~僕の大学生活~(清藤) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2018年 5月 30日 ~僕の大学生活~(清藤)

こんにちは!東京大学理科I類一年清藤です。

皆さん、勉強の調子はいかがでしょうか?これから全国統一高校生テスト夏休みとイベントがたくさん待っています。それらを頑張り切るためにはモチベーションが必須です。

ということで、今回は勉強のモチベーションを維持・向上してもらうために僕の大学生活において楽しいことをいくつか紹介したいと思います。
 
まず一つ目は「友達」です。
ありきたりで面白くないと思うかもしれませんが、大学というのはやはり常識人が多く、そのためか彼らと会話すると話が弾みます。もちろん、高校時代の友人が常識人ではなかったというわけではありません(笑)また、みんな生き生きとして勉強やサークルに打ち込んでいて、一緒にいると大学生であることを実感させてくれます。
 
二つ目は「自由時間」です。
入って驚いたのですが、東京大学理科I類はそこまで必須の授業がなく、仮に選択科目をあまり取らなければ、そこそこの自由時間があります。受験時代には旅行を我慢するなど制限も多くありましたが、今は趣味やサークル、勉強など時間を自由に使えることがとても楽しいです。
 
三つ目は「授業」です。
勉強があまり好きでない人だとあまり共感できないかもしれません。
しかし、ここで言う授業は皆さんが思い描いている「授業」ではありません。
大学に入ると講義型の授業以外に生徒参加型の授業を受けることになります。僕が受けた参加型の授業で「ALESS」という授業があります。
これは、生徒同士がグループを作って、各自実験をするというものです。実験と言っても研究者のような真面目なものを再現しなければならないというわけではなく、レベルの上がった自由研究のようなものです。これが結構楽しく、私の場合、実験場は1人暮らししている友達の家でしたし、実験の最中もお菓子やジュースを飲み食いしながら、ワイワイ楽しく実験しました。
 
僕も受験時代には、勉強が行き詰まったときには自分が大学に入った以降のことをよく想像していました。体験談ですが、大学のことを想像すると、1,2時間は集中力が続きました。ぜひ、皆さんも勉強の合間の休憩時間にでも試してください!
 
明日は農業工業大学2年吉瀬担任助手です。お楽しみに!