全統を受ける意義など ~瓜守編~ | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2020年 6月 6日 全統を受ける意義など ~瓜守編~

こんにちは!担任助手の瓜守です!

最近は暑くなってきましたね、、早くプールに入って水球をしたいなぁ、とか書きながら、あれ?タイピングが早くなってきた?やっぱり莫大なレポート課題で苦しまされてるだけあるなぁ、なんて感じている今日この頃です(笑)

皆さんはどうお過ごしでしょうか?魔の緊急事態宣言がついに解除され、やっと学校が始まったという方も多いでしょう。久しぶりに友達に会うとテンション上がっちゃいますよね!!一度きりの高校生活なので今までの分大いに楽しんでもらいたいと思います!ただ、皆さんは受験生です。羽目を外しすぎてはいけませんし、コロナは撲滅されたわけではありません。十分に注意して行動してくださいね!

さて、今日は、①私が考える全統を受けることの意味②模試を受けるにあたってやるべきこと③現役時代にぶつかった壁を乗り越えた方法、の3本立てでお送りします。

まず、1点目に関してですが、私としては”自分の弱点を見つける”ことが重要だと思います。全統は共通テストレベルの模試となっており、更に最短中5日で詳細な成績表が返却されます。つまり、本番レベルの試験での自分の成績を詳細に分析することができるのです!しかも、無料で、です!こんなことが可能なのは東進の模試しかありません。そして私は、ぜひこの成績表を有効活用してほしいと思います。この成績表は、皆さんの現段階の学力だけではなく、克服すべき弱点を明確にしてくれたり、志望校合格への具体的なアプローチの手がかりとなります!すでに東進に通っている皆さんは勿論、まだ通われていない皆さんもこの成績表をもとに面談を行い、今後の勉強の進め方や取るべき講座を検討し、ぜひ合格への第一歩として頂きたいと思いますし、私たちも全力でサポートさせて頂きます!

次に、2点目のやるべきこととしては、準備と復習に尽きると思います。特に、高校3年生の皆さんは共通テストレベルの模試を実践的に受験するチャンスはこの全統しかありません!すなわち、今回の全統は予行演習のようなものなのです。その舞台で自分が今までに積み上げてきた実力を発揮することが皆さんの経験値にもなりますし、復習するうえで信頼できる成績といえます。逆に実力を発揮できなければ、復習の際に無駄な労力を使うことになりかねません。自分の特徴を正確に判定するためにも、実力を発揮できるような準備をして模試に臨んでください。そしてその結果をもとに自分の弱点の中で合格に必要な内容を徹底的に復習してください。

最後に、3点目の壁を盛り込えた方法についてです。私にとって一番の壁は、部活との両立でした。私がやっていた水球というスポーツはとてもハードなスポーツで、部活後はヘトヘトになってしまっていました。更に、週6日の活動だったので、勉強時間は限られていました。そのような状況の中で必要だったのは、”いかに無駄を省くか”という事です。覚えた単語は々覚えることはなくしたり、自分の受験に必要のない勉強はしないようする、という事は、その観点から見るととても重要です。他にも、眠い時は勉強を切り上げて寝てしまい、次の日の朝に早起きして勉強をするのもいい方法だと思います。眠くなりながら勉強しても、頭に入らず効率が悪い勉強になってしまいます。忙しい方は特に、無駄を徹底的に省くことを意識してください。

今この時も、受験は刻々と近づいています。1秒1秒を無駄にせずに頑張っていきましょう!