【もうすぐ7月】夏をどう過ごす?(森永) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2020年 6月 25日 【もうすぐ7月】夏をどう過ごす?(森永)

こんにちは!担任助手一年の森永です。

もうすぐ7月に突入します!

受験生のみなさん、ここからの時間の過ごし方で受験本番での結果が変わります。

低学年のみなさん、周囲より1年も2年も早い行動で、自分の志実現への可能性は高まります。

「まだ時間はあるから大丈夫」なんて考えず、今、できることをやりましょう。

 

今日は、この夏をどう有意義に過ごすか、にフォーカスして書いてみます。

一緒に考えてみましょう。

 

夏をどう過ごすか?

先日、全国統一高校生/中学生テストが実施されましたね!

受験した方々、感触はどうでしたか?

模試は学力を測ることに加えて、学力を伸ばす&モチベーションアップができる大切な機会です。

必ず復習をして自分の課題発見に繋げましょう!

模試の成績からどこまで分析を深められるかが、皆さんの今後を決めます。

 

そんなこと、もう分かっているよ、という人もいるかもしれませんが、原点回帰のために書きます。

 

模試の結果は現時点でのあなたの立ち位置です。

本番の試験で、各科目何点取る必要があるのかを考え、逆算して今からやるべきことを決めましょう。

第一志望校の科目数、配点(これかなり大事)、合格平均点を調べて、常に頭に入れておくとよいです。

低学年の人は、第一志望校が定まっているならば、やることは受験生と同じです。

まだ第一志望校が定まっていなければ、大学のサイトなど資料を探ってみるのもいいでしょう。

毎日はどう過ごす?

この夏にやるべきことが明確になったら、それを実行する必要があります。

思うに、繰り返しの実践が一番目立たないことで、一番重要なことです。

 

学校で分散登校が続いて、起きる時間、寝る時間がバラバラ・・・

計画は立てるけど、その通りにできない・・・

などの声を生徒から聞くことは多いです。

楽な方に流れるのは人の性です。

でも、受験本番までの時間は有限です。

本当に志望校に受かりたいなら、いまのあなたに「楽な方に流れる」という選択肢は許されません。

今一度、いまの生活を振り返る時間を取りましょう。

 

ちなみに、私は

マンスリーのスケジュール帳にやるべきことを一覧でまとめる&デイリーのスケジュール帳に一時間単位でやること書く

ということをやっていました。

 

もうひとつ、人間の睡眠の周期は1.5時間だそうです。

つまり、6時間や、7.5時間の睡眠をとると目覚めやすいということです。

私はこれを利用して目覚める時間を設定していました。

 

終わりに

記事を読んでちょっとでもドキッとした方、これが振り返りのチャンスです。

後悔しない夏を過ごすために、ぜひ今から行動を起こしましょう!

新宿エルタワー校の担任助手は常に皆さんを応援しています!