忘れがちだけど一番大事な当たり前なこと(中村良) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 2月 25日 忘れがちだけど一番大事な当たり前なこと(中村良)

どうも、明治大学一年の中村良です。
 
今日は、国立大学の前期試験の一日目がありました。
自分も東京大学の駒場キャンパスに応援に行ってきましたよ!!!
 
多くの人で混雑していましたが、幸い多くの受験生に会って激励することが出来ました!!!
 
 
自分も一年前は受験生だったので、懐かしく感じてます。
自分は早稲田大学を第一志望としていたので、担任の先生が激励しに来てくださったのは今でも覚えています。
 
今受験をしている高3生も、新高3,2,1,0年生の生徒の皆にも考えてほしいことがあります。
 
これは今日東大を受験した生徒にも、言ったことなのですが、「覚悟を持って」試験に臨んでほしい、ということです。
当たり前のことじゃん、と皆は思うでしょうが、その通りです。
当たり前のことが一番大事なのです。
 
今まで育ててくれた親に感謝すること、これも当たり前のことです。
今まで面倒を見てくださった学校の先生や東進の担任、担当の先生に感謝すること、これも当たり前のことです。
これらのことは多くの生徒がちゃんと考えてくれているでしょう。
 
でも、もう一つ、多くの生徒が感謝し忘れている相手がいます。
それは、「自分自身」に対して感謝すること。
これが一番大事だと僕は考えています。
 
今まで遊びたくても必死に勉強し続けたのは他でもない自分自身です。
どんなに成績が出ずに辛くても勉強し続けてくれたのは他でもない自分自身です。
そんな過去の自分に恩返しをしてあげましょう。
また、未来の自分に最高の大学に通わせてあげましょう。
過去の自分、未来の自分を助けてあげられるのは今の自分自身です。
 
自分自身に感謝して、
これからの試験に臨んでください。
自分自身に感謝して、
これからの受験生活に臨んでください。
 
明日試験がある生徒は是非心に刻んで試験に臨んでください!
校舎から応援してますよ!頑張ってください!
 
 
 
明日のブログを更新してくれるのは、上智大学一年の菊地担任助手です。
楽しみにしてくださいね!!!