

皆さん、体調など崩したりしていませんか?

睡眠時間をしっかり取り、受験に向けて頑張っていきましょう!

 

今日はいままでの担任助手の皆さんに倣い、自分も

夏の過ごし方と実体験を踏まえた夏の重要性

について皆さんにお伝えしていきたいと思います。

皆さん、過去問の演習や受講は進んでいますか?

学校もだんだんと再開しており、うまくいってない人も多いかもしれません。

知っている人もいると思いますが、東進には勝利の方程式というものがあります。

6月中に受講の終了、8月末に2次過去問10年分というものです。

皆さんはこの方程式通りに進むことができそうですか?

 

 

皆さんがこの計画通りに勧められるためにも、これから夏の重要性について伝えていきます。

コロナウィルスの影響で夏休みが縮んだとは言え、夏の重要性に変わりはありません。

私は6月の全国統一高校生テストで英語は約6割、国語は7割、世界史は6割とかなり厳しい状態にありました。

しかし、夏に過去問をとことんやり込み、10年分を終わらせることで、夏明けの模試では

英語8.5割、国語で8割、世界史で8割と大幅に点数を伸ばすことが出来ました。

そのくらい夏は伸びます!!あまり勉強がうまくいってない人もやる気を失わず、コンスタントに勉強を続けていきましょう。

夏明け、頑張った人は必ず結果が出ます!

エルタワー校の全員が夏明けに良い結果が出ることを願っています!

体調を崩さず、頑張り続けましょう!!