夏休みの過ごし方(吉瀬) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 7月 23日 夏休みの過ごし方(吉瀬)

こんにちは!農工大2年の吉瀬です。

まずはビックニュースです!

 

吉瀬、部活に復帰しました!

 

2年ぶりなので体力的にかなりきついですがやっぱりサッカーは楽しいです!

暑さに負けず元気に過ごしていきたいと思います!

 

さてさて、そろそろほとんどの人が夏休みに入ったことでしょう。

ということなので今週は「夏休みの過ごし方」について書いていきます!

 

僕が今日、強調しておきたいのは

①質にこだわる

②計画的に過ごす

この2点です!

①質にこだわる

まずは僕の夏休みですが、、

正直に言うと、満足な量の勉強をすることはできませんでした。

部活をまだ続けていたので練習に出ながら、空いている時間に東進に来て勉強をしていた

というのが最大の理由です。

夏休みが終わる一週間前くらいにようやく引退したのでほとんど夏休みは部活生として過ごしたわけですが

それでも夏休みの自分の勉強にはそれなりに自信をもっていました

なぜなら時間が他の人よりも取れないことがわかっていたのでオンとオフの切り替えをしっかりして、勉強するときは勉強する、部活の時は部活に集中するという風に割り切っていた分、かなり集中して学習出来ている実感があったからです。

逆に言えば1日中校舎にいたとしても、うとうとしている時間があったり、友達と話している時間が長かったりと在校時間だけが長いようでは意味がありません。

量は増やすのは時間さえあればそこまで難しいことではありません。

質に対して徹底的にこだわれる人になってください!

 

②計画的に過ごす

夏休みはやはり時間が普段よりたくさんあるし、普段できないことも色々とやろうと思っている人が多いと思います。

ところが、この空いている時間というのは予想以上にないのです。

僕の場合も

部活だけではなく、

家族との用事があったり

オープンキャンパスにいったり、

さらには

もしかしたら体調を崩してしまったり、、

勉強をできない時間というのは思いのほか多いのです!

 

普段話していると夏休みはたくさん、たくさん勉強しなければならないから憂鬱だなと感じている人が多いのではないかと感じています。しかし、そんな気持ちで過ごしていたらいつのまにか夏休みは終わってしまったけどやるべきことが全然終わっていない!ということも普通にありうるのです。

だからみなさんに注意してほしいのは、まずはやるべきことを整理するということです。いくらいつもより時間が取れるとは言っても時間は結局有限です。やるべきことを洗い出したら優先順位を決めて、緊急度の高いものからこなしていくようにしましょう。

 

さあいよいよ受験の天王山、夏休みの始まりです!

お互いに気を引き締めて取り掛かりましょうね!

 

明日のブログは僕と同じく部活生として受験生の夏を過ごした、

佐々木担任助手です!おたのしみに!