ヒロキ君の受験期(伊藤) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 11月 20日 ヒロキ君の受験期(伊藤)

みなさんこんにちは
担任助手の伊藤です。
だんだんと日が暮れるのが早くなり
秋から冬への移ろいを感じますね!
 
さて今週はテーマが受験期のお話ということで
僕は特に直前期に意識していたことをお話ししようかなと思います。
~目次~
1体調管理
2基礎基本の徹底
3息抜き
 
それでは1つめ!
体調管理ですがこれはあるあるですね。
体調がよくなくては頭も回りませんし
できる問題もできなくなってしまいます。
 
この時期あれも覚えなきゃこれもやんなきゃ
という風に感じて寝る間も惜しんでただひたすらにやる とか
 
忙しくて食事を抜いてしまったり とか
 
あまり体調によろしくないことをしていませんか?
1日だけとかならいいですけど
それが何日も続くと厳しいものがあると思いますよ。
 
僕自身も食事や睡眠への関心が薄れるといつも体調を崩してしまっていました。
体調が悪いとはかどらないし、やることたまるし、、、と負のスパイラルに陥ってしまうので、当たり前ですが健康管理をしっかりと行いましょう。
 
2つめ
基礎基本の徹底です!あたりまえだ
と思われるかもしれませんが
大事すぎるからこ雑な扱いになってませんか?
 
暗記した単語や知識は抜け落ちていませんか?
定期的にある程度はメンテナンスをしないとやはり忘れていってしまいます。
 
僕自身も「あれ、、この前まで覚えていたのにな、、」なんて経験がありました
 
もともと覚えることが得意ではないのですが
高速基礎マスターを1週間で一周できるように毎日行ってみたり
もう一度文法の参考書を見直してみたり
と定期的に基礎基本の確認を行っていました。
 
3つ目は息抜きです。
受験勉強は決して楽しい!みたいなタイプではなかったので
僕はどうしても何か勉強でないことをしたくてしょうがなかったのです。
といっても
仮にも受験生なのでやらなきゃいけないことも多くあり
そんなに時間を取って遊ぶことはできません。
 
そこで30分家に帰ってから自由な時間を設けようと思い立ち。
15分間は朝録画しておいた朝ドラ(たしか「べっぴんさん」)
をみながら夜食
15分間は外を全力ダッシュ
みたいに勉強とは関係ないことをして
息抜きの時間を作るようにしていました。
 
 
最後に
 
この時期になるとだんだん不安やらなんやら負の感情が多くなってくると思いますが
そんな自分に負けないでやるべきことをやり続けた人が合格できると思っています。
 
ぜひ皆さんも残りの期間を全力でやり抜いて合格を勝ち取ってください!
応援しています!
 
明日のブログは担任助手です!お楽しみに!