受験生へ(樺) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2020年 1月 15日 受験生へ(樺)

こんにちは、担任助手3年の樺です。

今日は1/15です、センター試験まで残り3日ですね!

まずはみなさんに重要なお願いです。GMTGの担当の人や色々な場面で話を聞いていると思いますが、「答案再現」を必ず行うようにしてください。

これを行うことで、みなさんの自己採点結果を確認することや、志望校の合格判定を図ることができます。センター試験が終了したら、その日のうちに学力POSから答案再現を行ってください。

 

それでは今回の本題に入ります。

今日のブログは、今まさに緊張感が高まってきている受験生に向けて、激励の言葉を送れたらと思います。

 

僕から伝えたいことは1つだけです。

「自分の今までの勉強に誇りをもって挑め」ということです。

 

センター試験って、みなさんどんな試験だか知っていますか?

①問われる内容は、英数国は2年生までに習ったもの。理社は直前期まで頑張ってきたこと。

②出題範囲は教科書レベルがほとんどで、どの科目も受験者の平均点が6割になるように作られている。

 

ということは、センター試験は「基礎中の基礎のテスト」ということです。

 

つまり、センター試験に出てくる問題の中に、みなさんが今まで勉強してきていないことはでない!と言っても過言ではないと思います。

 

だからこそ、センター試験を3日後に控えたみなさんには、今までの自分の勉強に誇りをもって挑んでほしいのです。

わからない問題にぶつかったときは、心の中で唱えてみてください。

「やってきたことの中に答えはある。やってきたことの中にしか答えはない。」

試験中はとても緊張すると思いますが、脳の隅まで思考を巡らせ、自分の中にある答えを最後の1秒まで探し続けてください!

僕たち新宿エルタワー校スタッフは、最後の最後までみなさんと一緒に走り続けます。

さあ、笑顔でがんばってきてください!

 

 

過去の記事