これからの1年間を考える(樺) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2020年 3月 8日 これからの1年間を考える(樺)

 

こんにちは!担任助手3年の樺です。ブログの登場は久しぶりです!

今週は「大学受験を終えた現高校3年生に向けて」というテーマで担任助手がブログを書いてくれています。僕も同じく、受験を終えたみなさんに向けてブログを書こうと思います。

 

僕からは、みなさんに2つ質問を投げかけようと思います。

①受験勉強を通して、自分がもっとも成長できた点はなんですか?

「大学受験」って、たかが18年しか生きていない皆さんにとっては、人生で一番努力した期間だと思います。僕もそうでした。

一番「努力」をするということは、もっとも力をかけて物事に取り組み、自らの状況を変化させていくということだと思います。

そんな皆さんは、知らぬ間に大きな力をつけ、受験勉強を始めたころ・大学合格を目指し始めたことからは考えられないくらいの成長をしているはずです。

成長した点は人それぞれ異なりますが、絶対に1つ以上成長している点があります、皆さんの受験勉強を見守ってきた僕が保証します!

どんな点で成長できたのかを、ぜひ考えてみてください。それがこれからの1年間の皆さんの「ストロングポイント」になり、皆さんのことを支えてくれるものになります!

 

②受験勉強を振り返って、最初に思い浮かぶ人は誰ですか?

この質問、僕としてはすごく奥が深いものだと思っています。

大学受験って、勉強している瞬間や試験会場で問題を解いている瞬間はある意味「孤独」との闘いでもあると思います。

でも、そんな孤独の闘いの裏側で、自分を支えてくれた人が絶対にいるはずです

それは、親御さんかもしれないし、同じ志望校を目指したライバルかもしれないし、はたまた別の誰かかもしれません。

皆さんはその相手に対して、今何を思いますか?僕からのお願いは、そんな思い浮かべた相手に対して感謝の心を持ってほしいです。皆さんが受験勉強を頑張れた要因の一つは絶対にその思い浮かべた誰かです。

 

この2つの質問を皆さんに投げかけました。別に、直接答えが聞きたいわけではないですが、ぜひ自問自答してみてください。おそらく、その自問自答がみなさんのこれからの1年間を有意義なものにしてくれるはずです。

これまでの1年間の自分と向き合い、これからの1年間に向けた自らの力に変えていってください!