ぼくのなつやすみ(鶴) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 9月 14日 ぼくのなつやすみ(鶴)

 

皆さんこんにちは、早稲田大学創造理工学部1年です。

 

涼しい日が何日か続き、かすかにを感じるようになってきましたね

 

さて今回のテーマは「大学生の夏休み」です。

 

 

受験生の皆さんは特にここから焦りや不安などの負の感情が先行しやすくなってくるかと思いますが、

このブログが今一度大学合格に向けた正の感情を持つことのきっかけとなればうれしいです。

低学年の皆さんは“大学生”という生き物の一つのタイプを知ることで大学受験に向けた一つのモチベーションになればと思います。

 

自分が今年の夏休みに経験したことの中で強く印象に残っている出来事は3つあります。

1つ目がenglish camp、2つ目がサークルの夏合宿、3つ目が福島旅行です。

 

 

1つ目のenglish campは東進ビジネススクールが主催するイベントで、

ハーバードやMIT、ケンブリッジなどの世界的な名門校の学生と日本や世界について考えていくというものです。

もちろん使用言語は英語のみです。

このキャンプは日本・世界について考えるだけではありません。

5日間の最後に、自分が将来何がしたいのか、またどんな人間になりたいのかを参加者の前で発表します。

自分もそうでしたが、誰しも“大学生”というものに対して大きな期待と高いモチベーションで大学生活をスタートさせることと思います。

しかしそのモチベーションを維持することは決して簡単ではありません。

そのモチベーションを上げなおすという意味でもこのイベントは非常に有意義なものだったと感じています。

是非皆さんも大学受験の次のステップとして活用してみてください‼

 

2つ目はサークルの夏合宿です。

ここまでは鶴真面目バージョンのお話でしたが、ここからはthe大学生な一面です笑

自分は早稲田のサッカーサークルに所属しています。

そのサークルの夏合宿が8月末にあり、尾瀬まで行ってきました。

昼は、様々な大学の様々なサークルが参加する大会で試合をし、

夜はレクリエーション。というサイクルを4日間続けたのでさすがに最後はへとへとでした、、笑

ですがたくさんの同期や先輩と過ごした4日間は大学1年の夏の思い出としては本当に最高なものになりました‼

余談ですがサークル活動は息抜きとしてはもちろんですが、

自大他大に関わらずたくさんの同期と出会う場として本当に有効で何より楽しいものなのであまり構えすぎず参加してみることをお勧めします‼

 

3つ目の福島旅行に関してはおまけです笑

自分は大学も新宿からすぐのところにあり、

校舎も通っているビジネススクールも校舎の横のビルなので実質家よりも新宿周辺で過ごす時間のほうが長いくらいです。

そこで一度自然の中でゆっくりする時間が欲しくなりました。

そして行先として選んだのが福島県の裏磐梯です。

車で4時間かけて行くとそこは絵にかいたような田舎‼笑

快適な気候、磐梯山から続く広大な森、そして新宿では感じることのできない広い空。

一度心身をリセットするには本当にうってつけの場所でした。

以前日光で同じような目的の旅行をしたこともあったのですが、

日光よりも一回り静かで“都会”という存在との距離を置くことができるように感じました。

大学生になって「なんだか疲れてるかも…」というときは皆さんもぜひ一度“何も考えないための旅”というのをしてみるのをお勧めします‼

 

これらが自分の夏休み概観です。

大学受験へのモチベーションの一つ、また皆さんの“大学生としての夏休み”の参考に少しでもなっていればうれしいです。

 

明日のブログは日本女子大学文学部2年澤田担任助手です、お楽しみに‼