【SEC】中学生の皆様へ ~スーパーエリートコースのご案内~ | 東進ハイスクール 新宿エルタワー校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 1日 【SEC】中学生の皆様へ ~スーパーエリートコースのご案内~

こんにちは。東進ハイスクール新宿エルタワー校でございます。

今回のブログでは、東進中学部をご検討いただいている皆様を対象に、

東進中学部の「スーパーエリートコース」のご紹介をしたいと思います。

東進中学部の全体像に関してはこちらのブログでご紹介しておりますので、

是非先にそちらをご覧ください。

 

――目次―――――――

〇スーパーエリートコースの目的

〇スーパーエリートコースの特徴

〇スーパーエリートコースに参加するための条件

〇まとめ

―――――――――――

 

【スーパーエリートコースの目的】

【スーパーエリートコース】は長きにわたる受験勉強を経て難関中学合格を果たした中学1年生を対象に、まずは数学の先取り学習を通じて論理的思考力を養い、高校範囲が修了後は、AIの基礎から実践的な活用まで学び、これからの社会を作る機会を提供しています。こうした学びを通じて、まだ答えの見つかっていない課題を見つけ論理的に解決する力を持った次代のリーダーたる真のエリートを育成するのが、この【スーパーエリートコース】の目的となっています。

 

【スーパーエリートコースの特徴】

1,選抜試験が存在する。

まず、この【スーパーエリートコース】に参加するためには、生徒が小学6年生時の2月に実施される選抜試験を突破することが求められます。(定員は100名)

※この選抜試験を突破する以外の方法で参加することはできません。

この選抜試験は受講にあたって必要とされる学力と意欲が備わっているかを測るものであり、指定校受験者の合格率約40%(※昨年実績)の狭き門です。しかし、試験を突破した精鋭100 名によるスーパーエリートコースでは他では得られない学びを得ることができます。

 

2,中2で数学Ⅲ・Cを修了する「超速習カリキュラム」を受けられる。

まずはこちらの図をご覧ください。

これはスーパーエリートコースの要である数学の超速習カリキュラムを示した図です。東大に多くの合格者を送り込む難関私立中高一貫校の多くは、高2の終わりまでに高校の学習内容をほぼ修了させていきます。その後は各自の志望校二次試験・個別試験に向けた対策に専念しています。このような「前倒し」のカリキュラムが高い大学合格実績の理由です。東進では、進度の早い中高一貫校よりも格段に速く数学の全範囲を修了できます。

こうすることで、

①ほとんどの大学で出題され、かつ配点の高い数学を得意にできる

②数学を早期修得することで、英語・理科科目などにより多くの時間を割くことができる。

などのメリットを享受することができます。

次にこちらの図をご覧ください。

これはスーパーエリートコースに通う生徒の6年間カリキュラムの例です。

意欲ある生徒は数学の超速習カリキュラムと並行して、英語・国語の主要科目の他、中学のうちから選択科目の授業も受けられます。

このようなカリキュラムを歩むことで、東京大学を100回受験すれば、100回合格をするような実力が手に入り、海外大への進学も視野の中に入ってきます。

 

3,東進の実力講師陣による「ライブ授業」を受講できる。

東進中学部は原則映像授業となっています。

しかしながらこの「スーパーエリートコース」に限り、ライブ授業が開催されています。もちろん授業を担当するのは東進が誇る超実力講師です。先生方は、数学の力を高めることは勿論のこと、

①生徒の自ら考えることで問題を解決する能力を高めること

②自分の考えを人と共有するための論理的な記述ができるようになること

③何より数学を「楽しい」と思えるような心を育むこと

を目的に授業をしてくださいます。

【ライブ授業を担当してくださる先生方】

 

4,東進デジタルユニバーシティを受講できる。

 東進デジタルユニバーシティとは、デジタル領域に関心の高い大学生を対象に、デジタル人財になるための教育プログラムを提供しているものです。数学Ⅲ・Cまで修了したスーパーエリートコース生限定でこの講義を特別に受講できます。

大学現役合格実績No. 1の東進が培ってきた学習ノウハウとAI・デジタル技術のビジネス活用をリードする講師の講義で、単なるプログラミングスキルに留まらず、AI やデジタル技術の活用に必要な実用技能・セキュリティ・組織作り・リーダーシップなど多角的に学ぶことができます。

 

5,この「スーパーエリートコース」を入学金のみで受講できる。

これほどのボリュームがある「スーパーエリートコース」ですが、特待制度であるため、以下記載の「入学金」のみでご受講いただけます。

(1)入学金(通常33,000円)➡ 11,000円(税込)

(2)数学通期講座(90 分授業×20回ほか) (通常1 講座77,000円~)➡無料

(3)高速マスター基礎力養成講座「数学計算演習」(通常77,000円)➡無料

(4)担任指導費・模試費(通常 最大計45,650円)➡無料

(5)東進デジタルユニバーシティ特別講座➡ 無料(※数学Ⅲ・Cまで修了した生徒対象)

 

6,海外大学留学支援制度が存在する。

東進では、各分野において、日本代表として世界を舞台に大活躍する人財となっていただくことを目的に、一定の条件を満たした高校生(毎年最大10人)に1人あたり4年間総額最大38万ドル(約4,200万円、4年間累計)の返済不要の給付金を授与しています。また、スーパーエリートコースに在籍する生徒には、この制度を活用している先輩方との特別ワークショップも開催しています。

支援内容(支援対象大学)

ハーバード大学、プリンストン大学、イェール大学、スタンフォード大学、マサチューセッツ工科大学、カリフォルニア工科大学への進学者に対し、1人あたり総額38万ドル(年間9.5万ドル4年間、約4,200万円)を給付。

ケンブリッジ大学、オックスフォード大学への進学者に対し、1人あたり総額26万ポンド(年間6.5万ポンド4年間、約3,900万円)を給付。

この他にも、スーパーエリートコース生限定のワークショップなどの特典があります。

 

※スーパーエリートコースに参加している生徒の具体的な学習事例に関しては、別のブログでもご紹介しておりますので、ぜひそちらをご覧ください。

 

【スーパーエリートコースに参加するための条件】

スーパーエリートコースに参加するためには、①東進が指定する18の中学校に合格し、②中学入試が終了した直後に開催される選抜試験を受験し突破する必要があります。

このため、中学入学後にスーパーエリートコースに参加することはできません。もし、中学2年生以上で、似たような制度をご希望でしたら別ブログにてご紹介しております、「数学特待制度」をご活用ください。

 

【東進が指定する18の中学校一覧】

  • 開成 ●筑波大学附属駒場 ●聖光学院 ●麻布 ●桜蔭 ●渋谷教育学園幕張●駒場東邦 ●栄光学園 ●浅野 ●海城 ●早稲田
  • 東京学芸大学附属●豊島岡女子学園 ●筑波大学附属 ●女子学院 ●武蔵 ●渋谷教育学園渋谷 ●雙葉

※一部例外はあります。

 

【まとめ】

いかがだったでしょうか。

新宿エルタワー校には、この「スーパーエリートコース」に所属している生徒が数多く在籍しており、日々努力を重ねています。

もし、今回の内容や東進中学部にご興味・ご関心を持たれましたら、お気軽に新宿エルタワー校にお問合せください。お子様の現状や学力に合わせて、志望校合格に向けて必要な内容などをご説明いたします。

お問い合わせはこちら!