MY大学生活(福井) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 5月 24日 MY大学生活(福井)

慶應義塾大学商学部1年の福井雄也です。

近頃、気温が高くなったり低くなったりして不安定な日が続いてますね。4月〜5月の疲れも溜まって体調を崩しやすくなっていると思うので、体調管理はこの時期大事です!勉強も大切ですが、睡眠時間や食事などはきちんと摂りましょう

さて、大学に入学して一ヶ月半が経ちました。そこで今回は「大学で何をやっているのか」ということについてお話ししたいと思います。

まず大学では必修科目と選択科目があります。必修科目は、主にその学部に即した科目と外国語があります。慶應義塾大学商学部の必修科目は経営学、微積分、簿記と外国語(英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語のうち2つ)です。高校までの大まかな科目区分ではなく専門性が高いので全ての授業が楽しいです。

そして、私は外国語ではドイツ語スペイン語を選択しました。英語を選択しなかったので大学では英語は全く勉強していません。私は元々外国語に興味があったので特に積極的に授業に参加しています。

更に慶應義塾大学商学部では強化プログラムというのがあり、各科目の単位などの条件を満たすと様々な場面で使える認定証が貰えます。私はドイツ語の強化プログラムの認定を目標に現在努力しています。

次に、サークルに関してお話しします。今、私はテニスサークルに参加しています。テニスサークルってどんなイメージですか?

楽しそう、友だちが作りやすそう、チャラそう、怖そう、色々なイメージがあると思います。私が参加しているテニスサークルは規模、実力共に大学内1位、2位を争うサークルです。

サークルは大学一年生から四年生までが集まり、縦の繋がりを持てる場です。更に卒業生と交流する場もあるため、社会においても人脈を広げられます。

大学には様々な人がいます。例えば、地方から来る人、海外から来る人、色々な志がある人など。実際、私が大学で出会った友だちの中には、帰国子女であったり、公認会計士試験・国家公務員試験・司法試験に向けて頑張っている人がいます。そのような人たちから日々刺激を受けながら大学生活を過ごしています。

私は改めて、私が通っている慶應義塾大学は学習、交友関係、サークル活動、大学生活などにおいて環境が整っている大学だな、と感じました。

受験期に何度も挫折しそうになりましたが、自分の行きたいと思った大学に進学することが出来て本当に良かった!と思います。

皆さんも楽しい大学生活が送れられるように受験勉強を頑張って下さい。

 

明日のブログは、日本女子大学文学部の澤田担任助手です。