大学学部紹介~早稲田大学国際教養学部~(佐々木) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2020年 5月 11日 大学学部紹介~早稲田大学国際教養学部~(佐々木)

こんにちは!担任助手3年の佐々木剛平です。

今日は自分の大学・学部紹介ということで僕が所属している早稲田大学国際教養学部について紹介していきたいと思います!

早稲田大学

早稲田大学は良く知られいている通り、大隈重信によって1882年に東京専門学校として設立されました。

日本で最も歴史ある私立大学の一つです。

主要なキャンパスは早稲田・戸山・西早稲田・所沢にあり最初の3つは歩ける距離にあり、授業選択の仕組みとしても学部を跨いで授業を選択することもできます!(自分の学部以外の授業をどれだけ取れるかは各学部によって異なるので、その点だけ注意が必要)

私自身、2年生の前期までの間に政治経済学部・商学部・法学部・社会科学部・文学部の授業を取っていたことがあります!

国際教養学部

国際教養学部は2004年に設立された新しい学部で、1年生対象の一部の授業を除いてほぼ全ての授業が英語でおこなわれます!また、日本語を母語とする生徒は1年間の留学が卒業のための必要条件となっています。

(※今後変更になる可能性あり、最近の世界情勢により私は半年間の留学になりましたが、卒業要件を満たしたことになりました)

それを聞くと、国際教養学部は自分にはハードルが高すぎるのでは、、、?と思う人も多いと思います。

それでも高校までの英語の学習が身に着いていればそんなことはありません!

私は昨年の夏から留学に行くまで一度も海外での生活経験はありませんでした。それでも、イギリスで現地の学生と同じような学生生活を送ることが出来たので、皆さんもきっと出来るはずです!

 

受験勉強で本格的に英語を勉強し、それが留学での経験や留学後の今の生活に繋がっていて、

更に自分の将来の仕事や他のやりたいこと・できることにも繋がるかもしれないと実感できるときは

大学受験をして良かったなあといつも思います。

 

大学受験の過程で身に着けたものを活かし続けたいと思う方、学問分野にとらわれず色々な学部で勉強してみたい!と思う人はぜひ早稲田大学国際教養学部を検討してみてください^^