「分析」(菅原) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2016年 11月 3日 「分析」(菅原)

みなさん、こんにちは!
青山学院大学1年の菅原魁人です!
 
もう全国統一高校生テスト終わってしまいましたね。
模試が終わってから燃え尽きたりしてませんか?大丈夫ですか?
 
はい、ここでみなさんに問題です。
 
 
模試が終わってから何をするでしょうか?
 
 
答えは復習でした〜〜。
 
「そんなの言われなくてもわかってるよ」とか
「バカにしてんの?」とか思わないでください。
 
でも、本当に答えって『復習』だけですかね〜?
 
自分はそれだけではないと思っています。
じゃあ、あとは何?って思いますよね?
 
もう1つは『分析』ではないかと考えています。
 
きっと自然とみなさんは普段からやっていると思いますが「微分・積分」が出来なかった〜とか「文法」がイマイチちゃんと読めなかった〜と言っていますがまさにそのことです。
 
簡単に言う「得意分野」と「苦手分野」を見つける。ということです。
 
得意分野と苦手分野が明確なのにもかかわらず苦手分野は嫌いだからやらないだとか得意分野はスラスラ解けるから完璧にするためにやる!とか思ってる人がいるんじゃないでしょうかー?
 
まだ受験生でそのような考えを持ってる人がいるならそろそろそういう時期じゃない気がするな。と思います。
 
低学年も同じですが得意分野をたくさんやることは今の段階ではまだまだ伸びると思うので良いと思います。
しかし、苦手分野の放置は避けてください。
せめて得意でも苦手でもない分野になるまで勉強して欲しいと思います。
 
さぁ、もう少しだけ「分析」について詳しく書くとすればセンター試験又は受験校の2次試験の各大問の時間配分や順番を考え何の分野がどのような確率で出るのかを分析していくことだと思います。
 
①各大問の時間配分や順番を考える。
これをしっかりと行い自分の中で当たり前にすることでとりあえず解いてる人と比べるとメリハリがついて良い結果が得られやすいのではないかと思います。
これは自分で決めた時間で次の大問を解くことでダラダラ時間を使うことがなくなるためオススメです!
また、解く順番ですがもちろん大問1からしっかりと解いていくのは悪くありません。
しかし、モチベーションを上げつつ試験をしたかった(みんなもそうかな?)のでまず得意分野から解いていました。
これをしていた理由としては流れを掴みたかったっていうのもあります。
「これならいけるかも」っていう気持ちになるとで苦手分野を解く際にもすぐ諦めなくなると考えたからです。
実際、自分はそうでした。
 
ただし、自信のある得意分野から解いた際にもし解けなかった場合、最初からテンション下がってしまう可能性があるのでそこだけ気をつけてください。
 
②何の分野がどのような確率で出されるのか分析する。
これはまず前提として過去問を何年分か解くことです。(第1志望であれば10年)
やってみれば最後の大問だけちょこちょこ変わっていたりするのが分かると思います。
これが分かると出る確率が高い分野に力を入れだんだん確率が低くなるにつれ力の入れ具合を変えていくことが出来ます。
時間のない今全てを平均的に勉強するのはどうしても厳しい。
なので、分野の出る確率を分析することをオススメします。
 
以上が自分の伝えたかった基本的な「分析」です。
結構重要だと思うのでしっかり行ってください!
 
まだまだ負けるな受験生!
 
低学年も受験生に追いつく勢いを見せつけよう!
 
校舎全体で盛り上がっていきましょ
 
明日のブログは慶應大学1年の松尾担任助手です!
お楽しみに!