エルタワー校生に捧ぐ(清藤) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 9月 19日 エルタワー校生に捧ぐ(清藤)

こんにちは!

東京大学理科一類一年の清藤です。

 
↑本日の写真は私が担当しているグループミーティングです!
今日は最近入学した生徒の初めてのグループミーティングだったのでみんなちょっと緊張していたのですが、これから楽しいグループミーティングを作っていきたいと思います!これからのがんばりに期待です!
 
最近は、蒸し暑い日や肌寒い日が不規則に訪れている印象です。
勉強するには欠かせない体調のコンディションには十分気をつけましょう。
 
さて今回は何を話そうかと考えたところ、面白い話が思い浮かばなかったので、
「僕が皆さんに対して思っていること」を気軽に話して行きたいと思います笑
 

僕が皆に対して思っていること その1 「後輩」

 
僕は高校生時代、部活に所属していませんでした。
中学時代には卓球部に所属していたのですが、その部活動を経て、卓球の楽しさよりも部活動の面倒くささの方が勝ってしまい、高校時代には部活動をしないことにしたのです。
そのため、僕には「後輩」と呼べる人が高校時代にはほとんどいませんでした。
つまり、東進ハイスクールに現在通っている皆さんが僕にとっては「後輩」と自信を持って呼べる初めての人たちなのです。
そんなわけで、僕にとって「後輩」(のつもり)である皆さんには「先輩(?)」としてアドバイスができたらなぁといつも思っています。
 

僕が皆に対して思っていること その2 「尊敬」

 
僕が受験勉強を始めたのは、東進ハイスクールに入った高2の2月ことでした。
だから、今高1や高2で東進に通っている人は毎日登校しているわけではないにしても、僕よりも早く受験勉強を始め、将来について考えているわけです。
僕は早い段階から勉強を始めている皆さんを尊敬しています。
ぜひ、高2以下の人は自分の行動力・志の高さに誇りを持ってもらいたいです。
 
また、今受験生として頑張っている高3の人たちも尊敬しています。
これは僕の主観ですが、皆さんは受験生時代の僕よりも精力的に勉強ができていると思います。皆さんは「自分なんか全然・・・」と自己評価するかもしれませんが、受験生時代の僕は笑顔が少なかったように思います。それを考えると、受付にきたときの皆さんには笑顔がよく見られる気がします。ぜひ、その笑顔を忘れず楽しい受験期を過ごしてください。
 
明日のブログは立教大学の木原担任助手です!