6月の模試で結果を出します。(菅原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 6月 18日 6月の模試で結果を出します。(菅原)

みなさん、どうもこんにちは!

青山学院大学理工学部1年の菅原魁人です。

本日のテーマはタイトル通り「6月の模試で結果を出します。」です。

まずこれはどういう事かというと、もちろん全教科について結果を出していきたいのですが今回の模試では特に数学で結果を出していきたいと思っています。

今、エルタワー校では脱英語偏重ということで新しく数学という科目についても力を注ぐという方針になっています。

まず第一にみなさんに知ってもらいたいのは

数学は短期で伸ばすことが出来る科目であるという事です。

しかし短期で伸ばせると言っても何もやらずに伸びることはあり得なく、それ相応の努力が必要になってくると思っています。

何と言っても数学はやればやっただけの分が模試などの結果に点数という形で残りますからね。

そこで始まったのは『新SKE』なのです。

これは何かというと平日毎日20:30~21:30の時間帯で東進のコンテンツ(数学計算演習)を用いて行う、いわば「数学計算演習会」です。

さらに休日には1週間の成果を生徒に感じてもらうため小テストを実施しています。

毎日生徒には数学に触れてもらうことにより数学力の大巾向上をこの会で目指しています。(この巾っていう漢字は凧のように縦に伸びていくという意味です)

数学力を本気で伸ばしたいと考えているならこの会に「毎日参加するのは必要最低限するべきこと」だと考えています。

しかしこれだけじゃまだ足りない!

という事になり模試のちょうど1週間前、つまり明日6/19(日)に「数学会」というものが行われます。

これは、センター数学の演習を1日かけて行うものです。

しかも午前に数ⅠAを2年分、午後に数ⅡBを2年分解くんですが、ただ解くだけではなくテストとテストの間に1時間ほど復習を兼ねて数学計算演習を行います。

みなさん明日1日を数学に費やしてみませんか?

さて、話がだいぶ逸れてしまったので戻しますが現在エルタワー校では数学に対して生徒一人ひとりがここまで取り組んでいます。

そんな生徒たちが6月の模試で結果を残さないはずがない!と思っています。

みなさん期待していて下さい、この会に参加していた生徒が「6月の模試で結果を出す」ところを。

そして、その結果を見てこの会に参加してくれることを期待しています。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

明日のブログは中央大学1年の石川担任助手です!

お楽しみに!