生徒の皆さんへ(伊藤) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 8月 14日 生徒の皆さんへ(伊藤)

 

 

皆さんおひさしぶりです!

東進ハイスクール新宿エルタワー校担任助手 伊藤広記です。

 

最近の僕ですが。

こんな深夜や早朝にもセミが鳴いてたかなぁ

セミも日中が暑すぎて時間帯を選び始めたのかなぁ

などとたわいもないことを考えてしまうほど

暑さにやられています

生徒の皆さんは是非体調管理等々気を付けて下さい!

 

さて今週と来週のブログのテーマは

「受付にいて感じること・どんな気持ちで勤務に入るか」という事なので

テーマにそった僕の考えをお話ししたいと思います。

 

受付にいて感じること【受験生】

受験生と低学年に分けましたが基本的に2つの感情を常に持っています

 

「1つ目は褒めたい視点」

単純にすごいなと思ってみています。よく頑張ってる!

高速基礎マスターにせよ受講にせよ

毎日校舎に来て長時間勉強をする

朝から晩までずっと集中して闘っている

そんな姿を見ていると本当に凄いなと感じています。だからそれをとにかく褒めさせてくれ!

といった感情で勤務していたりします。

 

また生徒の皆さんが一つ一つ出来ることや努力量が増えていくことを目の当たりにしている時

もっともっと褒めたいと思っています。

 

僕が凄いなと思っていることを伝えることで皆さんが少しでもモチベーションを上げてくれたらいいな!

と考え日々受付に座っています。

 

 

「2つ目は厳しい視点」

ただ褒めたい・凄いなと思うと同時に

もっと頑張って更なる高みに到達してほしいとも願っています。

 

それゆえに常に厳しい視点という事を意識してもいます。

もっと生徒が成績を上げるためにはもっと努力するお手伝いをしないといけない

そのためには次に何をやるべきかな何を言ってあげるべきなのかな?と考えています

 

高速基礎マスターを1000回やった→「凄い!」

→「けどもっとやれたらどうだろう?1日で2000回やれたらもっと成績あがるんじゃないかな?」

「1000回のやるスピードがもっと上がれば他の科目に時間が回せるようになってもっと成績あがるんじゃないかな?」

などなど考えていたりします

 

受付に居て感じること【低学年】

低学年の生徒に関して思うのは

1つです

「楽しく通って成長してほしいな!」

そういった視点でや考えでお話しをしています。

高校2年生や高校1年生にとって受験生はどんな風にうつっていますか?

ぴりぴりしてるや単純に年上だから恐いななどの感情もあるでしょうし、

塾って行きにくいと感じてる人も多いかもしれません。

 

僕はそういった感情を少しでも減らして

「今日ちょっと行ってみようかな!」なんて気軽に楽しく来られるような校舎であると

感じてほしいと考えています。

低学年の早い時期から塾に通い努力してくれている生徒を

合格に向かって共に頑張り

同時に

将来やりたいこと・なりたい理想像を考え定める事を出来るのが

低学年から東進に入学した人にあたえられるチャンスだと思うので

校舎イベントや夢・志イベントを紹介していたりします。

 

勤務に入る時に思う事

なんにせよ一番最後に頑張るのはみなさん自身ですが
 
その頑張りや努力をサポートし合格への伴走者になれるように
 
そして皆さんが社会世界に貢献する人財へと成長する過程を手伝えるように
 
頑張ろうと あれをしようこれをしようと
 
そんな気持ちで勤務に入っています!
 
また明日も、校舎でお待ちしていますね(^^)/
 
明日のブログは、木原担任助手です。
 
お楽しみに!