高1、高2からやっているから大丈夫という君へ(山上) | 東進ハイスクール新宿エルタワー校|東京都

ブログ

2017年 2月 16日 高1、高2からやっているから大丈夫という君へ(山上)

みなさんこんにちは、早稲田大学2年の山上です。

今日は今受験生ではない人に対してメッセージを送りたいと思います。

今受験まであと1年ないしは2年あるから大丈夫だくらい思っているそこの君

その考えは甘すぎる、勘違いはやめてくれ

という事をいうと「えっ!だって早期スタートしたし大丈夫でしょ?」と思う人もいるかもしれません。

確かに、中には早期スタートしたことを軸に、東大、早稲田、慶応と呼ばれる難関大にバンバン合格を果たしていく受験生はいます。

しかし、高1、高2から始めたこと自体は一概に有利にはなりません。

意義があるのは「高1、高2からしっかりと正しい時期に正しい方向に努力を重ねる事」です。

例えば英語を例にとってみましょう。

英語は基本的には英単語、英熟語等の単純暗記系の勉強と、英文法や英語長文、英作文等の概念理解が必要となる勉強の2種類があります。

(単純暗記は②、概念理解の学習は③の部分にあたります、勝利の方程式通り学習進められていますか?)

東進では単純暗記系の勉強には高速基礎マスターというツールを使って勉強してもらっています。

概念理解の勉強では講座を使って学習することが多いです。

しかし、大きな誤りとして単純暗記系の勉強や、基礎の部分の概念理解の部分に関しては長々と勉強したところで成績が伸びることはまずありません。

例えば高1から勉強を始めたとします。

しかし高3の春になっても単語帳一冊の内容、センター1800の内容も覚えきれてない。

このような状況では到底成績が上がるとは言えません。

勿論このような状況でも「必死に学習したのに何で成績が上がらないんだろう」と思うはずです。

しかし現実は甘くありません。本当に合格をつかみ取りたいのなら、自分で合格までのスケジュールを立てて、正しい時期に正しい勉強をしないと伸びません。

また単純に成績が上がらない人の典型として、学習量が少ないという事と、1分1秒に対する集中力が弱いという特徴が挙げられます。

今いまいち勉強に対して意欲的に取り組めていない人、勉強しようと机に向かってもたらたらと時間を過ごしてしまう人

本当に志望大学に行きたいと思っていますか?

皆さんが志望するような大学は熾烈な競争の上でしか合格を勝ち取ることはできません。

受験勉強を頑張っている時間よりも、大学に入った後の時間の方が長い場合がほとんどです。

今皆さんは「どこの大学にも挑戦できるゴールデンチケット」を持っているわけです。

それなのにやる気が持てないからという理由で勉強に集中できなかったりするのはものすごいもったいないです。

でもほとんどの人は心の奥底で「この大学受かったらいいな」と思っているはずです。

だったら徹底的にやってください。学年も過去の実力も関係なしです。

大学受験レベルで学力がそこまで重要になることはまずありません。なぜなら大学受験の問題は必ず答えがあるから。

今、日本は課題先進国と呼ばれ様々な課題を世界に先駆けて解決していかなければなりません。

その時に必要となるのは「解決する力」と「創造する力」の2つです。

この2つの力の基盤となるのはまさしく受験勉強なはず。

受験勉強は多くの人が苦しみ、何とかして目の前の問題を解決しようと努力を重ねないと合格は勝ち取れません。

だけども受験勉強をやり切った人は間違いなく、やらなかった人と比べたらはるかに力強い「解決する力」と「創造する力」を得ているはず。

僕も大学受験では苦労しましたが早稲田大学に合格することが出来ました、受験の経験というのは終わってみると自分の人生の中でもかなり大きな部分を占めています。

5年後、10年後後悔したくないのならば、今できることを必死にやってください。

一人でも多くの方が受験勉強を乗り切り、自分の夢を叶えていくことを祈っています。

明日のブログは明治大学の中村担任助手です。お楽しみに!