秋を制せ。(木原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 10月 16日 秋を制せ。(木原)

こんにちは、木原です。
プロ野球はレギュラーシーズンが終わりました。冬が近づいてきたという事ですね。
菅野投手のクライマックスシリーズでのノーヒットノーランは圧巻でした。野球興味ない方分からないですよね、ごめんなさい(笑)
 
10月も半ばになり全国統一高校生テストが近づいてきました。
この時期においての受験生の勉強と1、2年生の勉強について少し触れたいと思います。
 
☆受験生
受験生は、この10月で結果を残したいと思って勉強していると思います。
次のセンター型の模試は最終12月になってしまいます。
 
しかし、この時期はセンターの勉強も大事ですが
国立二次対策や私大対策もやらなければならないですね。
もちろん受けるべき授業は受けて、高速マスターを習慣的に触れることも必要です。
 
バランスがとても難しい時期になります。
この時期をしっかり計画立ててやるべき事をやり切ることが受験の結果に大きく繋がります。
 
 
人によって状況は違うので一概に「こうやるべき!」とは言えません。
ただ、この10月の全国統一高校生テストでは目標点にこだわって臨むべきです。
正直このままだと目標点に届きそうにないという人は、
二次試験対策・私大対策を一度ストップしてセンターの勉強にシフトしてケリをつけるべきだと思います。
 
次のセンター試験本番レベル模試は最終12月になってしまいますから。
 
全国統一高校生テストが終われば二次試験・私大対策にシフトですね。勝負はここからです。現役生は最後まで伸びる。
 
 
後先の事を考え、ゴールから逆算して計画立てを行いましょう!
受験生は受験生活はあと5か月もありません!頑張りましょう!
 
 
 
 
☆高1、2年生
全国統一高校生テストがいつもの模試とは違うことはご存知でしょうか?
東進は2ヶ月に一回センター試験本番レベル模試がありますが、6月とこの10月だけは異なり、全国統一高校生テストという名前に変わります。
 
普段のセンター試験本番レベル模試と大きく異なる点は2点。
1つ目。
全国で多くの高校生が一斉に同じテストを受けること。
全国統一高校生テストは東進生はもちろんのこと、普段東進に通っていない人がたくさん受けます。規模が大きくなるのでレベルが高い人も多くなります。
 
全国との勝負です!!!!
 
 
2つ目。
29日(月)にセンター対策特別公開授業が行われます。講師は大岩秀樹先生。
大岩先生は普段東進のセンター試験本番レベル模試の解説を担当しています。
いわばセンター試験のプロ中のプロ
全国統一高校生テストの次の日に、センター試験の対策をばっちりしてセンター同日に臨みましょう!
 
このセンター同日が受験の大きな分かれ目でもあります。
「受験の一年前」にどれだけ勉強できて成績がある程度ついてるかで「受験生」としてのスタートが大きく違います。
 
 
全学年、は勉強頑張り時です!学校のテスト期間の人も多いかと思いますが頑張りましょう!
 
明日のブログは担任助手です!お楽しみに!