想像を超える本番を!(佐々木) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2019年 1月 18日 想像を超える本番を!(佐々木)

こんにちは、早稲田大学1年の佐々木剛平です。

 

ついに明日はセンター試験です。

やってきましたね。皆さんが長いこと向き合ってきた学力POSのカウントダウンも1日を切って残り数時間になりました。

今まで長いこと準備してきた本番は目前。しかし、その本番も2日後の今頃には終了してしまいます。

 

さて、率直に今の心境はいかがですか?

ついに自らの足で進み、自らの手で大学入試という門を叩く時が来ました。

足がすくむような恐ろしさを感じますか?どことなく良くない予感が頭を駆け巡りますか?それとも、ついに本当の実力を試される機会を前にしてワクワクしていますか?

 

東進で皆さんが頑張ると決めた日から今日までいろいろなことがそれぞれあったはずです。

最初は校舎に来ること、勉強することが少し億劫だったこと、それでも校舎に行けば色んな人が常に迎えてくれたこと、高速マスターを修得して自慢したこと、どうすれば成績が伸びるか担任の人と一緒に考えたこと、グループミーティングが同じ友達と一緒に勉強したこと、成績が伸びれば周りの人と一緒に喜んだこと。

 

それらの経験の全ては明日からスタートするセンター試験、そして私大入試・国立二次で結果を出すためにやってきたことです。

どんな努力をしても最後はたった一回のテストで全てが評価される。正直、残酷な世界だと思います。でも、そのたった一回のために色々なものを犠牲にして向き合ってきた皆さんだからこそ、文字通り「想像を超える」何かが待っているのではないかと僕は心のどこかで期待しているのです。

何も今までできなかったことをやれ、というわけではないです。

ただ、できることは全てやってきてください。自分の持てる全ての可能性を1つ1つの問題で賭けてみてください。

皆さんがこれまでの努力でできるようになったことは、今できないことよりも、途轍もなく大きなものです。

 

そして、忘れてはいけないこととして、明日からのセンター試験が入試のゴールという訳ではないです。あくまでそれは2ヶ月弱続く大学入試の開幕戦に過ぎません。

そこだけは頭の片隅に留めておいてください。

 

最後に、君たちは独りではないです。

 

君たちの後ろには東進ハイスクール新宿エルタワー校のスタッフがいます。自分で言ってしまうのも変ですが、僕は日本でこれだけ良いバックアップを受けている受験生はいないと思っています。日常的にこれだけ優秀なスタッフが本気で知識や頭脳、経験など持っているもの全てを皆さんの合格のために使っているのです。そしてそのサポートの力は日本の他の予備校や東進の他校舎とは比になりません。

そんなスタッフに支えられ、本気で様々なことにぶつかってきた皆さんなら皆さん自身の「想像を超える」ことなど難しいことではないはずだと信じています。

君たちなら大丈夫です。たとえ少し苦しい状況に陥ってもそこを跳ね返すだけの力を持てるような受験生活を送ってきています。

だから自信を持って進んでいってください。

一瞬一瞬が一度きりの本番で、ぜひ想像を超える自分に出会って来てください。その時の感動は何にも代え難いですよ。

僕らは影ながら校舎で応援しています。

 

行ってらっしゃい!!

 

 

(もし本当に困ったら校舎(0120-104-121)に連絡してください)

 

明日のブログは吉瀬担任助手です!