なぜベストをつくさないのか(澤田) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2019年 1月 24日 なぜベストをつくさないのか(澤田)

こんにちは!担任助手2年の澤田です!

 

本ブログのタイトル「なぜベストをつくさないのか」は私が今はまっているドラマ、トリックで阿部寛演じる日本科学技術大学教授の上田次郎が劇中でピンチの時にいう言葉です。

 

センター試験が終わり、私大や二次試験が近づき緊張や不安な人も多いのではないでしょうか。

そんな人にこそ言いたい。なぜベストをつくさないのか!!

 

ここから第一志望試験まで合格を勝ち取るため、弱気になるのではなく前向きにいきましょう。

 

私が受験生の時に必死にやっていたのは「過去問分析」です。

受験を制するためには、敵(大学)を知る必要があります。

★過去問分析のやり方

1.どこが出来なかったのか確認(どこに答えの根拠があったのか、文中で分からないところはあったのか、和訳をみて自分の訳と照らし合わせて確認)

2.どの範囲(英語なら…単語・熟語・英文法・構文など¹)が苦手なのか

3.どこをどのくらいやるのか(¹の中から優先順位をつけて量を確定)

4.いつまでにやるのか(試験当日から逆算して計画立て)

 

下の写真は受験生の時に使っていた過去問分析シートです。

 

上記のようにして過去問分析をしていました。

これからの日々、つらいことの方が多いかもしれないですが、ベストをつくしていきましょう!!

 

明日のブログは佐々木担任助手です!お楽しみに!!

東進では解答速報を公開しています。
↓をクリックして確認して下さい。
≪1日目≫
【地理歴史】
【公民】
【国語】
【英語】
≪2日目≫
【理科①】
【数学①】
【数学②】
【理科②】
 
 
 
―東進ハイスクールの各種解説・分析ツール―

↓センター試験同日体験受験の次は!!↓

 
東進ハイスクール各種公式アカウントはこちら!
東進ハイスクール公式Facebook
東進ハイスクール公式Twitter
東進ハイスクール公式Youtube